« 神様と入れ替え戦 | トップページ | 非日常が息をする日常 »

2006年12月10日 (日)

入替戦の戦い方

J1・J2入替戦はJ2ヴィッセル神戸がアウェイゴールの差で勝利しJ1復帰を決めた。
昨日は天気も悪く寒かったので、家族揃って入替戦をテレビ観戦した。
試合はこの日に照準を合わせていたのであろうアビスパが積極的に出る展開となったが、先制点を
奪えないまま、逆に後半に神戸に先制を許す苦しい展開となった。
86分に同点に追いつくものの、もう1点が遠くそのままルールによって敗れた。
ロスタイムに神戸ゴール前で微妙なシーンもあったが、それ以前に敗因は点を取りにいくためのギアチェンジが遅すぎたことだと思う。この試合は開始からギアはあがっていたと思うが、それも1戦目に比較したらという話で、左サイド古賀の存在感が両チームの中で郡を抜いていただけに、もっと貪欲に、もっと早い時間帯でもっとギアをあげていれば先制点は取れたと思う。
まあ、結果論だし、どちらも応援しているチームではないので、この辺にしとこうと思います。
  
もう一つの入替戦、ホンダロックとFC岐阜の対戦スケジュールが決まった。
 第1戦:2006年12月17日(日)13:00
  場所:宮崎県)都農町藤見総合運動公園陸上競技場

 第2戦:2006年12月23日(土・祝)13:00
  場所:岐阜県)岐阜メモリアルセンター長良川球技メドウ

できればメドウには行きたいところだが無理なので、両日は赤と白のシャツを着込んで祈りたいと思う。
ロックの選手達に言いたいことは、このような痺れる試合に出られること、12月下旬までサッカーができることはある意味贅沢なのだから、楽しんで思い切ってやってこいということだ。
監督が変わってからはスコアくらいしか見ていないが、確実に強くなっているのは感じる。だから自信を持って戦え。
ろくに試合を観ていないが、君たちの勝利を確信してる男がココにいる。だいじょうぶ、神様も観にいくって言ってたから。
 
入替戦に勝利してクリスマスプレゼントを勝ち取ろう。そうすれば23日はサンタの格好をした総統がクリスマスプレゼントをくれるかもよ。

さて、徳島は新監督が決まった。経歴を調べてみたがどのくらいの監督なのか正直わからない。
どういう経緯で監督候補にリストアップされたのかもよくわからないのだが、調べている過程で磐田のスカウトに元大塚の監督の石井さんがいるのを発見した。だいぶ老けたなあと感心してしまったが、もしかしたら石井さんが今回の新監督就任に関与しているのだろうかと思ってしまった。
なんなら石井さんも徳島に来てくんないかと思うのだが。

|

« 神様と入れ替え戦 | トップページ | 非日常が息をする日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/13019146

この記事へのトラックバック一覧です: 入替戦の戦い方:

» 神戸が2年ぶりにJ1復帰 Jリーグ入れ替え戦第2戦 [NEWSな言葉]
やりましたね、神戸!! 試合内容では、ほとんど押されっぱなし。 よく勝てました。 [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 01時38分

« 神様と入れ替え戦 | トップページ | 非日常が息をする日常 »