« 正しい人のために | トップページ | J2第3節まで »

2006年3月 4日 (土)

誰がために国立に鉦が鳴る

開幕、国立のヴェルディ戦に行ってまいりました。

結果は1-4。

 前半のヴェルディは全体的に動きが硬く、最悪のパフォーマンス。後半は目覚めましたが特別強いという印象は感じませんでした。それでも選手の経験の差が徳島の選手との間ではありました。2点目のPK、4点目のFKのファウル、そのFKでのゴール前のポジション取り等でそれを感じました。ヴェルディの選手はファウルを貰うのが上手かったですね。

徳島は前半は積極的に前線からチェックしたのが効き、また羽地が前線でかなり効いたのでペースが取れたが、細かなパスミスやシュートミスがいくつか出て、1点目(これは必然的に取れた点)以降、もう一点が取れなかったのが痛かった。前半終了直前に同点にされたのも悔やまれます。
 後半は後半運動量が落ちたためスピードにも付いていけなくなり、いやなとこでファウルを献上し過ぎてセットプレーで連続失点といった感じでした。セットプレーの守備は前半から危ないなと思ってました。その通りになってしまいましたが。
攻撃でも羽地が孤立。4-5-1は最後は4-4-1-1と化していました。これでは厳しい。
 でも、前半は攻撃も守備よかったですし、玉乃も良かったです。まだ初戦ですから、まだまだこれからでしょう。

今日は元関東隊仲間が大勢集結。セメントと一緒に東京湾に沈んでいた男も国立での徳島戦と聞いてセメントを破って生還。結果はともかく良い一日でした。

ま、一度でしたが国立に鉦が鳴りましたし。喜んでくれたかな?あの人は。

追伸

帰ってきてスカパーの録画見たら、ハーフタイムに開幕特番のスタジオに突然切り替え。しかもスタジオは打ち合わせ中でその映像が延々と放送。しかも音声なし。その後唐突に後半に切り替わりながらも5分近く音声が流れない状態が続く等、ナニやってんの状態で笑えました。しっかりしろよスカパー。

|

« 正しい人のために | トップページ | J2第3節まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/8944990

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がために国立に鉦が鳴る:

« 正しい人のために | トップページ | J2第3節まで »