« いつかクリスマスプレゼントになる。 | トップページ | 憧れの赤対赤 ~レッズ対アントラーズを観る~ »

2006年12月25日 (月)

ウエイティング・フォー・15イヤーズ ステイタスクオーが街にやってきた

前回のネットオークションの記事でヴィシャスルーマーズが来年4月に15年振りの来日公演を行うと書いた。
15年というのは半端な時間ではない。生まれてから中学を卒業するまでの時間に相当するのだから。
だが15年と思い起こしたところで、私のこれまでの人生では10年以上待ち続けて実現したという夢のようなことが多いことに気づく。
1つはヴィシャスルーマーズだが、もう一つ過去に15年待って実現したものがあった。
 
イギリスにステイタス・クオーというバンドがいる。結成は1962年。私が生まれる以前から現在も活動している超ベテランバンドだ。このステイタスクオー、英国では絶大な人気であのローリングストーンズと同じくらいのシングルヒット数があり、英国王室のチャールズ皇太子が大ファンでかつてコンサートを観に来たことから”英国王室ご用達ロックバンド”と呼ばれたこともある大物なのである。

が、このステイタス・クオー。日本では全く人気がない。
70年代に一度来日したが、以降1998年までの20年近く来日公演はなかった。
 
私とステイタス・クオーの出会いは82年。中学3年生の時だ。雑誌「ミュージックライフ」で当時英国で毎年夏に行われていたハードロックフェスティバル「モンスターズ・オブ・ロック」の82年大会の大トリを務めたのが当時結成20周年のステイタス・クオーで、特集記事で同じテレキャスター(ストーンズのキースが弾いてるタイプ)を弾いている2人の看板ギタリスト、フランシス・ロッシとリック・パーフィットの写った小さな写真を目にしたのが最初だ。
何故だか知らないが一度も曲を聞いたことの無いバンドに私は夢中になってしまった。

それからが大変で、当時ステイタス・クオーの国内盤(まだアナログの時代)といえば、過去にリリースされ既に廃盤となった国内盤を中古レコード屋で必死に探すしかなかった。しかも出回っている数が少ない上、なぜか評価が高く、いわゆるプレミアが付いている人気盤も多かった。4thアルバムの「HELLO」は当時で1万円以上したのである。中学、高校生に買えるシロモノではなく初めてのクオーのアルバムを手に入れるまで3年掛かったのである。
 
そんなステイタス・クオー信者となって15年目の98年。ついに待望の再来日、つまりナマのクオーを観る初めての機会を得た。初日は渋谷公会堂で、翌日は渋谷のクラブクアトロで行われることになった。
私は初日は会社を半休。2日目は全休にして来日に備えた。そしてサッカーショップでユニオンジャックの旗を買い、なんとしてもサインを貰うぞと意気込んだ。

初日のライブを楽しみ、翌日は早くから会場のクアトロ前で入り待ち。出待ちという手もありそうに見えるが、ライブ終了と同時にそのまま出口から出てそのままホテルへ引き上げてしまう場合が多く確実的ではない。で、入り待ちなのだ。
そしてステイタス・クオーのメンバーが到着。同じ入り待ちをしていた人が数人であったため、ユニオンジャックにメンバー全員のサインと、クオーの記念冊子にフランシス・ロッシとリック・パーフィットのサインを貰い、ロッシと写真も撮った。
そのとき私はバンドのマネージャーさんにこう言った。
「I’ve been waiting for 15years.」
私は15年間もこの日を待っていたと。
マネージャーさんは目を丸くして「15years?!」と驚いていた。
 
その後もステイタス・クオーは活動を続けており、今もそのキャリアは続いている。そして次の来日を待ち続けているのである。
 
これ以外にも初めて行ったコンサートのアーティスト、AC/DCのライブの2回目を観るのに9年。場所はイギリスのキャッスルドニントン、かのモンスターズ・オブ・ロックを直接観にいったときに再会し、その9年後に18年ぶりの来日公演でAC/DCを観ることになる等、いろいろと私の人生では10年近く間が空くことが多い。
まあ、それもこれも息長く好きなものを愛し続ける辛抱強さが成すことで、自分でも感心してしまうが、辛抱強く待っていれば必ずチャンスが来るという証明である。
 
そういう意味ではかの渦帝ダービーも実に長い間が空いていた。94年を最後に再び両チームが対戦するまで12年かかったのである。来年は渦帝ダービーを見られる可能性が低いができることならJ1で次は渦帝ダービーを見たい。それこそが本当の意味での渦帝ダービーであろうと私は思うし、あの人もそう思っているだろう。
その日までまた10年以上費やそうとも私は待ち続けられると自分に確信している。

ステイタスクオーのオフィシャルサイトはこちら

CDやDVDも普通にHMVで購入できます。

|

« いつかクリスマスプレゼントになる。 | トップページ | 憧れの赤対赤 ~レッズ対アントラーズを観る~ »

コメント

“QUO”再来日してたんですね (^。^;)

まったく知りませんでした (>_<)

初来日の時に行って半券は昔のアルバムに貼ってあります (o~-')b

投稿: 『へのへのもへじ』 | 2012年1月14日 (土) 05時41分

コメントありがとうございます。
この記事は結構ちょくちょくアクセスあるみたいだったんですがコメが付くとは嬉しいです。
クアトロは凄い狭いクラブにすし詰めで蒸し暑くて、メンバーが暑さに耐えかねて(お歳なので)アンコールの曲数が減ったりしたんですよ。
リックがアディダスジャージを本当に愛用してることがわかったり、個人的にもいろいろエピソードがある思いで深い来日でした。

投稿: AWAN渦帝 | 2012年1月14日 (土) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/13190827

この記事へのトラックバック一覧です: ウエイティング・フォー・15イヤーズ ステイタスクオーが街にやってきた:

« いつかクリスマスプレゼントになる。 | トップページ | 憧れの赤対赤 ~レッズ対アントラーズを観る~ »