« 三ツ沢にて思う | トップページ | チャボにやられた? »

2006年5月13日 (土)

インテル、イタリア杯を連覇

インテルがイタリアカップを2年連続で制した。
今年のインテルはここ数年で最もサッカーの内容がよく、期待されていたが、スクデッド、チャンピオンズリーグとも不本意な成績で終わり、サポーターに空港で襲撃されたりした。またサポーターは人種差別行為を試合中に行っただけでなく、入場禁止処分を食らったことへの抗議として応援拒否をするなど、自分達の品位の低さを棚に上げた身勝手な行動が目立つなど問題の多い行為が目立った。
チームに話を戻すと、エース・アドリアーノは期待と裏腹に大スランプに陥り、それでも使ってくれたマンチーニ監督の期待にも答えられない上に、ウワサではマンチーニと確執までできたらしく散々な一年になってしまった。

サッカーの内容はリーグ随一の美しい”繋ぐサッカー”ができていただけになおさら残念なシーズンではあった。

しかしながら、イタリアカップを獲得できたことは、今シーズンのインテルのサッカーが間違っていないことを証明する意味でとても大事であり、スクデッド獲得直前に昨シーズンの不正疑惑が浮上して窮地にたったユベントスや、結局何も得られない可能性もあるミランより最後は幸せかもしれんのだ。

とまあ、いろいろごたくを述べたがイタリアカップ連覇は素直に嬉しい。
ベルカンプが着ていたネロアズーリのシャツに一目ぼれして以来約14年。決して数多くのタイトルや勝利に酔えたわけではないが、やっぱりタイトルが取れるというのはいいモンである。これを足がかりに来期こそはスクデッドか欧州一の戴冠をしたいものである。

P.S インテルの公式サイト(イタリア語)にQuickTimeで見られるダイジェストムービーがあるのだがダウンロードして保存できないので携帯のムービーで接写して撮りました。

これは記念ものです。

|

« 三ツ沢にて思う | トップページ | チャボにやられた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/10050897

この記事へのトラックバック一覧です: インテル、イタリア杯を連覇:

« 三ツ沢にて思う | トップページ | チャボにやられた? »