« 最近の試合諸々 | トップページ | 第1章 1997年 1.マルセーロの入団(1) »

2005年9月 1日 (木)

誰のための勝利か

昨日の仙台戦もっと記事になってるかなと思ったのですが、東京じゃJ2の試合を詳しくは報じてくれないね。チョッと前はどっかが一面になったりしたが..。

さて、私も似たような経験あるんで仙台サポーターの気持ちは理解できます。モノを投げたことを肯定するつもりはありませんが、投げたくなるの堪えられなかったんだろうなあ。でもはっきり言っていろいろ抗議行動やっても、それがチームの結果に結びつくことってないんだよね。やり損というか、選手と仲悪くするだけなんだよね。でも抗議せずにいられないってのも理解できます。モチロンモノぶつけちゃダメだけど。

コアサポは一生懸命応援するから、他のファンよりも勝利のために戦っているって自負あるわけですよ。でも負けちゃうとこんなに応援してるのに負けやがってとか、敵の前で恥かかせやがってとか思っちゃうときあるんですね。つまり勝ったときは俺達が勝たせた。負けると選手が俺達に恥をかかせたって考えちゃうんですね。だから、自分の経験からいうのもなんだけど、こういうこと起きると結局勝利って誰のためのものなんだろうって考えてしまいます。

チームへの愛あるからこそって言いたい人もいると思うけど、チームと気持ちを一つにできない状況を作っちゃったら、それこそ勝利に意味はないですよね。モノ投げちゃった人はそれなりに覚悟していたと思いたいですが、やったからには自分で責任はキチンととって欲しいです。

悪者として自分からスタジアムを永久に去ることになっても、それによって残った人とチームが気持ち一つにできて、それが明日の勝利に繋がるならいいというくらいの信念もって行動してくれたらカッコいいなあと思います。

|

« 最近の試合諸々 | トップページ | 第1章 1997年 1.マルセーロの入団(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の試合諸々 | トップページ | 第1章 1997年 1.マルセーロの入団(1) »