« 根付けの時期 | トップページ | 語る言葉 »

2006年11月19日 (日)

やることやれ!

止まるな!動け!
歩くな!走れ!
待つな!自分から行け!
気を抜くな!
ここまでは選手に。
それから、ちゃんと試合見てろ。そしてやるべきことやれ。これはゴール裏、特にリードに。
それが草津戦の感想。勝ったからこそ、ちゃんとしておかないといけない。
 
選手個人の技術的なことや、チームの連携等の成熟など時間が掛かる問題は気にしていない。
だが、気持ちに原因がある問題は見逃せない。
アンドレには悪いが、あのタックルは味方が草津選手にしたスライディングで、しかも正面なんだから彼自身が気をつけておくべきだったと思う。
あれで長期欠場なんてなったら何よりも自分に恥ずかしいだろ、アンドレ。
わかってると思うけど。
 
それから、洋平。失点につながらなかったからといっても、パスカットを招いたあの軽率なミスは最悪。
それからこのシーンで、危うく試合の流れを失いかけたシーンなのに歌を続けるな。気づいてなかったでは言い訳にならないぞ。
しのぎきった直後に、洋平に指摘しろよ。あのシーンは洋平にブーイングしてもいいシーンだぞ、ゴール裏。
90分跳ねさせ続け、歌わせ続けるのだけがリードの仕事じゃない。試合の流れに応じて適切に指揮して、周囲にサッカーを教えるのも仕事なんだから。
試合が見えにくい姿勢(立ち位置)でリードをやってるのなら、何か工夫して修正したほうがいい。
 
試合終盤、せっか相手セットプレーのクリアから、ジョルジーニョがカウンターで左サイド上がったのに中央誰も走っていない。テレビで見ていたけど、ジョルジーニョが駆け上がっていく中、画面上で歩いている徳島の選手が見えた。ジョルジーニョは自軍ゴール前から、相手側コーナーまで長い距離走ったのに結局何もできなかった。
 
これじゃダメ。
 
こんなこと続けてたら当分の間、徳島のサッカーに春は来ないぞ。

 

それから、名古屋-浦和戦を観にいった若い衆。いいものを見たと思う。

その経験を今後に活かしてください。

でも、あせらずにね。急に今の徳島に当てはめようとしても無理だから。

君たちにはいつか紹介したい人がいます。三ツ沢で会えたら話を聞きたいです。

|

« 根付けの時期 | トップページ | 語る言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/12751378

この記事へのトラックバック一覧です: やることやれ!:

« 根付けの時期 | トップページ | 語る言葉 »