« ダビデ君のパパが教えてくれたこと | トップページ | 根付けの時期 »

2006年11月 5日 (日)

ハートに火をつけた男たちへ

今日はテレビで懐かしいチームの試合を観ていた。JFLに所属する栃木SCである。
相手は清水エスパルス。J1でも今期上位に付けているチームである。 
試合は大方が予想したとおり、清水が試合を支配し、栃木はカウンターで対抗するというよくある展開となった。

天皇杯のような上のリーグのと下のリーグ(特に学生やアマ)が対戦すると、そのような展開にはまってしまい、膠着した僅差のゲームになってしまうことや、カウンターでピンチをたびたび迎えたりすることが多い。
天皇杯では、上のチームのサポーターからは「相手に合わせるな!」というヤジが何度も出たり、前半終了と同時に、負けていないのに大ブーイングが出たりする風景がお約束のように毎年見られる。
一言いわせてもらえれば、上記のようなヤジを飛ばす人は、申し訳ないがいろんな意味で勉強不足だと思う。プロと違って毎日練習できないチームもあるJFL以下のアマチームは、練習環境を有意義に使うために即効的に結果の出せる戦術練習を重点的にやることがある。個人技レベルでは劣ってもチームレベルでは決してレベルは低くない。また、HONDA FCのようにアマでもJチームと同等の実力を持っていて、真っ向勝負できるチームもいる。セレッソの古橋のようにJFLから移籍していきなりチームの中軸になれる選手も出てきている。下のチームも決してレベルは低くないのだ。
 
話を戻す。
大ブーイングを浴びた清水は、後半59分にセットプレーから先制(実は上位チームにセットプレーでの得点が多いのもよくあること)。その後、15分で3点追加して一気に4-0にした。
普通はここで試合は終わるものだ。ミラノダービーと違って試合を終わらせない愚か者は清水にはいないしね。
でも、栃木はここから猛反撃。75分にキーパーのはじいたこぼれ球を押し込んで1点返すと、80分には左サイドからの低いクロスに頭で合わせる見事なゴールで2点目。その後清水にも返されるが、42分には左から強烈なシュートがキーパーの手を打ち破って3点目。終了間際にもまた左からのクロスに右足のインサイドでキレイに合わせたダイレクトボレーで4点目と、終わってみたら6-4というスコアとなっていた。清水は6点もとったのに再度大ブーイングを浴びるハメに。
 
久しぶりに見た栃木SCは強かった。
申し訳ないが徳島がJFLにいたときは、私は栃木サポーターのことはメチャメチャ意識していたのだが、チーム自体はそんなに意識していなかった。それに対戦成績(これは関東隊が試合を仕切ったアウェー、つまり彼らのホームゲームの成績のこと)は全部勝っていたし、内4回は4点以上とって圧勝だったし、彼らのホーム、グリーンスタジアムでの対戦4回ではすべてファーストアタックで先制と、ほぼいいことづくめだったのだ。(例外やちょっとした事件もあったときもあったがそれは別の機会に書きます。)
だが、そんな彼らもJ2入り狙い始めた。今日のメンバーがJを本格的に狙うときの主体になるかは不明だが、今日の試合はチーム、サポーターに自信を与えたことと思う。彼らはますます強くなるだろう。
 
個人的には栃木SCのJ2入りを願っている。
それは関東隊にとっての栃木SC、というより栃木SCのサポーターは特別な存在だったからである。
栃木SCがJFLに昇格した2000年のJFLリーグ戦、彼らのホーム開幕戦の相手を大塚FCとVORTIS関東隊(このとき地元本隊は不参加だったのも何かの運命)がつとめた。
そこには、それまでのJFLチームのサポーターでは見た記憶がなかった、ヤジを飛ばし、大声でチャントを歌い、跳ねるサポーターが反対側のゴール裏にいた。
彼らは関東隊のメンバー、とりわけ私のハートに火をつけた。当時仕事でうまくいっていなくて転職すら考えていたほど落ち込んでいた私に、やりがいのある戦いの場を与えてくれたのが他ならぬ栃木サポーターだった。
以後、自然と栃木戦は関東隊にとって絶対負けてはならないカードとなった。互いの掲示板で舌戦をしたこともあった。彼らのある名物サイトの、煽りとウィットの効いたトビラ絵が楽しみだった。対戦する週の一週間で毎日トビラ絵が変わったときもあった。一年でもっとも楽しみなイベントの一つだった。
 
徳島の地元サポーターは愛媛FCや愛媛サポーターには一片の愛情もないと思うが、関東隊は栃木SCや栃木SCサポーターには、絶対に相手に負けてはならないと思いながら、ある種愛情にも似た宿敵としてのライバル意識を持っていた。
だから、徳島がJ入りした後、宮崎ショックボーイズ総統がやっているホンダロックの応援に参加することにしたのも”栃木とやれるから”が理由だった。それぐらい意識していた。彼らはどう思うかわからないが、自分と同じ匂いがしたのだ。
今日の日本平にはあの頃と変わらない、それでいて人が増えて、パワーアップした彼らがいた。覚えている顔もいた。懐かしかった。また、彼らと戦いたくなった。徳島のサポーターとして。
 
待っているぞ、栃木、何年でも。また戦わせてくれ、君たちと。
でもやっぱり負けないぜ。

|

« ダビデ君のパパが教えてくれたこと | トップページ | 根付けの時期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/12571704

この記事へのトラックバック一覧です: ハートに火をつけた男たちへ:

« ダビデ君のパパが教えてくれたこと | トップページ | 根付けの時期 »