« 第1章 1997年 6.本音(3) | トップページ | インテル、イタリア杯を連覇 »

2006年5月 6日 (土)

三ツ沢にて思う

三ツ沢に行ってきた。なんだかんだ言っても、このチームが好きな自分を再認識する。かつては間違いなく俺が救ったこともあるのだから当然か。もう太鼓叩いて、リード取ってということはしていないが俺の中にはこのチームがいるんだなと思う。それはマルは氏も同じ。他の関東隊仲間もね。

Sn340047_1  試合前の練習の時点で今日は勝てそうにないなと感じてしまう。なぜかそういう匂いがしている。かなりマズイ。そして試合はやっぱり一方的になる。前半は0-0で終わるが、なぜ失点しないと思うくらいラッキーだった。ジョルジの頑張りから作ったチャンスもあったが大場が外す。唯一のチャンスだった。

後半風上になったが、流れは変わらない。中盤でイージーなミスが多い。いろんな点で相手に劣っている。結局PKで失点したが、これは仕方ない。むしろ攻撃が相変わらず形にならず、殆どチャンスが作れないことが問題。そんな中、尾上の突破が作ったチャンスは問題の解の一つのような気がする。

そして、また敗戦。

何が原因なのか?皆そう思っているだろう。

でも原因は一つじゃない。しかも根っこも一つじゃないから始末が悪い。

一つ一つ解決するしかないのか?でも先立つものがない。

東さんにするか?今の状態は東さんも責任感じてるだろう。引き受けてくれるかは彼次第。社長、GMなんて辞めても後釜もっといないよ。就任するときの経緯思い出すとね。

戦力補強?J加入からこれまでの補強経緯見てもいい人脈ないよなあ。

と、ここまで書くとホント絶望的である。じゃどうすりゃいいのか。今のままチームを鍛えるしかない。そう、もう答えはこれしかない。少なくとも走り負けなきゃ試合の流れは掴めるのだから。日程がタイトなので急に激しくはできないから即効は期待できない。だがまずこれから始めるしかないね。自分達もキャンプで鍛えたのかもしれないが試合見てわかるように負けてるんだから。要は相手の方が鍛えてるのよ。

連携や攻め時の崩し方も問題あるけど、後半尾上が突破してチャンス作った時も彼が踏ん張ったからでフィジカル上がれば、こういうチャンス増えるしね。

Sn340048_0001 今日の試合見て確信したのは、やっぱり即効薬はないということ。だから感情に走らずに何から良くしていくのかフロント、選手、コーチ、サポーターやファンで認識してやっていくしかないね。そのためにはフロントの決断が大事。

今こそ徳島にサッカーが文化として根付くかが試されていると思う。

最後に一言、ある人達に言いたい。ガッカリしたぞ。

5月7日追加:

応援している現場の人間は立場によって言わなきゃならないこと、しなきゃならないことがある。応援しつづけようと言わなきゃならん場合もある。髭、頑張れ。

拍手したくない人はしなくてよい。でもする人がいるのは価値観の違いや試合の見方の違いもあってしかたがない。K君、君の気持ちはわかる。俺も同じ気持ち。

だけど、ただブーイングしたり、バス囲みなんて何の効果もないのは経験上、とても、とっても(繰り返し強調)よく知ってます。今必要なのはそんなこと考えることではない。辛抱強く一緒に頑張りましょう。

|

« 第1章 1997年 6.本音(3) | トップページ | インテル、イタリア杯を連覇 »

コメント

おはようございます。ikeです。昨日は税理士先生からお誘いを受けたのです(5日に代々木でフットサルの代表戦に行ったことで)。しかし、まだ、様子を見たかったのでやめました。マルは氏も来ていたということは、横須賀の民も来ていたのでしょうか?だとすれば、俺がいけば、開幕以来の「阿波渦関東隊5人衆」揃い踏みだったのでしょうね。すみません。結果は結果です。耐えましょう。
 昔の我々は「段幕途中撤収」とか「あえて刺激的メッセージ掲示」とか、かなり過激なことをしていたと思います。でも、今の徳島サポーターとは、確実に違う何かを持っていたと思います。
 「どこかで余裕をもっていた」。我々はそうだったと思います。仲間で喧嘩もしたし、チームと仲悪くなったこともあった。でも、やるときはやっていたと。選手とのコミュニケーションはとれていた、と。渦帝様がS選手と懇意にしていたように、それぞれがいろいろな選手と意見をぶつけていた、と。
 今日の書き込みをみて、もし、バス囲みなどということをサポーターがしていたのなら、ちょっと寂しいですね。
 その前に、やることがあるんじゃないかな、と。
 まあ、あまり書くと渦帝様に迷惑をかけてしまうので、この辺で。
 

投稿: ike | 2006年5月 7日 (日) 09時49分

ike殿、昨日バス囲みはやってないと思います。多分。最近そういう雰囲気があったのでそう書きましたが表現たりなかったですね。すいません。
イーストは彼等なりのやり方がありますし、今は彼等の時代で彼等に引き継いでもらっているので彼等を助けたいと思います。 ちなみに横須賀は欠席でした。

投稿: AWAN渦帝 | 2006年5月 7日 (日) 10時21分

渦帝様。ありがとうございました。こちらこそ、推測で書いてしまいすみませんでした。横須賀の民、欠席ですか?まあ、想定内です。
 そうですね。税理士先生以外は「解散した身」ですから。今できることは「見守り続ける」ことでしょう。我々は「我慢すること」には慣れているはずですし。サッカーに対しては。

 

投稿: ike | 2006年5月 7日 (日) 19時55分

もちろん、やるときゃやりますよ。
迷惑掛けない範囲でね。

投稿: AWAN渦帝 | 2006年5月 7日 (日) 22時16分

お仕事、お疲れ様です。GW明けで疲れていませんか?体調にはご自愛下さい。
 さて、私事ながら、私も「ブログ」なるものを作ってみました。まだ工事中なので、未熟ですが、渦帝様を見習って「読んでいて楽しい」ブログを作っていきたいと思っています。
 取り急ぎ、ご連絡まで。

投稿: ike | 2006年5月 8日 (月) 16時00分

心強いお言葉ありがとうございます。
僕にとってはライトもコアもやんちゃ系も大事な徳島サポーターです。
できるだけみんなの気持ちを理解したうえで前に立ちたいと常に思っています。
こんな状況なのでみんなの反応も理解できます。

まだまだ団体として若いっちゅうか、なんちゅうか経験ですよ。

平常心は常に忘れずにですな。

投稿: ひげ | 2006年5月 8日 (月) 21時04分

Kことピッチャーです。
アドバイスありがとうございます。
周りの意見をできるだけ汲んであげたい、という一心でミーティングは思いつきました。
しかしコールの件を含め思いつきのままブログに書いたんでいろんな方面に迷惑かけてしまったとかなり反省しています。
ひげも書いてますが、なんちゅうか経験ですね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: ピッチャー | 2006年5月 8日 (月) 23時22分

髭くん、ピッチャーくん、コメントありがとう。お返事はお二人のブログに書きます。

投稿: AWAN渦帝 | 2006年5月 9日 (火) 19時49分

初めてコメントさせてもらいます。
負け試合に対して、サポーターの総意なんて確かに存在しないのかもしれません。
しかしこれだけは言えます。
まとまりのあるサポーターほど強いサポートをできる奴らはいない。以上です。
またどこかで会いましょう。

投稿: かねやん | 2006年5月10日 (水) 02時50分

かねやんさん、コメントありがとうございます。
その通りです。価値観が多少違っても、お互い尊重できれば一枚岩になれます。私が大事だと思うのはまさにそれです。

投稿: AWAN渦帝 | 2006年5月10日 (水) 12時31分

お久しぶりです。
 ローマのトッティ復活のニュースに隠れてしまってますが、インテル、イタリア杯2連覇とのことで。おめでとうございます!
 ひねりも何もないのですが、まずはお祝い申し上げます。

投稿: ike | 2006年5月12日 (金) 20時54分

ike殿、ありがとうございます。
インテルにちょっと小さいですが福が来たこと、嬉しく思っています。

投稿: AWAN渦帝 | 2006年5月12日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/9929228

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ沢にて思う:

« 第1章 1997年 6.本音(3) | トップページ | インテル、イタリア杯を連覇 »