« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月28日 (火)

神戸戦感想

デジャブー....というほど似てはいなかったが、去年の開幕戦(仙台戦)を思い起こした人もいたのでと思う。その試合も相手GKのミスから先制してその後も加点し3-0で勝った。

神戸の選手達が徳島を甘く見ていたとは思わない。むしろ強風への対処に対する経験の少なさから誘発したミスで、3連勝していた自信の反動が起きて自滅したといっていい。メディアの選評にもあるが、若いDF陣はこの失点で浮足立ってしまい、その後の失点にもつながったのだと思う。徳島のベテラン選手の老獪さは後半に活きたと思うが、試合は前半で決してしまったと感じるのは間違いないだろう。

去年の仙台戦の小針に限らず、徳島においても幾度かあったが、GKの失点につながるミスというものがチーム全体に与える影響は非常に大きい。その後の試合の流れを決めてしまうといってもいい。

神戸のDF陣は去年の仙台DF陣より若く、そういう意味ではあのミスでの影響から試合中に立ち直るのは難しかったであろう。ハーフタイムが来る前に3失点してしまっては、後半から立ち直れても遅かりしである。

今年の仙台にも柏戦(0-1で敗戦)で感じたが、神戸も仙台も選手のメンタルの安定が今シーズンを左右するように思われる。神戸の場合は若い日本人選手、仙台の場合はブラジルトリオ。そういう意味ではヴェルディとレイソルの選手は仙台、神戸より状態はいいのではと思う。

そういや、バロンは去年の仙台にもいたね。

 
さて徳島についてだが、3-0で勝ったとはいえ、去年の開幕同様、幸運だったことを考慮しなくてはいけない。三浦のFKは何度も壁に当たり、水戸戦のような脅威とはならなかったこと。斜めから入ってくるクロスに対し反応が後手を踏んでいた場面が何度かあり、島津のセーブ(栗原のバックヘッドのセーブはラッキー以外ない。)に救われたことも事実。かなり目立つ欠点なので修正は急務である


攻撃面では大場の活躍が光った。もちろんイマンのボレーも最高級であったが。
大場の持ち味は本人の言う運動量の他に高い得点感覚を持っていることだと私は思う。他にもユーティリティ性も高く使い勝手のよい選手でもある。この日は2点目以外にもコーナーキックから惜しいヘディングシュートを放つ等のシーンもあった。大塚時代も彼のゴールで勝利した大事な試合も多い。このチームに彼が不可欠であることを多くの人に気づいてもらいたいものだ。

結論となるが、神戸に勝利したのは、神戸側の事情や気象条件により生み出された偶発的な失点によりもたらされたものではあるが、それでも徳島がこの試合の勝者としてふさわしいものであることを左右する程ではなかったと思う。回りくどいのでハッキリ言うが神戸は強くないのだ。

また、開幕戦でも一揉めあったが、サポとの信頼関係も弱いままのようだ。後半、テレビ中継で腕組みをして浮かぬ顔で試合を見ているサポが何人もいるのが見えた。気のせいかもしれないが後半は神戸サポの応援が聞こえなかったように思えた。
この点においても、岡山を先頭にサポとの関係を再構築し始めているレイソルとの違いも感じられた。

とはいえ、他所のことなどそんなに気にしていられない。次は愛媛戦である。本当のダービーである。既にお互いJ2。JFL時代からお互いにステップを越えており、過去の対戦と次元が違っている。負けることもあるであろう。観客動員ででも対戦成績でも。

だがそれが歴史への第一歩なのだ。好試合の歴史を積み重ねていく。それはより鮮やかな記憶として我らの記憶に積みあがっていく。それはデジャブーなどという曖昧なものでなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

開幕は牛筋ラーメンの味

SN340011 Jリーグが開幕して2週間。忘れちゃいけないJFLってわけで19日、2006年JFLリーグ開幕戦、ホンダロックの試合を熊谷スポーツ文化公園陸上競技場に行ってまいりました。
対戦相手は、昨年の天皇杯でも躍進しながら、関東一都六県をホームスタジアム探して椰子の実のように移動する

”彷徨える強豪 佐川急便東京”

ロックサポ率いるはご存知の総統です。

 
しかし、開幕戦が熊谷とは佐川急便東京にはバッドチョイスでした。何せ、栃木工場、川越工場に近いということで大挙応援団が来襲。昨年栃木SC の只木選手に「うらやましい」と言わせた赤い軍団を、ホーム佐川サポも試SN340008合前じーっと見ていました。(皆で手を振ってあげました。写真はホンダロックレンジャーの人達。総統の長男ヒュー君にレンジャーがくると勝てないと、実も蓋も無い一言も)

 

さて、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場は初めて行ったのですが、行く前はメインだけ建物で、他は芝生だろうとイメージしていたのですが、実際はスタンド全体が真新しい鉄筋コンクリ製で収容人数も3万人を超えるというJFLでは弩級のスタジアムでした。実はJ1大宮も使用したことがあると初めて知りました。(屋根がメインしかない、陸上トラックがある等意見はあるが、観戦者の立場に立っていないとは思わない。公共物であってサッカー観戦を主に設計しないと時代遅れという発想は偏っていると私は思う。)ちょっと感動。

さらに感動したものがありました。実は昼食を買わずに来たので、スタジアムの売店で購入することに。
メニューを見ると気になる一品が。

”名物牛筋ラーメン 600円”

写真付のメニューにはこの味20年とか30年とか書いてあり、思わず”この建物、そんな前から建ってるのか?出来て1年くらいに見えるぞ!”と突っこみたくなりましたが。
ともかく、強風が吹きつけ寒いこの日にはうってつけの一品。食してみることに。から揚げ2本も購入。1000円也。
実物のラーメンは器はプラスチックですがサイズは普通のドンブリサイズ。ラーメンの量も十分で600円に見合っています。さて味は...。

”うめえじゃん!”

スープは薄い醤油味、変なクセはありません。麺は普通でしたが、トッピングの牛筋肉が柔らかくこれがまた旨い。もちろん名店レベルからは遠いがスタジアムグルメとしては秀逸でしょう。(ちなみに私のベストラーメンは船橋ビビットスクエアの情熱ラーメン隊の佐藤さんの味噌らーめん。)
旨かったので元関東隊Ⅰ君にも勧めたところ、美味であることに激しく同意をいただけたのでした。
 
SN340010 ああ、試合でしたね。0-2で負けました。
すさまじい向かい風の前半、懸命に凌いでいたのですが痛恨の失点。それでも終了間際にその向かい風が幸いしてロングボールが絶妙の位置に押し戻され、FW日高選手の足元へ納まりました。相手DFが対応を誤ったため、GKとまさに一対一に。決まったーと思ったシュートはなんとGKにキャッチされてしまい、これで流れは相手になって後半にも失点。
それでも去年の同カードは1-5で、しかもシュート数は4本でしたから、格段の内容向上。総統もおっしゃるように、今年は総力戦での下位との入替戦回避を目標として頑張る方向です。
FORZA LOCK!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

J2第3節まで

またまた、久々のアップです。

さて、J2も開幕して3節を終了。早くも全勝チームは無くなるという状況に今年の混戦具合が伺えます。

私は第2節、第3節のベガルタ仙台絡みの2試合について一言書きたいと思います。

言うまでもなく、徳島が第2節で、柏が第3節でベガルタと対戦しました。

 

第2節では徳島は仙台の新ブラジルトリオの個人技に圧倒されてコテンパンでした。

守備の改善が今シーズンの大きなテーマであったにもかかわらず、第1節ではセットプレーでことごとくやられ4失点、第2節はブラジル人の個人技を抑えきれずにまた4失点。これではファンやサポーターからキャンプでナニやってたのと言われても仕方のない状況です。

私が思うに原因はですね...、あまり言いたくないですが選手のポテンシャル不足(技術と思考の両面)だと思います。監督のせいじゃないですね。

これは攻撃時にもいえますが、局面局面で先を読んで動く選手が少なすぎます。

4失点目のとき、谷池が相手のシュートまで時間稼ぎをしたのに、谷池の後ろに回った選手(挽地?)は突っ立ったままで谷池一人にまかせにした結果、谷池が振り切られてGKのニアを突かれて失点。あそこでもう一人チェックに行ってれば、防げたのにと思うのは私だけでしょうか?数的優位なディフェンス局面を作ることを常に心掛けないと。仮に個人技で劣っている選手と同じ局面でマッチアップしてもやられることもあるわけで。サッカーは野球と違って1点は重いわけですから。

攻撃でも、ボールを持った選手の周囲を動いたり、自分が走っていく方向にボールを要求する選手が少ないです。だからスピード感がない。停まって足元にパスを受けて、持ち直してパスを出す。受ける選手はまた足元。別に繋ごうとするのは悪いわけじゃないですが、それならもうワンテンポ、スピードを上げないと効果低いです。繋いでるうちに相手のディフェンスが戻っちゃってます。

そういう意味じゃ去年からの進歩は今のところ感じられません。まだまだシーズンはこれからですから建て直すことは可能ですが、悠長に考えていたらこのまま下位から抜け出すのがきつくなっていくだけです。相手も調子を上げていきますから。

 

柏の場合はまだ完全ではないですが、そういうことができています。高い位置で複数人でディフェンスをするという意識が高く、徳島を蹴散らした新ブラジルトリオを封じ込めました。チアゴ・ネーヴィスはそれにイラついて相手を突き飛ばして1発レッド。徳島戦で仙台サポーターが描いた快進撃とその先のJ1昇格の予感に冷や水を浴びせました。

さっき徳島の項でも書きましたが、ボールを持って走り始めると止めるの難しくなるから、ボールを持ったらすぐ複数で囲んでボールを奪うという、個人技の高い相手にはこういうふうにやるんだよって形が柏にはできてました。もっとも徳島が個人技で蹴散らされるシーンを度々作ったので、徳島戦のビデオが良い対策ビデオになってしまったからかもしれませんが。

攻撃面では決定機をまだまだ活かせてません。この辺が当面の最大課題でしょうか。

それと、もう一つ注目したシーンがあります。試合終了後、柏の選手がサポーターに挨拶行ったとき、サポーターの歓喜の歌やポーズに選手が皆参加して喜びを分かち合ってました。草津戦でも同じことがあり、あんなシーンがあったのはいつ以来かなと思ってましたが、仙台戦でも同じシーンが見られ、新しい絆ができつつあるかなと思いました。その先頭に立っていた選手は岡山でしょうか。いい選手が来てくれたなと思います。

 

仙台は新ブラジルトリオが徳島戦で大爆発しましたが、逆に彼等に任せればいいかなと感じていなかったでしょうか。彼等が封じられると中盤を終始柏に支配されていました。

攻撃面でも彼等以外にも日本人選手が後ろから飛び出す動きとか、彼等に使ってもらえるような関係を強化していけたら、さらに強くなるかなと思いましたし、柏の選手が「前の3人(ブラジルトリオ)は守備しないから..」といっていたように彼等に守備でチームに貢献する意識を持たせることができたら本当に怖いチームになれるような気がします。

スコアは1-0でしたが、それ以上に差があるなと感じた両チームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

誰がために国立に鉦が鳴る

開幕、国立のヴェルディ戦に行ってまいりました。

結果は1-4。

 前半のヴェルディは全体的に動きが硬く、最悪のパフォーマンス。後半は目覚めましたが特別強いという印象は感じませんでした。それでも選手の経験の差が徳島の選手との間ではありました。2点目のPK、4点目のFKのファウル、そのFKでのゴール前のポジション取り等でそれを感じました。ヴェルディの選手はファウルを貰うのが上手かったですね。

徳島は前半は積極的に前線からチェックしたのが効き、また羽地が前線でかなり効いたのでペースが取れたが、細かなパスミスやシュートミスがいくつか出て、1点目(これは必然的に取れた点)以降、もう一点が取れなかったのが痛かった。前半終了直前に同点にされたのも悔やまれます。
 後半は後半運動量が落ちたためスピードにも付いていけなくなり、いやなとこでファウルを献上し過ぎてセットプレーで連続失点といった感じでした。セットプレーの守備は前半から危ないなと思ってました。その通りになってしまいましたが。
攻撃でも羽地が孤立。4-5-1は最後は4-4-1-1と化していました。これでは厳しい。
 でも、前半は攻撃も守備よかったですし、玉乃も良かったです。まだ初戦ですから、まだまだこれからでしょう。

今日は元関東隊仲間が大勢集結。セメントと一緒に東京湾に沈んでいた男も国立での徳島戦と聞いてセメントを破って生還。結果はともかく良い一日でした。

ま、一度でしたが国立に鉦が鳴りましたし。喜んでくれたかな?あの人は。

追伸

帰ってきてスカパーの録画見たら、ハーフタイムに開幕特番のスタジオに突然切り替え。しかもスタジオは打ち合わせ中でその映像が延々と放送。しかも音声なし。その後唐突に後半に切り替わりながらも5分近く音声が流れない状態が続く等、ナニやってんの状態で笑えました。しっかりしろよスカパー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい人のために

いよいよ明日は開幕です。

ワクワクしている人も大勢いると思うが、私は少し違う。どう違うかは表現するのが難しいのだが、こういう開幕を迎える気分は初だ。なんというか、暖かいやる気が胸に灯る感じというか。

少し話しはそれるが先日久しぶりにロックバンドのライブに行った。場所は川崎のクラブチッタだ。

クラブチッタはまだ20代の前半だったころ、ライブやイベントで月に1回は必ず行っていた場所で、90年代のバブルのころのヘヴィメタル/ハードロックのブームの中、それまで来日など考えられなかったコアなバンドやアーティストがいくつも来日した時にそのライブ開場となり、時代の幕を開けた場所となったライブハウスである。

3年以上久しく行っていなかったのだが、ある英国のバンドのライブを観に足を運ぶこととなった。そのバンドはサンダーというバンドである。

サンダーを簡単に紹介すると、90年にアルバム「バックストリート・シンフォニー」でデビュー。ハードロック苦難の時代だった90年代の英国で意気を吐いた数少ないバンドの一つでヴォーカルのダニー・ボウズとギターのルーク・モーリーを中心としたエモーショナルな楽曲や、ユーモアのこもった楽曲等で日本でも多くの良質なファンを獲得したバンドだ。00年に一度解散したが、02年に再結成。最新のアルバムは「マグニフィセント・セブンス」が出ている。これまでライブは3度、今回で4度目となる私お気に入りのバンドの一つである。

クラブチッタに向かうと、以前あった場所には既に別のショッピングビルが建っていて、クラブチッタはそこから数十メートル先に移転していていきなり驚いた。が、中に入るとそこにはかつてのクラブチッタとなんら変わらぬ空間が存在していた。そしてライブが始まり...。

サンダーは相変わらず、自分達のポリシーに忠実な良質なブルーズロックを聞かせてくれた。20代のころの風景が堪能できた楽しい2時間であった。そこで感じたのは、いいものを愛でるとは正しいことだということ。正しいことを守ろうということだった。

なぜ、そんなことを感じたのか。

このライブの前の週はあることで気分がすっきりしない日が続いていた。正しいことではない、でもそれを認めてもそんな傷がつくことでもないということのなかで、葛藤が続いていた。いや些細なことだったのだが。

サンダーのライブは良質なもの、正しいものを愛でようということにあらためて気づかせてくれるものであった。別に”Do the Right Thing”というようなポリシーめいた大げさなことではなく、小さなことでいいのだ。そういうものを愛でる自分をひそかに大事にしようという感じの程度でいい。

明日の開幕に挑む気持ちもそこから繋がっている。

正しいと思うことをやろう。正しい人のために何かしよう。正しい気持ちで臨もう。

でも肩に力を入れすぎずに。

明日は私に道を教えてくれた正しい人のために、楽しく、それでいて誠実に徳島を応援しようと思う。正しい人は見ていてくれるであろう。結果はどうなるにせよ、悔いない応援をしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »