« あやかちゃんを救おう4 | トップページ | ”生きる” »

2006年5月22日 (月)

さあ、勝負だ。

”何もいうことはない”とはどこぞの監督の言葉だが、何も言わないわけにもいくまい。だが何を言えばいいのかわからないのも事実である。
 
神戸戦。私は仕事の出張先で経過を携帯の速報サイトから追っていた。殆どが待ち時間だったので2~3分おきに「最新の更新」を繰り返していた。
0-3となったが片岡が出場したのを知る。開幕以来である。思えば片岡の欠場が今の低迷の要因の一つとなっているのは間違いないと思う。そういう意味で彼の戦線復帰は何より嬉しいことである。

翌日、テレビで録画を観る。やはりテレビで観ているとボール中心の映像となるのでボールを持っていない選手の動きが見えない。従って見える(映る)範囲で気づいたところをいうと
・神戸の選手は前線の選手もチェックが早く、徳島の選手は追い立てられるようにパスを回しては最後にはミスっている。
・ボールを持った選手に釣られてばかりいて、その裏を突いて入ってくる選手は野放しである。
まあ、ここずっとそうだといえばそうかもしれんが、さすがにこんなふうに書くのもいいかげんにしたい。
 
何度も考えたかもしれんが、まずどうすればいいのか。片岡が帰ってきて、玉乃もスタメンに復帰した。これは大きい。開幕時点での今年のキーマンはこの二人だったはずである。玉乃の右サイドは未知数な気もする(真ん中の方がいいような)が、片岡の左サイドはこのチームの数少ない飛び道具であり、4-5-1のフォーメーションも含め、ここからの数試合は注目したい。次の相手はヴェルディであるが、開幕でも私は決して今年のヴェルディは強くないと見ていた。今度は勝利する予感がする。そうなってほしい。
神戸は前節草津に情けない負けを喫したことで徳島戦は負けられない状況になっていた。しかし、ヴェルディはある意味徳島と同じ泥沼状態である。ラモスの采配や経験、言動からして予想できた状態でもあるが。
 
逆に言うとこの後数試合、片岡がいても内容すら改善されない場合は今季残りは消化試合となってしまう。つまり残り30試合以上勝てない試合を観つづけなくてはいけなくなる可能性すらある。
そんなわけにいくか。頼むぞ、選手達よ。戦術や采配の問題だけではないのは君達がよくわかっているだろう。逆にそのせいだと考えている奴は試合に出なくていいぞ。原点に戻って皆を信頼し合って戦うのだ。
君らはやれる!

|

« あやかちゃんを救おう4 | トップページ | ”生きる” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/10193978

この記事へのトラックバック一覧です: さあ、勝負だ。:

« あやかちゃんを救おう4 | トップページ | ”生きる” »