« グーグルアースで世界旅行 | トップページ | ダビデ君のパパが教えてくれたこと »

2006年10月29日 (日)

サッカー色々、いづれも楽し

最近は仕事が忙しく帰りが遅い。最近はその溜まった疲れが簡単には抜けなくて、先週は月曜は会社を休んだ。今日も体調が悪く、一日の殆どを家で過ごした。
それこそ昔は平日は仕事、週末は両日サッカーと、フルタイム稼動で、週末の方がハードだと感じていたときもあった。いや、冗談じゃないくらいハードなことを試合前に毎週やっていて、本番の応援の時には既にかなり消耗していた時期があったのだ。
それでも体が持っていたのが、今はそういかない。年のせいもあるだろうが、週末が純粋な週末に変わった生活の変化のせいで、体に緊張感がなくなった(必要なくなった)せいでもあると思う。
 
というわけで、今日はテレビでサッカー観戦をタップリと観た。
 
1戦目は楽しみにしていたというか、ここ一ヶ月の私の中での話題の中心、ミラノダービー。
今年の両チームの状況は例年とかなり違っている。例のカルチョスキャンダルの影響でシーズンオフの補強が予定通りにいかなかったACミランと、ユーべから攻守の鍵となる大物イブラヒモヴィッチとヴィエラ
を獲得したのを始め、クレスポ、グロッソ、ダクール、マイコンと強力な補強を行いった我が愛するインテルミラノ。前節でレコバが負傷して欠場が決定してしまったこことは残念だったが、今年のインテルの顔ぶれから行くと、例年の組織で試合を支配するミラン、守ってカウンターのインテルとは違う試合になりそうだと期待していた。
さて、その試合は早朝4時から開始。体調の関係で起きられそうになかった(前日は9時前に就寝。というか起きていられない体調だった。)のでビデオをセットして朝起きてから見ることにした。
少し話しがそれるが、こういうビッグゲームのときは夜中であっても、以前は試合直前に自然と目が覚めてレプリカに着替えテレビの前に座ったものだった。実は今朝も3時くらいに目が覚めたのだが、体調を考慮して再就寝。
白状するとビデオを見る前に携帯で結果もチェックしてからビデオを観た。だが、試合はこれまで観てきたミラノダービーの中で最も激しくドラマチックな試合となった。
 
予想通り攻撃力の増したインテルがクレスポとスタンコビッチのゴール(後者のゴールは特にグレイトだった。)でリード。一方ACミランはインザーギのワントップの4-3-2-1の(宿敵ながらこれはないだろう)布陣が機能せず、前半を無駄に過ごしてしまう。後半最初から3人を交代させてフォワードを3人にしたが、開始直後にカウンターからイブラヒモヴィッチに3点目が入り、試合は決まったと思われた。が、ここからACミランが反撃。3分後にセードルフのゴールで1点返すと、以降もサイドからの好クロスで再三好機を作る展開に。しかし、68分にセットプレーからマテラッツイが加点。が、直後にマテラッツイがシャツを脱いでアピールした(アンダーにも何か書いてあった)ためにイエロー。既に一枚貰っていたのでレッド(退場)という、「馬鹿としかいえない。」呆れた行為で試合は壊れ、後はACミランの追撃を守り続ける展開に。しかもヴィエラも足を痛め動けなくなったにもかかわらず、サイドに回ったイブラヒモヴィッチも守備に貢献できていなかったので、交代枠残り一つで誰を代えるかでマンチーニが迷いに迷い、2点目をとって勢いづくミランに押され、全く余裕がなくなってしまう。
91分にカカに3点目を取ると、残り5分は地鳴りのようなサンシーロの雰囲気の中で極限の試合となり、必死に守りぬいたインテルがついに勝利!!
いやー、スゴかった。激しい当たり、技術、威力ともまさにワールドクラスのシュートが放たれ続け、それをスーパーセーブするゴールキーパーもいて、カルチョ好きでよかった、さらに言うならインテリスタでよかったと実感できる朝であった。
 
さて、午後は徳島ヴォルティスの試合であった。先週、これからが徳島ヴォルティスのセカンドステージだと書いたが、強豪相手ではなくこの日の対戦相手であるサガン鳥栖のようなチームに試合の主導権を取れる試合展開を継続できるかが、これからの課題である。
ではどうだったか。試合を観ていた人にはわかると思うがはっきりいってダメ。
ここまでの数試合良かったので、気持ち的にその流れを守りたくて慎重になったのかもしれない。、ここ数試合で改善されてきていた攻撃のパススピードや展開が遅い欠点が再発してしまい、いいところがほとんどなく負けた。
守備が軽く、攻撃時の連携も悪く、厚みやアイディアにも乏しくては、まずサポーターを納得させる試合はできない。仮に今日勝てていたとしても、それは徳島の勝利ではなく鳥栖の負けとしかいえない試合だったはずで、セカンドステージで求めるものはそれではない。
すぐに良い流れが定着するとは思わなかったが、もう少しここ数試合のいいところを見せてくれるようには毎試合なってほしいと思う。次は天皇杯、新潟戦だ。相手には不足はないので頑張ってほしい。結果は二の次にするので、慎重にならず冒険のあるサッカーをしてほしい。

前日もJ2で大きな山場となる試合を観戦。そちらはホームチームが若さを見せて勝ちゲームを逃したが、この試合もサッカーの怖さ、面白さを堪能できた試合だった。

JFLでもここ5試合負けなし、2試合連勝中で入れ替え戦回避に向けて戦っているホンダロックが横河武蔵野に敗戦。総統も落胆していると思う。忙しくて試合にも行けていないかもしれないが。
近いうちに再度JFLをネタに書きたいと思う。

 

それぞれのチームがそれぞれの立場でもサッカーをしている。

プロ野球日本シリーズも面白かったが、サッカーもやっぱりいいね。

こういうのを観ているとひと暴れしたくもなってくる。三ツ沢での横浜戦となると思うが、今年の締めになるかもしれないので、気持ちを高めていきたいと思う。

|

« グーグルアースで世界旅行 | トップページ | ダビデ君のパパが教えてくれたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/12480007

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー色々、いづれも楽し:

« グーグルアースで世界旅行 | トップページ | ダビデ君のパパが教えてくれたこと »