« 誰がために国立に鉦が鳴る | トップページ | 開幕は牛筋ラーメンの味 »

2006年3月20日 (月)

J2第3節まで

またまた、久々のアップです。

さて、J2も開幕して3節を終了。早くも全勝チームは無くなるという状況に今年の混戦具合が伺えます。

私は第2節、第3節のベガルタ仙台絡みの2試合について一言書きたいと思います。

言うまでもなく、徳島が第2節で、柏が第3節でベガルタと対戦しました。

 

第2節では徳島は仙台の新ブラジルトリオの個人技に圧倒されてコテンパンでした。

守備の改善が今シーズンの大きなテーマであったにもかかわらず、第1節ではセットプレーでことごとくやられ4失点、第2節はブラジル人の個人技を抑えきれずにまた4失点。これではファンやサポーターからキャンプでナニやってたのと言われても仕方のない状況です。

私が思うに原因はですね...、あまり言いたくないですが選手のポテンシャル不足(技術と思考の両面)だと思います。監督のせいじゃないですね。

これは攻撃時にもいえますが、局面局面で先を読んで動く選手が少なすぎます。

4失点目のとき、谷池が相手のシュートまで時間稼ぎをしたのに、谷池の後ろに回った選手(挽地?)は突っ立ったままで谷池一人にまかせにした結果、谷池が振り切られてGKのニアを突かれて失点。あそこでもう一人チェックに行ってれば、防げたのにと思うのは私だけでしょうか?数的優位なディフェンス局面を作ることを常に心掛けないと。仮に個人技で劣っている選手と同じ局面でマッチアップしてもやられることもあるわけで。サッカーは野球と違って1点は重いわけですから。

攻撃でも、ボールを持った選手の周囲を動いたり、自分が走っていく方向にボールを要求する選手が少ないです。だからスピード感がない。停まって足元にパスを受けて、持ち直してパスを出す。受ける選手はまた足元。別に繋ごうとするのは悪いわけじゃないですが、それならもうワンテンポ、スピードを上げないと効果低いです。繋いでるうちに相手のディフェンスが戻っちゃってます。

そういう意味じゃ去年からの進歩は今のところ感じられません。まだまだシーズンはこれからですから建て直すことは可能ですが、悠長に考えていたらこのまま下位から抜け出すのがきつくなっていくだけです。相手も調子を上げていきますから。

 

柏の場合はまだ完全ではないですが、そういうことができています。高い位置で複数人でディフェンスをするという意識が高く、徳島を蹴散らした新ブラジルトリオを封じ込めました。チアゴ・ネーヴィスはそれにイラついて相手を突き飛ばして1発レッド。徳島戦で仙台サポーターが描いた快進撃とその先のJ1昇格の予感に冷や水を浴びせました。

さっき徳島の項でも書きましたが、ボールを持って走り始めると止めるの難しくなるから、ボールを持ったらすぐ複数で囲んでボールを奪うという、個人技の高い相手にはこういうふうにやるんだよって形が柏にはできてました。もっとも徳島が個人技で蹴散らされるシーンを度々作ったので、徳島戦のビデオが良い対策ビデオになってしまったからかもしれませんが。

攻撃面では決定機をまだまだ活かせてません。この辺が当面の最大課題でしょうか。

それと、もう一つ注目したシーンがあります。試合終了後、柏の選手がサポーターに挨拶行ったとき、サポーターの歓喜の歌やポーズに選手が皆参加して喜びを分かち合ってました。草津戦でも同じことがあり、あんなシーンがあったのはいつ以来かなと思ってましたが、仙台戦でも同じシーンが見られ、新しい絆ができつつあるかなと思いました。その先頭に立っていた選手は岡山でしょうか。いい選手が来てくれたなと思います。

 

仙台は新ブラジルトリオが徳島戦で大爆発しましたが、逆に彼等に任せればいいかなと感じていなかったでしょうか。彼等が封じられると中盤を終始柏に支配されていました。

攻撃面でも彼等以外にも日本人選手が後ろから飛び出す動きとか、彼等に使ってもらえるような関係を強化していけたら、さらに強くなるかなと思いましたし、柏の選手が「前の3人(ブラジルトリオ)は守備しないから..」といっていたように彼等に守備でチームに貢献する意識を持たせることができたら本当に怖いチームになれるような気がします。

スコアは1-0でしたが、それ以上に差があるなと感じた両チームでした。

|

« 誰がために国立に鉦が鳴る | トップページ | 開幕は牛筋ラーメンの味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/9167860

この記事へのトラックバック一覧です: J2第3節まで:

« 誰がために国立に鉦が鳴る | トップページ | 開幕は牛筋ラーメンの味 »