« JFLを考える | トップページ | 第1章 1997年 7.天皇杯(1) »

2006年6月23日 (金)

日いずる国は...

日いずる国のサッカーとはどうなっていくのだろう。

そこそこサッカーを知っている人ならば、今回の敗退はかなり前の時期に高い確率で、こうなると予想していたと思う。少なくとも私はそうだ。だから特別な感情は申し訳ないがない。

いや、サッカーにそんなに詳しくない人でも薄々我が国の代表チームに期待をかけすぎていると感じていたのではないだろうか。

テレビニュースでパブリックビューイング会場の風景が伝えられる度に感じた楽観した空気にも、勝ち負けを最初から度外視して、お祭りみたいに騒ぎ、負けてもテレビカメラに向かって群がる人達も、この時期だけは迷惑かけても無礼講と勝手に解釈して渋谷や六本木で騒いでいた連中も、みんな感じてたんじゃないかな。だから感動をありがとうとかコメント出たり、負けたのにニコニコできたり、テレビに写りたがったりできるのかもね。

なんか悲しいね。あの中田が悔しさで涙した姿から何も伝わってないみたいで。こんな私でも試合後の中田の姿からは感じるものがあったのだが。

負けたこと以上に悲しい現実が負けたことによってあらわになっている。こんな日いずる国でこの国のサッカーはどうなってしまうのだろう。

明日はJリーグである。そこには少なくとも日本代表ほど悲しいチームはいない。死ぬほどチームを愛していると公言し、時にはその愛情を危険なまでに弾けさせてしまう者も居るほど愛に溢れた空間がある。明日は自分がその空間の住人であることの歓びを感じながら試合を観たい。

|

« JFLを考える | トップページ | 第1章 1997年 7.天皇杯(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/10651953

この記事へのトラックバック一覧です: 日いずる国は...:

« JFLを考える | トップページ | 第1章 1997年 7.天皇杯(1) »