« 追悼、イブライム・フェレール | トップページ | J1再開!窮鼠猫を噛むか? »

2005年8月15日 (月)

徳島ヴォルティスはどうすか?

サッカーライフブログなのにサッカーの話を最近してないじゃんとか、元VORTIS関東隊なのに徳島ヴォルティスは無視かいとか言われそうなので、今回は徳島ヴォルティスのサッカーについて書こうと思いました。

前もって断りますが、VORTIS関東隊は大塚FCのサポグループであって徳島ヴォルティスのサポグループじゃないんです。だって、JFL卒業後に解散しちゃったから。それから今年は生ヴォルティスは開幕の仙台戦だけで後はテレビオンリー。でもまじめに殆ど見てるのですよ。

さて、先ほど京都パープルサンガ戦をテレビで観ました。というわけでこの試合での徳島ヴォルティスはというと

1)ひと頃よりJ2のスピードに慣れてきた。でもまだスピード不足。

 京都の方がボール奪ってから前に繋ぐの早いですよね。1対1のスピードでも置いていかれる場面も目立ちました。勝負どころでひと頑張できれば攻守両方で優位に立てるのにと思いますが。足元へのボールが多すぎるのも原因の一つかも。もう少しスペースを有効活用できれば攻撃の怖さが増すと思います。

2)けが人多すぎ

 私はサブが5人満たなくなった試合もある99年の体験者ですが、それ以来のけが人の多さじゃないでしょうか。林、石川、山口、大島等等。川北は去年の草津でやられてからまだ戻れないし(もうすぐっぽいが)、これでは戦い方限られちゃいますよね。これは選手というよりチーム環境の問題だと思いますが、スタッフも限られた厳しい条件の中で頑張っているわけですから何もいえません。ただ、林だけは事前にきちっとチェックしておけば防げたと思います。ま、とにかくみんな早く治して。

3)やっぱりいろんな面で不足してます。

 言い出したらきりないけど、京都戦でも決めなきゃいけないシーンありました(コージ!)。去年だったら確実に決めてたと思うけどしくじっちゃうというのは余裕がないのかなぁ。これはもっと経験積んで慣れれば変わると思います。

 それから若い力も不足してます。スタメン平均年齢も高いですし、やっぱり若い力必要です。現状ではイイ高校生はJ1に行っちゃうしここは長い目でヒラタさんやセッキーや、ツゲ君やリョウジに頑張ってもらうしかないのか。

他にもありますがとりあえずこの3つにしときます。

   といろいろ書きましたが正直、大塚FCが母体なんですけど、なぜか以前ほど愛着が湧かないのです。成績も今のとこリーグ戦前から予想している通りなのですが、知っている選手も多いのでヤッパリ頑張って欲しいなと思うのでした。

|

« 追悼、イブライム・フェレール | トップページ | J1再開!窮鼠猫を噛むか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追悼、イブライム・フェレール | トップページ | J1再開!窮鼠猫を噛むか? »