« 第1章 1997年 1.マルセーロの入団(2) | トップページ | 気分はベルカンプ »

2005年9月13日 (火)

甲府戦感想

いやあ、よくぞ勝った..って、今さっき終わったばかりロッテ対オリックス。

あ、脱線しました。

え~と、甲府戦ですが、そんなに甲府が良かったとは思えないのですが、徳島は細かいミスが多くて自分のリズムにできていませんでしたね。それでも大事な局面で集中が高まればいいんですが、それができないので結局それができた甲府にやられちゃったと私には見えました。調子が悪くても結果だけはなんとかするってのは強いチームがみんな持ってるものです。この辺が力不足なとこの一つなんでしょうな。

これはすぐに解決しない問題です。だからそれこそ最初から集中力高く持って自分達から試合を作っていくことが必要です。但し、これを90分保つのは大変ですし、毎試合やるのはハッキリ言って不可能です。

徳島には今こそ言いたい。残り試合、まず結果を考える前に毎試合自分達から試合に入っていく姿勢を貫いてください。

先週末はひいきのチームが全部負けるという珍しいことも起きたので、なかなか試合のビデオ観る気分になれないので感想は1試合だけです。

さあ、インテル。CLだぞ。パレルモでの借りを返してくれ。

|

« 第1章 1997年 1.マルセーロの入団(2) | トップページ | 気分はベルカンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1章 1997年 1.マルセーロの入団(2) | トップページ | 気分はベルカンプ »