« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

開幕戦を占う

きのう、ゼロックススーパーカップを観た。関心は試合よりも改修中のスタンドがどのようになっているかだったが、思っていた以上にバッサリと使えなくしてあるのでビックリした。これではキツイなあと思ったのだが。

理由は狭すぎると、応援に関心が高くない人がどうしても上の方に席をとってしまい、下のコア集団に加わりにくくなるのではと思ったからだ。経験から考えても横が狭いというのは条件が良くなく思える。

さてその開幕戦の相手、東京ヴェルディだがメディアでは開幕に向けてまだ調子が上がっていない様に伝えられている。国士舘大との練習試合での不出来をサポーターが非難。これに監督のラモスが直接応対してなだめる等、昇格を絶対命題としている数チームの中では遅れている印象がある。

正直開幕はキツイかと予想していたが、今はかなりイケるという感触が強くなっている。勿論、これはコアサポをリタイアした自分だからこそクチにできる言葉である。アワソウルやイーストのみんなは絶対勝つという信念でいるだろう。

東京ヴェルディのキーマンは大野であろう。元柏の10番である。私の好きだった選手だ。彼は好不調の波があるが、過去の移籍(名古屋や京都)のときと、今回のヴェルディへの移籍は彼自身の中での位置付けが大きく異なっている。十分にJ1で通用する能力がありながら、J2に降格したヴェルディに移籍したのだから、彼を知る人間には自ずとわかることである。

正直彼が本領を発揮したら、徳島ディフェンス陣にはとんでもない脅威となるだろう。

なぜ、こう大野を恐れるのか?理由は一つある。

彼は前橋商からJ入団先を決める際、観戦に訪れた日立台で柏サポのコールを受け、それに感動して柏入団を決めたという逸話がある。天才肌のように見えて、実は意気に感じる男臭い選手でもあるのである。そんな大野がラモスを慕ってヴェルディへ移籍。もう説明はいらないであろう。

不謹慎だが私は彼が目覚めた姿を徳島戦で見てみたいと思っている。私にとって大野は柏のシンボルマークのように思っていた選手である。その大野が徳島と戦うのである。ある意味、4月末の柏-徳島戦の本番と同じくらい、大野-徳島戦は興味深い。でももちろん勝ちは徳島に頂きたい。

さて徳島だが、開幕は4-5-1で挑むようだ。おそらく以下の布陣。

FW:羽地

MF:玉乃、片岡、石田、筒井、秋葉

DF:天羽、谷池、井手口、富士

GK:島津

おそらくは玉乃をトップ下に使うのであろう。1.5列からの飛び出しよりはキープ力と判断力を求めているのであろう。パスの供給先は羽地よりむしろ、片岡、石田の両翼かも。

とすると中央の高さ強さが大事になる。フィニッシャーとしてもクサビとしても羽地の果たす役目が極めて重要だ。

練習試合ではある程度結果になっていても、相手も自分達もやりたいことを試すのをテーマにしているので、相手からの潰しはそれほどきつくない。でも公式戦は別だ。相手の長所を潰しにくる。羽地がどれだけ体を張って耐えてくれるかが鍵だ。1年で見たとき、羽地を欠くことになったときが不安だ。攻撃のやり方を変えなくてはならなくなるだろう。

いよいよ、開幕までもう1週間を切った。実は開幕は久々に熱くなろうと決心した。ある人のために。私の人生を変えた人に自分なりの問いかけを国立でしようと思う。そのために、色あせたルコックのシャツに「もう一度だけ戦ってくれ。」と頭を下げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

第1章 1997年 6.本音(1)

長いシーズンも今日で終わりだ。世間が日本のワールドカップ初出場に沸いている陰であまり注目を浴びずJFLは97年のシーズンを終えようとしている。だが、俺達は最後まで自分達の戦場で真摯に戦い、1つでもいい成績を求め戦うだけだ。

ここまでの我らがミクニサッカー部の成績は13勝7敗1分で4位。今日勝てば他の試合結果によっては3位で終えることができる可能性が残っている。最終戦は北越FC戦。前回は負けているが、本来ならウチの方が力は上だ。断固として勝つしかない。

そして、この試合はクルセイド連合軍(鴨川と横浜)の初陣となる。俺自身は既にアウェーゲームで彼らと一緒にやっていたが、ユウタロウとケイタは初めてだった。

「少し、太鼓遅くない?」とサクライ。

ユウタロウとサクライは太鼓のリズムを合わせるため開場前の空き時間にリハーサルをしていた。

「そうかな。いつもこの速さなんだけど。」とユウタロウ。

実は太鼓のリズムが違うとは俺から聞かされていたのだが、直接遅いと指摘されてはプライドもあって素直に認められなかった。

「サクちゃん。本家の方が正式なリズムだから、ユウタロウくんに合わせて。」ヨシヤがやんわりとそれでいてきっぱりと指示をした。サクライは”ワカッタ“と軽く手を挙げて答えた。

 

殆どが会ったばかり。お互いに緊張しているのが見えた。特に俺が緊張していて“上手くやれるだろうか”ということが頭から離れず、試合に気持ちを向けられないでいた。

ヨシヤが近寄ってきてささやいた。

「俺たちの方で合わせるからさ。タクマくんは自分のことに集中していいヨ。」

「うん..。わかった。そっちは頼むワ。」俺は言った直後、自分でも驚くくらい素直にヨシヤに答えた。逆に言うと、それだけ俺は頭が回りきらなくて、だれかに任せたくなっていたということだった。

「試合が始まれば自然と合いますよ。さっきのユウタロウの太鼓もいつもより少し遅かったじゃないですか。始まれば細かいこと気にしなくなるから自然と合ってきますよ。」ユニホームシャツを着ようとしていたケイタが横から話しかけてきた。

「そう?遅かった?」と俺。

「少し。」とケイタ。

俺はよく見てるもんだなあと感心した。

これまでもよくあったが、ケイタの冷静な視野に感心させられる。俺は少し落ち着こうと自分に言い聞かせた。何とか試合に気持ちを切り替えられそうだ。

試合はミクニのペースで進む。前回とはモチベーションもコンディションも違うミクニが圧倒的に支配して攻める展開となった。前半5分にセキネのゴールで先制。さらに20分過ぎにMFヤナセのミドルで2-0。35分過ぎにマルセーロも決めて3-0と順調に加点していった。

さて、肝心の合同応援だが、サクライが一歩引いて合わせてくれたおかげで太鼓のテンポは問題なかった。ただユウタロウが少し神経質になっているのに気づいたので、俺はコールをリードしながら体の上下の動きでリズムも指示するように気を使った。幸いにも順調にリードが広がったことでユウタロウも気が楽になったらしく、気になることは前半終盤にはなくなっていった。

前半は3-0で終了。

ハーフタイム。ユウタロウはサクライと自分から太鼓について確認していた。俺はこれで試合に集中できると確信した。ある意味今日の目標は達成したといってよかった。

後半もミクニペース。パスの交換が面白いように通り、チャンスの山ができた。52分再びセキネ。62分、コーナーキックからDFイトウが決めて5-0。71分マルセーロがクロスにヘッドで合わせ6-0。ゴール裏はお祭り騒ぎの様相を呈した。試合はこの後攻め疲れもあって膠着し、結局6-0で終わった。

歓喜に沸く連合軍。俺にとってちょっとだけ残念だったのは、この勝利を自慢する相手サポーターは最終戦にも拘わらず、誰一人来ていないことだった。

試合後、ドリンクを回収しにきたメグミから3位のチームが勝ったという情報を貰った。結果、最終順位は4位で俺達の今シーズンは終わった。セキネがゴールランク3位となった。

試合後、鴨川組(+メグミ)、横浜組(+クミコ)でシーズン終了の打ち上げを行った。試合が大勝に終わったこともあり、にぎやかな打ち上げとなった。

ユウタロウはストレスから解消されたらしく、かなりのハイペースで何杯ものジョッキを空にしてたので、既に顔は真っ赤になっていた。

サクライは飲み会で本領を発揮し、メグミを相手に冗談を連発して笑いを取っていた。

「そういえば、Jリーグ目指してんの?ミクニは。」

サクライが唐突に訊いた。一瞬、鴨川組は固まったが、俺は一口ウーロン茶を飲んでから答えた。

「俺はそんなに意識していない。いつかはJリーグって考えないわけじゃないけど、そうじゃない道もあるかなと思う。今はそれを考える前にやることもあるし。」

ケイタも頷く。

「今はもっと観客が増えてくれたらなと思う。今のスタジアムも悪くないけど観に来て貰うには不便だし、もっと子供に観てもらいたいから移転もありかなと僕は思うんですよ。」

移転なんて言葉が唐突に出て俺は少し驚いた。

「もちろん、鴨川市内ですよ。」

とケイタは付け加える。

 すると、顔を真っ赤にして眠そうにしていたユウタロウが突然大声で言った。

「俺は行きたいよ。Jリーグにあがって鴨川をサッカーで盛り上げたい。地元の誇りを作りたい。」

| | コメント (0)

2006年2月19日 (日)

パリュウカが来た。

おとといのことなのですが、私宛に荷物が届きました。

送り主は、ワールドサッカーダイジェスト。月刊のサッカー雑誌です。国外サッカーを中心に扱っております。

前日に不在通知が来ていたので、送り主だけはわかっていたのですが、何が届いたのか最初わからなかったのです。でも、そういや...と。

封をあけるとサイン色紙とサッカーのゴールキーパーグラブ(サイン付き)が一式。

サインの主は、インテル、サンプドリアで活躍し、現在はボローニャ在籍の元イタリア代表GKのジャンルカ・パリュウカでした。

実は先月号のワールド誌に掲載されたパリュウカのインタビュー記事にあった読者プレゼントに応募していたのでした。

PAGLIUCA2いや~嬉しいなあ。こういうの当たったのいつ以来かな。Burrn!誌でヴィシャス・ルーマーズのTシャツが当たって以来じゃないかな。ごめんね、知らないよね、ヴィシャス・ルーマーズって。

元インテルの守護神ですからね。わざと一歩遅くセービングしてんじゃないのってくらいの派手なセーブと、味方がゴール決めると一番遠い反対側にいるのに、真っ先に走ってきて抱きついたり、94年W杯の決勝でファンブPAGLIUCA1ルしてあわやオウンゴールになりかけたボールがとゴールポストに当たって助かるとポストにキスしたりと、見てて面白い人でした。まだ現役だけどね。

今はボローニャがセリエBに落ちても移籍せず、チームのA復帰に向けて頑張っています。そういうとこもいいですよね。どっかの奴らに...。いや。

てなわけで我が家のミニ サッカーミュージアムに目玉が増えたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

Alone you breathe ~Savatage~

You were never one for waiting
Still I always thought you'd wait for me
And have you from your dreams awakened
And from where you are what do you see

Which of us is now in exile
Which in need of amnesty
Are you now but an illusion
In my mind alone you breathe

You believed in things that I will never know
You were out there drowning but it never showed
Till inside a rainswept night you just let go

You've thrown it all away
And now we'll never see the ending to the play
The grand design, the final line
And what was meant to be

In the dark a distant runner
Now has disappeared into the night
Leaving us to stand and wonder
Staring from this end into your life

You believed in things that I will never know
You were out there drowning but it never showed
'Til inside a rainswept night you just let go

You've thrown it all away
And now we'll never see the ending to the play
The grand design, the final line
And what was meant to be

And if this is all illusion
Nothing more than pure delusion
Clinging to a fading fantasy
Like Icarus who heeds the calling
Of a sun but now is falling
As the feathers of his life fall free
Can you see
See

Tomorrow and after
You tell me what am I to do
I stand here believing
That in the dark there is a clue

Perhaps inside this midnight sky
Perhaps tomorrow's newborn eyes
Or could it be, we'll never know
And after all this was the show

What am I to do
Gotta get back
Gotta get back
Gotta get back
What am I to do
Gotta get back
Gotta get back
Gotta get back
What am I to do

Standing on a dream isn't what it seems
Could we then reclaim a dream refused
Knowing what we know could we let it go
Realizing that all the years are used

Tomorrow and after
You tell me what am I to do
I stand here believing
That in the dark there is a clue
I am the way, I am the light
I am the dark inside the night
I hear your hopes, I feel your dreams
And in the dark I hear your screams

Tomorrow and after
You tell me what am I to do
I stand here believing
That in the dark there is a clue

|

2006年2月 6日 (月)

BELIEVE  ~Savatage~

I am the way I am the light

I am dark inside the night

I hear your hopes I feel your dreams

And in the dark I hear your screams

Don't walk away, Just take my hand

And when you make your final stand

I'll be right there

I'll never leave

And all I ask of you is

Believe

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »