« 第1章 1997年 3.ヨシヤ(1) | トップページ | 徳島-仙台戦 »

2005年10月 5日 (水)

イタリアダービー

すまん。未だ試合のビデオ観ていないのだ。

だから、イタリアダービーへの思い入れを混ぜながら語ります。

初めてセリエAの試合で観たのがイタリアダービーだったのです。その時のインテルにはベルカンプやルベン・ソサがいて、ユベントスにはバッジョがいました。試合はソサのフリーキックでインテルが先制。バッジョのフリーキックで追いつかれ、後半ロスタイムにベルカンプの突破からPKを得て、結局ドローでした。

この試合が私のインテリスタとしての原点であり、イタリアダービーは私にとってミランダービーよりも重要な試合と位置づけられる原点でもあります。

最近までユベントスにはなかなか勝てませんでした。なぜなんだろうと考え、調べるうちにユベントスというクラブの優秀さにも気づきました。今日は細かく書きませんが、私は今ではユベントスこそが世界で最も優秀で強いクラブであると確信しています。レアルやバルサやユナイテッドより間違いなく上であると思います。インテルよりも。

だからこそ、私はインテリスタとしてユベントスに勝ちたいと願い続けてきました。初めてイタリアへサッカーを観にいったときもイタリアダービーの観戦でした。このときインテルにはバッジョ、ジョルカエフ、ピルロ、そして我が最愛の英雄サモラーノ。ユベントスにはジダン、アンリなどが出ていました。夢に見たイタリアダービーの生観戦でイタリア人以上に興奮していました。(バッジョの芸術的スルーからのベントラのシュートが外れたとき、床に仰向けにのけぞって倒れたりしました。)

今年もイタリアダービーが行われます。最近は負けなしで2年くらい来ていましたが今回は負け。でも上等じゃないですか。強いユベントス。次回は勝つ。断固勝つ!

|

« 第1章 1997年 3.ヨシヤ(1) | トップページ | 徳島-仙台戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1章 1997年 3.ヨシヤ(1) | トップページ | 徳島-仙台戦 »