« 神様と私 (その一) | トップページ | 仙台の味は苦く... »

2006年6月 2日 (金)

エルメのケーキを喰らう

今日は午後、蒲田で会議があったのでした。会議終了後はそのまま退社。そしてそのまま私は赤坂のホテルニューオータニに向かいました。

目的はあるパティシエのケーキを買うためでした。

その人の名はピエール・エルメ。現代フランススウィーツ界のスーパースターで、菓子界の巨人です。

代表的なお菓子に”イスパハン”というケーキがあります。実は永らく愛読している永野護氏の「ファイヴ・スター・ストーリーズ」12巻で「イスパハン」は登場しまして、そこで今国内でもっともおいしいケーキと絶賛されていたので、食べてみたくなったのでした。

ニューオータニの1階、サツキというカフェで買うことができます。

この日はその「イスパハン」と「モンブラン」、マカロンの6個セットを購入。全部で2700円也。大事に家まで運び、夕食後に家族で味わいました。

Photo_5「イスパハン」。バラのペーストでコートされたマカロンの間に木苺とライチを挟んで、頭にも木苺とバラの花びらを飾った実に優雅な外観のケーキ。マカロンは外側がサクッとしていて中はやわらかく、ジャムでしょうか?味もしっかりしていて、それに木苺とライチの組み合わせもおいしい。食べたことのない味に「おーっ」と感心したのでした。

Photo_6 「モンブラン」。これも絶品です。奥さんにはむしろこっちが好評だったかも。でも「イスパハン」に負けず好評らしいです。何せ、マロンは全く違う。クチにすると、スーッと気持ちいい酸味が広がります。これも当たりです。写真は少し食べてしまった後でちょっと崩れてますが。

男のブログでケーキですかなんて言わないように。素晴らしいものに壁はありません。

ちなみに舞浜イクスピアリにもお店があります。よろしかったら。

|

« 神様と私 (その一) | トップページ | 仙台の味は苦く... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/10367116

この記事へのトラックバック一覧です: エルメのケーキを喰らう:

« 神様と私 (その一) | トップページ | 仙台の味は苦く... »