« 第1章 1997年 4.決意(2) | トップページ | アジアの中心千葉 »

2005年11月14日 (月)

対山形戦

ここ3試合で2勝1分けですか。一時の苦しい時期を乗り越えて復調しつつあるようで何より。

山形は連敗中ってことで、こっちが連敗してたときの相手(京都、甲府、仙台とか)とチーム状態が違い、悪い流れに乗っちゃっている状態だったことが結果に影響していたと思います。

でも攻撃の形(小林に当てて小山が飛び出す)は何度かできていたので、この形を活かすためにもサイドからの攻撃の精度(フィニッシュにまで持っていくとか)を高めて、攻撃の形を増やして欲しいなと思います。

話は変わり、

この時期になると昇格レースに絡んでいないチームの場合、試合の評価やコメントに”来期につながる何かを”って形で括る人がプロアマ問わずいらっしゃいますが、私はこういうコメント好きじゃありません。だいいち契約についてデリケートな時期に、来期いるかもわかんない選手が来期のこと考えながら試合にでるわけないからね。

だから選手には残り2試合のホームゲームでお客さんを楽しませてください。もちろん勝てればいいですが、結果度外視してもお客さんを沸かせる試合をプロとして見せてやって欲しいです。

|

« 第1章 1997年 4.決意(2) | トップページ | アジアの中心千葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/7113951

この記事へのトラックバック一覧です: 対山形戦:

« 第1章 1997年 4.決意(2) | トップページ | アジアの中心千葉 »