« サポーターとして | トップページ | すうぃーと・ほーむ・とくしま »

2006年9月29日 (金)

真実を見抜く目を

今日、徳島の田中真二監督が辞任した。

昨日の札幌戦の結果が引き金になったのだと思う。辞任という形になったが、実質は解任だろう。ただ、フロントとしてはフロント主導(解任)ではなく監督自ずからの決断(辞任)であってほしかったので、ここまで結局引っ張る羽目になったのだと思う。何が違うのかはここを参考に。まあ、サッカー界ではよくあることです。

”やっとクビにできた”とか歓声をあげている人がいるようだ。気持ちはわかるが、これで愛媛に勝てるとか思ってるんだったら、そんな甘いもんじゃないと思ったほうがいい。横浜みたいになれると思っているのだとしたら、冷静に過去の同様の事例を検索してみたほうがいい。

ここからが本当のイバラの道になるかもしれない。もはや、非難の的になっていた前監督はいない。ライセンスがあればいい成績が保証されるわけではない。これからは真実を見抜く目がより重要になる。

私は某Jの監督が、サポーターのヒステリックな嫌悪、過信したサッカー観からくるバッシングと、フロントの思慮によりチームから罪人のごとくして追放されたのを見ている。その人は今は別のチームを黄金時代へと導こうとしている。かたや追い出した方は...。

今は徳島ヴォルティスに係わる人々が成長することを求められている時期なのだ。どこのチームもこういう時期がくるのが習いだ。必ずくる。だから真実を見る目をこの機に磨くのだ。それができなければ...。

ここからは我々が試される時になる。身が引き締まる感がする。ここからの試合で勝てば我々の勝利だが、負けても我々の責任だと思って戦わなくてはいけない。だって、田中さんはもういないんだぜ。このことの意味わかってる?

  

田中さんには感謝している。Jにあげてくれてありがとうなんて薄っぺらい感謝ではない。

ヴォルティス徳島の名を封印して大塚サッカー部として再スタートしたシーズン、廃部にさえされそうだったチームを、今よりひどい戦力不足でどん底だったチームを率いてくれた感謝を私は忘れない。

藤枝の静岡産業大戦でどうみても不可解な判定でPKを取られ敗れた試合。激怒した田中さんが選手に試合後の挨拶をボイコットさせた男気ある姿を忘れない。この試合を生で観ていた徳島サポーターはほとんどいないはずだ。この試合が俺に与えた影響はとてつもなく大きかった。あの田中さんがなかったら今のAWAN渦帝はないと言ってもいい。

こういう形でチームを去る監督が実際殆どであるサッカー界。結果がすべてだから過剰に擁護はしない。だから、今はゆっくり休んで、またどこかでサッカーに係わってほしい。

|

« サポーターとして | トップページ | すうぃーと・ほーむ・とくしま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/12078963

この記事へのトラックバック一覧です: 真実を見抜く目を:

« サポーターとして | トップページ | すうぃーと・ほーむ・とくしま »