« 開幕は牛筋ラーメンの味 | トップページ | 輝けるトロフィー »

2006年3月28日 (火)

神戸戦感想

デジャブー....というほど似てはいなかったが、去年の開幕戦(仙台戦)を思い起こした人もいたのでと思う。その試合も相手GKのミスから先制してその後も加点し3-0で勝った。

神戸の選手達が徳島を甘く見ていたとは思わない。むしろ強風への対処に対する経験の少なさから誘発したミスで、3連勝していた自信の反動が起きて自滅したといっていい。メディアの選評にもあるが、若いDF陣はこの失点で浮足立ってしまい、その後の失点にもつながったのだと思う。徳島のベテラン選手の老獪さは後半に活きたと思うが、試合は前半で決してしまったと感じるのは間違いないだろう。

去年の仙台戦の小針に限らず、徳島においても幾度かあったが、GKの失点につながるミスというものがチーム全体に与える影響は非常に大きい。その後の試合の流れを決めてしまうといってもいい。

神戸のDF陣は去年の仙台DF陣より若く、そういう意味ではあのミスでの影響から試合中に立ち直るのは難しかったであろう。ハーフタイムが来る前に3失点してしまっては、後半から立ち直れても遅かりしである。

今年の仙台にも柏戦(0-1で敗戦)で感じたが、神戸も仙台も選手のメンタルの安定が今シーズンを左右するように思われる。神戸の場合は若い日本人選手、仙台の場合はブラジルトリオ。そういう意味ではヴェルディとレイソルの選手は仙台、神戸より状態はいいのではと思う。

そういや、バロンは去年の仙台にもいたね。

 
さて徳島についてだが、3-0で勝ったとはいえ、去年の開幕同様、幸運だったことを考慮しなくてはいけない。三浦のFKは何度も壁に当たり、水戸戦のような脅威とはならなかったこと。斜めから入ってくるクロスに対し反応が後手を踏んでいた場面が何度かあり、島津のセーブ(栗原のバックヘッドのセーブはラッキー以外ない。)に救われたことも事実。かなり目立つ欠点なので修正は急務である


攻撃面では大場の活躍が光った。もちろんイマンのボレーも最高級であったが。
大場の持ち味は本人の言う運動量の他に高い得点感覚を持っていることだと私は思う。他にもユーティリティ性も高く使い勝手のよい選手でもある。この日は2点目以外にもコーナーキックから惜しいヘディングシュートを放つ等のシーンもあった。大塚時代も彼のゴールで勝利した大事な試合も多い。このチームに彼が不可欠であることを多くの人に気づいてもらいたいものだ。

結論となるが、神戸に勝利したのは、神戸側の事情や気象条件により生み出された偶発的な失点によりもたらされたものではあるが、それでも徳島がこの試合の勝者としてふさわしいものであることを左右する程ではなかったと思う。回りくどいのでハッキリ言うが神戸は強くないのだ。

また、開幕戦でも一揉めあったが、サポとの信頼関係も弱いままのようだ。後半、テレビ中継で腕組みをして浮かぬ顔で試合を見ているサポが何人もいるのが見えた。気のせいかもしれないが後半は神戸サポの応援が聞こえなかったように思えた。
この点においても、岡山を先頭にサポとの関係を再構築し始めているレイソルとの違いも感じられた。

とはいえ、他所のことなどそんなに気にしていられない。次は愛媛戦である。本当のダービーである。既にお互いJ2。JFL時代からお互いにステップを越えており、過去の対戦と次元が違っている。負けることもあるであろう。観客動員ででも対戦成績でも。

だがそれが歴史への第一歩なのだ。好試合の歴史を積み重ねていく。それはより鮮やかな記憶として我らの記憶に積みあがっていく。それはデジャブーなどという曖昧なものでなく。

|

« 開幕は牛筋ラーメンの味 | トップページ | 輝けるトロフィー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/9303002

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸戦感想:

« 開幕は牛筋ラーメンの味 | トップページ | 輝けるトロフィー »