« 語る言葉 | トップページ | 今シーズンが終わって... »

2006年11月23日 (木)

戦う徳島に思う

今シーズンの締めといってもいい、今日三ツ沢での横浜FC戦。お互いの力関係はシーズン前には想像できないほど違ってしまった。
しかし、いざ試合となると話は変わってくる。目指すところ、得たいものの違いが試合の流れを左右するのはサッカーの試合ではよくある。
今日の試合での徳島と横浜にそういう要素があったのか確信は持てないが、あったとしたら徳島にはいい効果があったと思うし、無かったとしたら、徳島はポテンシャルを示した立派な戦いをしたと思う。
 
立ち上がりは横浜に中盤を支配され、苦しい流れとなったが、序盤をしのぎきると、横浜の運動量が落ち着いてくるにつれ、ボールが中盤でも繋げるようになり、流れは徳島へ。
後半も課題の開始後15分をしのぐと、激しいプレスからのボール奪取から流れを奪い、横浜がアレモンを投入しても、試合の流れを最後まで保ち続けた。
結局スコアレスドローに終わったが、試合を通して、高い集中と闘志と運動量を示せたことは素晴らしいかった。試合終了の笛が吹かれた時、思わず「ヨシッ。」とつぶやいてしまったほどだ。
 
ただ、今日の試合、横浜が70~80%くらいのできだったのに対し、徳島はほぼ100%のできだった。
100%のできでも点が取れないのは、内容と結果は必ずしも一致しないということの他に、(相手によっては)それが現状の力では限界とも言える。
いつもいつも今日のように戦えるわけではないので、内容が悪くても結果を得られるようになるため、誰か絶対的な軸となれる選手が必要となるだろう。
 
いづれにしろ、今日の試合はこの一年苦労を強いられた関東サポーターには、今日の試合はチームからのほんの少しばかりのお礼になったと思う。
あと一試合あるので、今度はホームのサポーターにいい試合を見せて、一年を締め括ってほしい。

   
今日は元関東隊のメンバーが大勢集まり、結成時のメンバーも5人顔を揃えた。これは本当に久しぶりのことで、結成から13年の月日を経て、色々なことがあったが、今だに皆、徳島に関わる場所で共に集い、共に戦っていることは、関東隊の看板こそたたんだが、とても誇れることだと思う。
この原稿を書いていながら、関東隊とはなんだったのだろうと考えている。
もう今期は実質終わってしまったが、来年はこのテーマに向き合う必要があるかもしれない。
いや、向き合う宿命なのかも。

俺にとっての徳島とは、関東隊とは何なのか?

 
 
地元サポーターはあと1試合、頑張ってください。
クーカイさんも、アワソウルさんも。

|

« 語る言葉 | トップページ | 今シーズンが終わって... »

コメント

初めてコメントさせていただきます。
貴ブログには教えられることも多く、自分の考えに迷いが生じた時などは、必ずお伺いしています。

本来なら下の記事にコメントすべきなのですが、申し訳ありません。

ホークスが初優勝した当時、地元局の優勝特番において、
城島選手についてのインタビューがありました。
現巨人の工藤投手からはかなり鍛え上げられた様で、起こった問題の検証は必ず試合中に行われていた様です(試合後だと遅いため)。

今後、もし機会があればそのビデオを見ていただけたらと思います。

投稿: 大橋 博 | 2006年11月25日 (土) 11時28分

大橋殿
コメントありがとうございます。
城島捕手はおっしゃる通り工藤投手にかなり鍛えられたとのエピソードを聞きますね。
そのビデオも是非見てみたいです。

長文が多く読みづらいかもしれませんが、今後ともご愛顧願います。

投稿: AWAN渦帝 | 2006年11月25日 (土) 18時50分

木曜の試合、あれだけ闘えていたのに
今日は山形に虐殺された模様
なんだか今年を象徴するような結果でしたね
振り返ってみると今年は散々な一年でしたね
特に関東方面はどうにもこうにも話になりませんでした

そうか、来年は三年目
わたし、昇格する時に言ってました

2年は待つと

来年はそうはいかなくなりそうです(苦笑)

先日の三ツ沢で感じたんですが
旧関東隊以外にも今の応援の方向性に違和感を持ってる人もいるようで・・・

空海さんは勝利至上主義ですし(そうみえたんですが)
私たちがその昔やってきた事とはかなり違います(経験値が違いますが)
本隊は・・・まぁちょっとおいておきますけど
なんかしら受け皿をつくらないといけないのかもしれませんね

投稿: Be | 2006年11月26日 (日) 17時12分

来年はこのチームの中長期的な将来を占う年になるでしょうね。
いろいろ足りないところ多くて、そう簡単な話じゃないでしょうね。強くなるにはビジョン、マネー、チームの上を目指す意識等いろいろ必要ですから。今年の悔しさは来年に活かしてほしいですね。忘れないでほしいね。

応援については、みんながどう思ってるのか訊かないと何とも言えないかな。
できれば、イースト、本隊、クーカイといろいろ個別に話してみたいんだけど。
まあ、一応外野なんであせってないです。
育つものは育つし、枯れるものは枯れます。

投稿: AWAN渦帝 | 2006年11月27日 (月) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/12794677

この記事へのトラックバック一覧です: 戦う徳島に思う:

» [FC]J2第50節 ヴォルティス徳島戦@三ツ沢 [ウタカタ ノ ヒビ]
横浜FCは、徳島とホーム・三ツ沢で戦い、主審判定の不安定さも手伝ってスコアレスドローに終わりました。 b横浜FC 0(0-0)0 徳島 13:04キックオフ 三ツ沢球技場 入場者数:6,924人 警告 横浜 小野(74分) 徳島 玉乃(58分) 出場選手 横浜FC GK菅野、DF小野(77分 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 20時50分

« 語る言葉 | トップページ | 今シーズンが終わって... »