« 第1章 1997年 5.クルセイド横浜(1) | トップページ | 第1章 1997年 5.クルセイド横浜(2) »

2005年12月 3日 (土)

去りゆく選手達へ..感謝

ぎりぎりまで混戦となったJ1とJ2が終わりました。

私はというと家で2画面にしてJ1優勝争いとJ2の3位争いをパラレルで観るという贅沢を満喫。個人的には甲府の方が好きなのですが、仙台の方が...という微妙な感情を抱きながら観ていました。

さて、徳島は最終的に9位でフィニッシュ。

私はシーズン前の友達との予想で「良くて8位、10勝くらい、勝ち点は30(10勝分)。」と予想。勝ち点はさすがに計算違いをしたようですが、順位(9位)と勝利数(12勝)は大体的中できたかなと思います。

厳しい予想ですが、勝ち点と草津の勝ち点を比較しても初年は大健闘だったと思います。来期は将来も見据えたオフシーズンの動きも含めて、それこそ今日から始まっていると思います。おそらく相当厳しい状況が待っていると思いますが頑張って欲しいです。

 

話は変わり、徳島から今期限りで退団する選手が5人います。

川北選手。おととしのJFL、ソニー仙台とのアウェーリーグ戦。七ヶ浜でした。本隊不来の関東隊オンリーの試合でした。試合中、徳島の選手がファウルを取られたとき、メンバーG君が「レフェリー、ファウルじゃねえよ~。」と言うと、遠く離れたゴール前から川北選手がこう叫びました。

「審判に文句言うな~!」

観客スカスカの状況で反対側にいるサポの文句すら聞き取れる状況だったからとはいえ、選手から試合中にそんなことを言われるとは。

彼はチームメイトが言ったと思ってたのかもしれませんが、その後試合中にG君が文句をいいそうになると「また川北に怒られるぞ。」とからかったりしたのでした。

去年の草津戦での負傷以降、結局公式戦のピッチに戻ってこれなかったのが残念です。でも、できればまだどこかでプレーを続けて欲しいなと思います。

 

谷奥選手。特に個人的思い出はないのですが、彼が加入すると知ったとき、これでディフェンスは相当強化できると喜んだのを覚えています。

 

田中選手。JFL最後のシーズンに加わりましたが、吉成のいたポジションの後釜だったせいもあり、比較せずにはいられませんでした。正直言って最初に観た試合の印象でもかなり頼りなく見えました。申し訳ないが結局最後まで頼りない印象が拭えなかったのですが、トップ下らしいセンスは豊富に持っていて、もっとエゴイスティックだったらブレイクしたかなと思います。

 

小峯選手、徳島の選手というよりは東京ガスの選手って印象が強いです。本人はいろいろなチーム渡り歩いてるんですけどね。彼だけはコメント難しいです。

 

原田選手。彼は関東隊にとって特別な選手の一人です。私個人も試合後とか親しくいろいろ話をしてもらいました。気持ちの伝わる選手でした。彼と大塚FCで出会えたことを幸運に思います。アローズに来期もいるのかわかりませんが、来期は彼のいるチームの試合を観たいと思います。

去りゆく選手達に...We wish you well。

|

« 第1章 1997年 5.クルセイド横浜(1) | トップページ | 第1章 1997年 5.クルセイド横浜(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/7447245

この記事へのトラックバック一覧です: 去りゆく選手達へ..感謝:

« 第1章 1997年 5.クルセイド横浜(1) | トップページ | 第1章 1997年 5.クルセイド横浜(2) »