« ハートに火をつけた男たちへ | トップページ | やることやれ! »

2006年11月12日 (日)

根付けの時期

昨日は徳島サポーターの仲間の家に皆で集まり、焼肉パーティー&水戸戦観戦をした。
なかなかこういう機会はないので楽しかった。自宅を提供してくれて会を催してくれたM君、ありがとうございました。
 
皆で水戸戦を観た。大勢で、しかも仲間と共に見る試合は得るものが多い。現場にいると応援をしているので場面場面での感想を聞くことも、自分の感想を話すこともないが、テレビ観戦ではお互いの感想を言いながら観ることができるので有意義だ。
この場合、自分の生の意見を言える(聞かせる)ことだけでなく、皆がどう思うかを聞けることのほうが意義がある。この日は、ジョルジージョについての意見が飛ぶことが多かった。
 
試合は、ずっと課題だと言われている後半の立ち上がりの失点と、全く同じ形(コーナーから)同じ選手に決められて逆転負け。監督が「いつものパターンを注意していたことなのに解決策を見出せない」と言っている後半すぐの失点はこれでここ4試合連続だ。
後半の立ち上がりや、終了間際に失点するチームというのは何も徳島だけではない。下位に沈むチームというのは大概この時間帯に失点するものだ。でなきゃ、どの時間帯でも失点してるかだと思う。
監督も選手も気をつけているだろうし、対策も練っているのだろう。それでも失点するというのは、それが現状の守備としての限界を見せられているのだと思う。
守備陣の選手がケガ等もあり、固定できていないことも原因の一つだと思うが、相手はこの時間帯に弱いというのを分析して知っているから、そこを狙って攻めにくる。攻めにこられるから守勢に回る。そして失点となっているとなれば、相手から見れば攻めれば点を取れる相手と見られているわけで、それはその程度のチームの守備力の天井なのだと思うしかない。
じゃ、解決するにはというと、やはり(来シーズンのことも含め)選手を入れ替えるのを除けば、その時間帯に攻めに出たり、前線から守備に行くのを徹底する等、なるべく自軍ゴールからボールを遠ざけるようにするのが一番簡単なアイディアだと思う。もちろん、そのくらいは既にやろうとしていると思うが。
解決にはいろいろな制約や壁があって、簡単にはいかなさそうだ。イライラするサポーターも多いと思うが、当面はこのこと(この時間帯は失点しやすい)を織り込み済みとして、その上でどう勝っていくかを模索してもらうことを期待したほうがいいと思う。すくなくとも今期残りは。
 
監督が変わった効果はもう切れている。徳島サッカーとしてのセカンドステージとしては今はこんなものだろうし、想定内の状況だ。だからこそ、チームには結果に悩みすぎずに、いろいろな角度から自分達を検証してほしいと思う。

失敗、成功含めていろんなものを冷静に検証して、自分達に根付かせてほしい。
  
話は少し変わる。
今朝のミラン-ローマ戦を見ていると、やはり世界でも強豪のクラブ同士の対戦でもあり、ボールを持っている選手、もっていない選手の動きを見て、そこから試合中の心構えや狙いを読んでいくと、Jリーグとの差を感じるところが山のようにたくさんあるのを改めて実感させられる。
もちろん、今の徳島を含むJリーグのクラブがレベルが低いといっているわけではなく、欧州より優れている部分(平均的なクラブ環境や、選手のメンタル等)も多い。が、トップクラブはその名前に恥じないレベルの選手の個人技だけでなく、戦い方もレベルが高い。
連動した選手間の動きや、攻めるときの意識や判断、動作として徹底されていること、守備の決め事やマーキング、タイミング、判断(わざとファールで潰す等も含め)、動きなどやはり違う。だから見ていておもしろい。
全部マネするのは不可能だ。ベースにあるのは高いフィジカルだけでなく、特筆すべき高いボディバランスが、90分間意識の集中を高いレベルで支えている。スターになるほどこれが高い。トッティは特にそう感じた。
その一部をマネするにしても90分間やるのは、今の徳島ではキツイかもしれない。でも、70分ならできるだろうと思えるものもあった。徳島のサッカーが見ていておもしろいサッカーになるためにお手本にできないかなあとも思った。
 
この原稿を書いている時間、NHKで今年シアトルマリナーズに移籍した城島捕手の特集を見ていた。とても興味深い話が多く、食い入るように見てしまった。この件は最近書きたいなと思っていたことに繋がる内容だったので次回に書こうと思う。

|

« ハートに火をつけた男たちへ | トップページ | やることやれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/12663471

この記事へのトラックバック一覧です: 根付けの時期:

» 北海道観光 [北海道観光]
北海道観光 [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 15時35分

« ハートに火をつけた男たちへ | トップページ | やることやれ! »