« 札幌戦の感想 | トップページ | 鳴門に凱歌鳴る »

2006年6月15日 (木)

ワールドカップ狂騒

世間はワールドカップに夢中である。しかし、ご存知の通り日本代表は初戦オーストラリアに1―3と衝撃的な逆転負けをしました。
采配がどーのこーの言われていますが、それってかなり前から不安視されてたことじゃん。いまさらブーブー言うのもなあって思うけど。
日本国内の狂騒ぶりもサッカーずれしてて面白い。一番笑えたのがスカパーF組応援団とかいうグラビアアイドル4人組。全員Fカップなんだって。なんじゃそりゃ。サッカーどこまで知ってんだろ。ほしのあきの自分のアピールを忘れないところなんか営業的匂いプンプンで、プロ根性すら感じた。
韮崎のPVで試合後にケンカになった話もある意味微笑ましく思えた。

クラブ中心のサポーターには代表に興味の薄い人も多いと思います。かくいう私もそう。フランスW杯の時はかなり入れ込んだけどね。今はそうでもなくて、会社で色々訊かれても軽く答えている。割りとネガティブなことも。なんか今の代表の試合のイベント的な雰囲気に馴染めなくてね。そういう人多いでしょ。
あと、特に好きな選手いないのも大きいかな。
でも最低限の結果は残して欲しい。せっかく出るんだから。

さて週末は渦帝ダービーである。最初は行きたかったんだけど、都合がつかずテレビ観戦です。結果度外視で内容で魅せて欲しい。

そうそう、札幌戦のオウンゴールの件、神様に聞こうと思ってたんだけどこないんだよね。ドイツにでも行ったか?

|

« 札幌戦の感想 | トップページ | 鳴門に凱歌鳴る »