« 第1章 1997年 6.本音(1) | トップページ | 正しい人のために »

2006年2月26日 (日)

開幕戦を占う

きのう、ゼロックススーパーカップを観た。関心は試合よりも改修中のスタンドがどのようになっているかだったが、思っていた以上にバッサリと使えなくしてあるのでビックリした。これではキツイなあと思ったのだが。

理由は狭すぎると、応援に関心が高くない人がどうしても上の方に席をとってしまい、下のコア集団に加わりにくくなるのではと思ったからだ。経験から考えても横が狭いというのは条件が良くなく思える。

さてその開幕戦の相手、東京ヴェルディだがメディアでは開幕に向けてまだ調子が上がっていない様に伝えられている。国士舘大との練習試合での不出来をサポーターが非難。これに監督のラモスが直接応対してなだめる等、昇格を絶対命題としている数チームの中では遅れている印象がある。

正直開幕はキツイかと予想していたが、今はかなりイケるという感触が強くなっている。勿論、これはコアサポをリタイアした自分だからこそクチにできる言葉である。アワソウルやイーストのみんなは絶対勝つという信念でいるだろう。

東京ヴェルディのキーマンは大野であろう。元柏の10番である。私の好きだった選手だ。彼は好不調の波があるが、過去の移籍(名古屋や京都)のときと、今回のヴェルディへの移籍は彼自身の中での位置付けが大きく異なっている。十分にJ1で通用する能力がありながら、J2に降格したヴェルディに移籍したのだから、彼を知る人間には自ずとわかることである。

正直彼が本領を発揮したら、徳島ディフェンス陣にはとんでもない脅威となるだろう。

なぜ、こう大野を恐れるのか?理由は一つある。

彼は前橋商からJ入団先を決める際、観戦に訪れた日立台で柏サポのコールを受け、それに感動して柏入団を決めたという逸話がある。天才肌のように見えて、実は意気に感じる男臭い選手でもあるのである。そんな大野がラモスを慕ってヴェルディへ移籍。もう説明はいらないであろう。

不謹慎だが私は彼が目覚めた姿を徳島戦で見てみたいと思っている。私にとって大野は柏のシンボルマークのように思っていた選手である。その大野が徳島と戦うのである。ある意味、4月末の柏-徳島戦の本番と同じくらい、大野-徳島戦は興味深い。でももちろん勝ちは徳島に頂きたい。

さて徳島だが、開幕は4-5-1で挑むようだ。おそらく以下の布陣。

FW:羽地

MF:玉乃、片岡、石田、筒井、秋葉

DF:天羽、谷池、井手口、富士

GK:島津

おそらくは玉乃をトップ下に使うのであろう。1.5列からの飛び出しよりはキープ力と判断力を求めているのであろう。パスの供給先は羽地よりむしろ、片岡、石田の両翼かも。

とすると中央の高さ強さが大事になる。フィニッシャーとしてもクサビとしても羽地の果たす役目が極めて重要だ。

練習試合ではある程度結果になっていても、相手も自分達もやりたいことを試すのをテーマにしているので、相手からの潰しはそれほどきつくない。でも公式戦は別だ。相手の長所を潰しにくる。羽地がどれだけ体を張って耐えてくれるかが鍵だ。1年で見たとき、羽地を欠くことになったときが不安だ。攻撃のやり方を変えなくてはならなくなるだろう。

いよいよ、開幕までもう1週間を切った。実は開幕は久々に熱くなろうと決心した。ある人のために。私の人生を変えた人に自分なりの問いかけを国立でしようと思う。そのために、色あせたルコックのシャツに「もう一度だけ戦ってくれ。」と頭を下げた。

|

« 第1章 1997年 6.本音(1) | トップページ | 正しい人のために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/8844034

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕戦を占う:

« 第1章 1997年 6.本音(1) | トップページ | 正しい人のために »