« 渦帝ダービー Rnd.3 | トップページ | 自衛隊祭り »

2006年8月12日 (土)

ディズニーに学ぶ

Disney02既に終わってしまったが、先週金曜から夏休みだった。
当然ながら家族サービス中心である。初日は朝から浦安の東京ディズニーシーにてディズニーのファンクラブ会員向けパーティーだ。朝食を食べながら、ディズニーキャラクターと交流するというイベントだ。
というわけで、夏休みは「ディズニーで朝食を」から始まった。

ディズニーシーにばかり行っているが、いつもパーク内は完璧なまでにきれいに整備されている。普段お客の目につかないところも手入れされていて、雑草が生えていたりはしない。勿論、あれだけの人を毎日迎えるのだから、想像を超えるゴミが出るはずである。しかし、そういうものが一切お客の目に触れないように徹底されているのはさすがである。これはパークのスタッフ(キャストというが)がいつも高い意識に基づいて仕事をしているからだと思う。

Disney01なんでディズニーの話をしているのかと言うと、徳島の観客動員に関してひとこと記事を書こうと思い、同じお客商売として、ディズニーの考え方に敬服するところがあったので書こうと思ったのである。

遊園地やアニメのディズニーと、真剣勝負のプロサッカーのどこに共通点があるのかって?お客様に自分達の用意した場所に来てもらい、楽しんでもらうという点では共通しているでしょ。興行ということでは同じ。

地域ごとの勝ち負けを決めることが目指すサッカー文化ではない。サッカーを楽しんでもらうことが今の日本にはまだまだ必要だと思う。
そういう意味では「徹底してお客様中心の視点で考える。お客様に楽しんでもらうことを第一に考える。」というディズニーの考え方と、その徹底した実践は研究する価値がある。ここで勘違いしてはいけないのは、新しいショーやアトラクションをドンドン投入するのが考え方の中心ではないということ。
たとえばこんな話があったそうだ。着物を着てディズニーランドに着た女の人がいた。遊びたいアトラクションがあったのだが、それは水に濡れるアトラクションだった。スタッフはお客様の視点で考えた。そしてアトラクションのところに「このアトラクションは水に濡れるのでご注意を」と表示してはどうかと考えた。だが本土アメリカから来た役員が怒ったそうだ。「着物でそのアトラクションに乗っても水に濡れないようにしてあげなさい。お客様は遊びにきているのに、遊べませんなんて言うことができますか?」と。

Disney04 これをサッカー、いやヴォルティスに置き換えて考える。
お客様がヴォルティスの試合に来て困っていることはないか。楽しみたいのに楽しめていないことはないか。もちろんチームの負け以外でね。まあ、それで全て台無しになるとも言えるが。

全部を全部叶えてあげたりはできない。ワガママでしかない要望もあるだろう。だが一度そういう視点で見直してみると、意外と小さなことでリピーターを確保できたり、来たことない人の興味を引くんじゃないかなと思う。
例えば、暑いからロゴ入りの青いウチワを配るとか。そういえばディズニーシーでクールサービスといって、お客に水を撒くとかやってたじゃん。濡れてもいい人だけメインやゴールDisney05裏の一角に来てもらって、選手がホースや水鉄砲で水を撒くとかどうだ?あとは、スタメンの選手が試合前にメインスタンドに登場して自己紹介するとか。これはロッテがやってたやつね。
もちろん、ディズニーはお金持ちなのでいろんなことができるということも事実だ。だが、お金持ちになってもお客様第一の考え方をおざなりにしない姿勢は見落としてはならない。それにお金がそんなになくたってできることはあると思う。地域密着ってのは勝ちさえすれば手に入るものではない。だから努力すれば少しづつでも成果になってくると思うけどなあ。
ヴォルティスは地方のチームなのだから、より地元に顔を向けていないといけない。社長も、ほとんどの選手も徳島の人じゃないんだから。

|

« 渦帝ダービー Rnd.3 | トップページ | 自衛隊祭り »

コメント

地道なファンサービスは必要
でも今の徳島にとって一番のサービスは勝つ事・・・
前半良くても後半毎度お馴染みの駄目っぷりでは
他で良いサービスしてもライトサポ+一般客は間違いなく離れます
明日(今日?)阿波踊りにでるらしいけど
正直いまそんな事やってる場合じゃねえだろと声を大にして言いたいです
踊るあほうよりひたすらグランドを走って真っ黒になったあほうの方が俺にとっては大事ですから
そろそろなんかしら考えないと駄目ですかね(手段を問わずに)
あ~長文失礼

投稿: まるは改め「ぴく」 | 2006年8月13日 (日) 03時23分

山形戦のビデオ見てますけど、前半いつもだめな山形と後半いつもだめな徳島そのまんまの試合ですね。双方の選手もそうコメントしてますし。
徳島はボールを落ち着かせて、攻撃に切り替わったときリズムをコントロールしててミスの少ないボランチ(本来ボランチとはそういう選手)が必要。アンドレは若くて経験も薄いせか残念ながら(今は)そういう選手ではありません。
正直もう来期を考えながらの策の方がいいかも。ただ、いろいろな意味で足りないものが多すぎて。
大塚時代ならもっとチームに近づけるから策の選択肢多いんだけどね。
解決するには原資もいるがこれも大丈夫か?

投稿: AWAN渦帝 | 2006年8月13日 (日) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/11394555

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーに学ぶ:

« 渦帝ダービー Rnd.3 | トップページ | 自衛隊祭り »