« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月24日 (水)

企業サッカー部の意義 ~ホンダロックサッカー部を一例に~

昨日は仕事を休んだ。先週、子供が胃腸炎を患ったのだが、それが感染したらしく、土曜日に発症。土曜日の夜はかなり酷い状態だった。
 
徳島ヴォルティスは新体制の発表が終わり、いよいよ復権のシーズンに向けて動き出した。
とはいえ、新外国人は詳しくはわからないし(ダ・シルバについてはこのサイトで紹介あり)、練習試合もまだなのでコメントしようがない。

 
で、今回は少し時期を過ぎているが、ホンダロックを中心にJFLや地域リーグで活動する企業サッカー部についてコメントしようと思う。
これは総統がホンダロック降格の検証を書いている最中であることにも関係しているが、彼への反論とか賛成ではなく、企業がサッカー部を通じて地域にどう関われるのかの可能と、企業におけるサッカー部の位置付けについて自分なりの意見を述べようと思う。
 
まず、企業といっても自社ブランドの製品を比較的誰にでも販売できる企業と、そうではない企業がある。
後者には道路建設をする企業から、ホンダロックのように車体パーツを製作する企業など色々である。
もっと細かいとネジ専門の町工場クラスの企業もあるが、このくらいになるとサッカー部のような部活動は通常はないので、今回の記事の対象からは除く。前者の企業の場合、購買層に直接商品や社員が接しているので認知度が高い。人気が高まればその企業のいわゆる城下町への色々な形での貢献ができる。
老若男女問わず、企業が認知されやすい。
ここにその企業がサッカー部の本拠を構えたならば、企業の人気がサッカー部の活動を支えてくれる。
但し、地元におけるサッカー部の人気が企業自体より高くなることはないだろう。
 
後者の場合、道路建設や車の部品は確かに生活に密着しているが、老若男女問わず認知されるとはいかないだろう。
そんな企業が地元にサッカー部の本拠を置いても、そのままでは地元に何も種をまくことはできない。
そこで地元名をチーム名に冠として付けるのがプロやクラブチームのやり方だ。
では、企業サッカー部はどうすべきか?ニックネーム的に地元名を付けることはあっても正式名とするのは稀だ。そこで
1)地元のユース年代のサッカー少年の受け皿になる。つまり就職先となってあげ、新卒労働力として獲得する変わり、サッカーを続ける環境を提供する。
2)地元中学、高校サッカー部の練習相手や練習環境の提供(そこいらの企業より立派な環境の名門校は除く)による強化への貢献。
等が考えられる。
いずれも地道な活動だが、実を結べばサッカー部は企業の看板として地元に認知されるであろう。Jチームが普及活動として色々な形で行っているのはご存知の通りである。
但し、やはり老若男女とはいかないのと効果が出るのに時間が掛るが継続が重要である。
また、この方法は前者が行うと、なお効果的でもある。
 
ホンダロックの場合、会社の規模もあるから、いわゆるユースチームを持つのは難しい。だから少年サッカー教室くらいを不定期に行うとかになると思う。
練習試合の相手ならば今までもやっているだろうし、それこそ宮崎ではいわゆる県の強豪校もロックもお互い様の関係だと思う。
難しいことではない。だが、これ以上を望むのは酷だろう。それを望むならばまず会社がもっと大きくならないと余力がでないだろう。
 
基本的には企業は第一に地元のものではない。
「会社は社員のもの」、「会社はお客様のもの」、「会社は株主様のもの」。
大概はいづれかをいづれかの順位で考えると思う。サポーターだってある意味、お客様の範疇だ。
社員、お客、株主いづれも企業と密接している。より密接度が高いものの順に貢献していくのが企業だと思う。
企業の一部であるサッカー部も例外ではない。
 
それでもロックは会社の経営理念でサッカー部の公式HPで地域密着を掲げている。
宮崎県スポーツ文化向上の一翼を担う。地域密着型で社会的感動を創造し、従業員の起爆剤としての役割、人材育成を目的と掲げている。
他の企業サッカー部も企業スポーツであることを掲げながら、地元のスポーツ振興をそれぞれできる形でやっている。
小さいかもしれないし、目立たないかもしれないが大事な役目をこなしていると思う。
 
ロックサッカー部の公式サイトでJFL降格や、入替戦の敗戦をあまり嘆いていないように見えるのは、私はそれでチームの理念が揺らぐわけではないからだと会社が思っているからだと思う。
理念に基づき、目的を掲げて、そのときやれることをやる。それを継続する。こう考えているのではないか。
 
プレイヤーだって、働きながらサッカーをしたいという(ある種贅沢な)希望を持っている人には企業サッカー部は大事だ。
大塚製薬にもそういう選手がいた。
地元貢献ではないかもしれないが、地元のプレイヤーをそういう形で受け入れて地域サッカーに貢献しているとも言える。
上記の目的は決して絵に描いた餅ではないと思う。
 
今日の結論。
企業サッカー部とは日本のサッカー界を後方からしっかり支援している大事な存在だ。
決して頑強ではないし、背伸びもできない、歩みも遅い、成果もあまり期待できない。でもなくてはならない存在だから、暖かい目で見続けることが大事だと思う。急いてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

ヴォルティス今期に向けて...まず

これは昨日行った豊洲で撮った夕日です。070113_163102

各Jチームがいよいよ始動し始めようという時期になった。
毎年、この時期はあの選手の残留はとか、あの選手は来るのかとか気になるものだ。
とはいえ、残念ながら徳島はまだ大物選手が来てくれるような状況にはない。徳島の出身や、縁の深いの選手としては
現大宮の藤本や、浦和の黒部等の名前が挙がる。徳島サポーターには来て欲しい、せめて最後は徳島でという思いも
あると思う。でも残念ながらその兆候はまだない。J2最下位ではそれもやむを得ない。
しばらくは彼らに来たいと思わせるチームになれるよう努力するしかない。勝つことも重要だが、フロントの体制と仕事、
サポーターを含めた地元の盛り上がりといろいろな面での成長が求められる。
 
というわけで、まずは戦力補強。トライアウト2回目の顔ぶれに掘り出し物はないでしょうか?
柏の宇野沢いますね。もう売れたのかと思ってた。彼は使えますよ。
あと、福岡の有光もどうでしょうか。
中盤はあまり知らない選手多いなあ。
ディフェンスは湘南の城定や、神戸の有村とかはどうだろう。
キーパーは磐田の山本がいるね。
原田や大坪ら元大塚もいる。彼らの能力も判っているが、彼ら自身が戻る気はないんじゃないかなと思う。
でも、現状までの顔ぶれでもFW以外はある程度補えてるように思えるので、あとは外人FWともう一人、今居るFWと
タイプの異なるFWが欲しいなと。宇野沢はうってつけなんだがなあ。
 
サポーターについては歌と、メインのお客さんにも使ってもらえたらというグッズを考えている。
歌は地元サポーターが基本的に考えて実行する優先権があると思う。
イーストのK君が誘ってくれているので、アイディアは考えて提案したいと思う。
グッズは近いうちにサンプルを作って写真を載せたいと思う。
 
今年はJFLで準会員チームも増えそうである。来期のことも考えれば、今期は非常に重要な年になるでしょう。
フロントは確かなビジョンと、確固たる信念と実行を持ってチームを引っ張って欲しいと思う。
関東圏の某名門チームのように無謀な計画で結局赤字を作ったり、それを誰かに責を取らせるようなことにならないようにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

高校サッカーの意味

今年の高校サッカーが終わった。優勝は盛岡商業高校である。
東北の高校サッカー界のドンと呼ばれているらしい斎藤監督の定年を間近にして、盛岡に勝ってほしいと望んでいた関係者ですら、この快挙を大会前に予想できた人はいないのではないでしょうか。
先回の記事で高校サッカーにフィジカルサッカーは向いてないのではと書いたが、盛岡商は相手より走るサッカーをテーマの一つにしており、それを貫いた姿勢により栄冠を掴めた。
勿論、個人技のレベルも高かったがそれを試合終盤でも披露できるベースは高いフィジカルにあるわけで、そういう意味では私の見方に誤りがあった。反省です。
私はJのように整備された環境で、フィジカルを鍛え、それをベースにサッカーを高めた方がより効果的で、高校・ユース年代は基礎も含めた技術向上を主体にしてはと思ったわけで、両立させた斎藤監督には、私ごときがおこがましいが、すごいですねと言わせてください。
おめでとうございます。盛岡商業イレブン。
 
さて、昨日朝の新聞では某有名サッカー評論家が、゛強いチームがいなくなって~低いレベルでの平均化~質的には確実に毎年落ちている~世界に通用する選手に育つ素材はいたのか?~2010以降の日本サッカーが心配゛とか(普段から辛口なのだが)かなり辛口なことを書いていた。言っていることに理解できる部分もあるが、学校教育の側面もある高校サッカーに、サッカーに関する将来のみ取り上げて不安をあからさまに言うのは私は抵抗を感じる。
もちろん彼にとってはサッカーの評論が仕事なのと、サッカーの勝負の価値が文化として日本と大きく異なる国での生まれ育ちがあることがバックボーンにあると思うので、そのことは理解している。
 
クラブチームのユースと違って、勉学も共にし、3年間という限られた時間の中、仲間と練習や試合などを過ごすという経験はたとえ全国大会で優勝するチームであっても、県予選1回戦で敗退するチームであっても、そこから得られることは等しく、甲子園の高校野球と同じで、勝ち負けだけではない部分(テレビで美化され過ぎる傾向はあるが)に観ている側が感動を覚えるというある種の魔法のような魅力がある特別なものに思える。私は高校サッカーは立派な文化なのだと思う。
このことは大事に考えないといけない。高校でサッカーをする人口の方がクラブユースより圧倒的に多く、また高校サッカーを最後に辞める人口も圧倒的に多い。彼らの人生において極めて重要な時間なのだから、勝ち負けだけとか、レベルとかそんなことだけで括っていいはずがない。
優勝した盛岡商業の選手にだって、これでサッカー人生に一区切りをつける選手だっているだろう。
 
Jの歴史が15年ではまだ浅いのかもしれないが、全日本ユースの決勝が8200人で、高校サッカーの決勝が36000人という観衆の差にも表れているように、同じ学校が何校か出ていてもここまで注目度が違うのは何故かということは大事なことだと思う。
今回の大会、私は鵬翔の横山選手のような人材を発見できただけでも日本のサッカーに悲観などしていないし、日本のサッカーの将来を左右するのは高校生たちだけではないし、むしろサッカーを好きな日本人全てが等しく責を負って対処することだと思う。
だから、高校サッカーの意味をよく理解し大事に見守る目を失わないようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

神様と私 ~神様、高校サッカーでやらかす~

”よお、久々じゃのぉ。”
「おや、神様。久しぶりですね。あけましておめでとうございます。」
”おめでとうございます。今年もよろしくじゃ。ところでお年玉はないのか?”
「神様が人間にねだるんですか。普通逆でしょ。」
”年末に総統にエルメのマカロンをやったじゃろ。ワシにもあるんじゃろ。”
「ないですよ。わかりました、そのうち買ってきますから(ホント困った神さまだ。)。話変わりますけど正月はいつも忙しそうですね。」
”正月は神事が目白押しでのぉ。いやいや忙しかっ..ヘックショ!”
「おや、風邪ですか?神様でも風邪をひくんですか。新年早々大変ですね。」
”今日は寒かったからのぉ。まあ、仕事じゃから仕方ないわい。”
「仕事って何処へ行ったんですか?」
”国立じゃよ。準決勝じゃ。2試合ずっとおったのじゃ。”
「へえ、大変でしたね。でも神様が風邪なんかひいて何か悪いこととか起きないんですか?」
”....まぁ、何もおきんじゃろ。”
「....何かありましたね。」
”いや、何も起きとらんよ。”
「ウソでしょ。顔に描いてありますよ。」
”スゴイのぉ。神の顔が読めるのか。”
「何年付き合ってると思ってんですか。」
”ハハハ、確かにのぉ。...いや、ちょっと間が悪かったというか、タイミングが...”
「何です?タイミングって。」
”いや、植田くんがな...”
「植田って、八千代のGKですか?何があったんです?」
”ちょうどな..コーナーキックのボールをパンチングしようとしたときな..”
「くしゃみしたんですか?」
”いや、そのせいかどうかわからんぞ。ただ、気付いたらゴールに入っておった。”
「........(唖然)」
”寒かったんじゃぞ。”
「みんな泣いてましたよ。」
”.......”
「とりあえず、風邪が治らなかったら決勝には行かないでくださいね。」
”そうはいかん。仕事じゃからの。”
「またくしゃみしたらどうするんですか?」
”大丈夫。専用のマスクがあるんじゃよ。”
「へえ、今日それがあればよかったのに。」
”いや、いつも持っとるんじゃ。”
「じゃあ、何で今日しなかったんですか。みんな泣いてましたよ。何考えてんですか。」
”だって、デザインがカッコ悪いんじゃものぉ。”
「そういう問題じゃないでしょぉ。じゃ見せてくださいよ。そんなにカッコ悪いんですか。」
”ホレ...”
「.....カッコ悪る。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校サッカーがゆく先は

年末年始の休みがあけ、4日からまた仕事です。早速小さなトラブルが起きて、少し落ち込み気味です。
 
正月は元旦は家族とディズニーランドへ行き、2日は私の実家、3日は千葉のデパートに行って奥さんの買い物にお付き合いと慌ただしく過ごしました。
 
サッカーはというと、年末は天皇杯、高校サッカーと生観戦でしたが、正月はもっぱらテレビ。でも毎日放送があるので退屈しませんでした。
目玉はやはり八千代高校です。実は奥さんが八千代市内で学校の先生をしているので、八千代高校はいわゆる地元なのです。そんなわけで奥さんも八千代高校を応援しており、家族で八千代高校の試合を見て過ごしました。
奥さんは当初、国見や野洲といった強豪校のブロックなので勝てないと思っていました。が、国見に勝ち、野洲にも勝ったので八千代高校を見る目も変わり、今朝も昼間の試合をビデオに録らないのかとか私に訊いて来ました。
 
八千代高-野洲高の試合はビデオに撮って、夜ゆっくり見ました。
テレビでは実況のアナウンサーが野洲高の山本監督の紹介コメントとして「高校生がロナウジーニョを目指したっていいじゃないですか」と言ったとか、「野洲のサッカーは高校生らしくない」とか誰かが言ったとかをしきりにコメントに使っていました。カンペに頼りきりなのがバレバレで、もう少し自分で考えてコメントしろよと思いましたが、そんな野洲高のサッカーの対戦相手の八千代高も負けずスキルフルなサッカーをしていて、パッと見、野洲と八千代のサッカーに”ベースの部分での”大きな違いは感じられませんでした。 

試合は八千代が先制します。その後は八千代も多少守備が引きましたが、引き過ぎたりせず追加点を狙いますし、野洲も引かれている状況でも早いパス交換を駆使してもう少しで八千代の守備を崩しかけるなど、スリリングな展開が続きます。なにより選手達の正確なロングパスやサイドチェンジ、トラップ、突破等、見どころは次々やってくる非常に面白い試合となりました。

そんな試合中、アナウンサーが前述の「高校生がロナウジーニョを・・・」とまた発言したとき、ふと思いました。
「高校生だもんな。みんな本当は野洲みたいなサッカーやりたいんだろうな。」と。
奥さんに意見をぶつけると、近い年代の子供たちを毎日見ている立場として同じ意見でした。
今の高校生にフィジカルサッカー(という表現が正しいかは別として)なんて、本当は向いてないのかもね。時代が変わりつつあるのかなと思いました。
 
高校生らしいサッカー(前述)ってなんだろう。それこそ、大人が考える高校生サッカーの押し付けでしかないんじゃないのかなと。バルセロナが人気があるのと、野洲高のサッカーが結果を出したことと、八千代高みたいに同じようにスキルフルなサッカー高が台頭してくるのとは無関係ではないんじゃないかなと。
 
別にフィジカルサッカーを否定するわけじゃないし、高校生みたいに身体が出来上がっていない年代で本当のフィジカルサッカーなんてできないし、いわゆるそういう高校のサッカーだって、実は結構スキルフルなのに、他より良く走ることができるという利点を持っているからそう言われるだけという場合もある。
ただ、この2校の試合が、この両校が対戦したらどうなるだろうという事前の期待に負けない好試合となっているのを見ると、今後の高校サッカーはこういうサッカーが潮流になっていくのが自然なのじゃないかなと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 1日 (月)

総統とゆく年末高校サッカー

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もアワン渦帝のブログをよろしくお願いします。
 

Sn340380 初日の出の写真が撮れました。

 
年末といえばといえば紅白...、じゃない高校サッカーですね。
大晦日は盟友の宮崎ショックボーイズ総統と柏の葉競技場に高校サッカーを観にいきました。
私のお目当ては八千代-国見ですが、総統は第2試合の宮崎県代表鵬翔高校がお目当て。
宮崎愛あふれる総統なら当然です。
総統はお后(きさき)と王子が帰省中とのことでロンリーオヤジなのだそう。ロックも降格し、寒風が心にしみる総統をおもてなしするようにと私めの賢妻はご馳走代を出してくれました。
てなわけで総統とゆく高校サッカーin柏の葉。
 
さて柏駅で総統と合流、私の車で柏の葉へ向かいましたが、競技場周辺は大渋滞。しかしながらそこは地元。
抜け道を駆使して競技場に近づきましたが、なんと駐車場は満車。Jの試合では使用していない広い駐車場まで満車とのこと。1回戦屈指の好カードですから人出もハンパじゃないことに気付きますが、この時点でもまだ人出を甘く見ていました。
公園の駐車場を断念した私たちは地の利を活かし、遠くからの方があまり知らない公園裏手の大型洋品店の駐車場をお借りしまして競技場へ。駐車待ちのみなさんスミマセンネ。
公園の裏手から競技場へ向かうと、メインスタンドにぎっしり人が入っているのが見えました。こりゃスゴイことになってナイ、と総統と語らいながら歩いているうちに競技場に着きました。既に試合は始まって20分近く過ぎていました。
柏の葉競技場はメインスタンドはもちろん、ホームゴール裏からバックスタンドまで、Jリーグ開催時以上にギッシリと人が詰まっていました。こりゃスゴイ。軽く1万人はいます(今朝の新聞で17000人だったと判明)。

Kasiwanoha  

 

ホームゴール裏の一角に席を決め、観戦開始。総統は焼酎を取り出し飲み出します。周りの人にも配り、すぐに隣の人と意気投合。これが総統の真骨頂。永年この人を追い越すために頑張っているが、こうゆうとこは勝てません。
試合は総統の飲みと同じように快調に攻守が切り替わりながら進みます。前半、八千代高校は国見のフィジカルの強さを活かしたサッカーに呑まれるような展開に苦戦。しかしながら後半になると八千代が山崎を中心に好機を度々作りました。しかしながらゴールが遠い。隣で総統は「アーッ!」とか叫んでいます。
車で来ているので飲めない私は隣でお茶をすすりながら冷静に試合を読んでいました。元々八千代有利と読んでいた私にとって前半は少し予想外でしたが、後半は想定通り。しかし最後まで点が入らなかったのが予想外でした。
結局PK戦で八千代高校が勝利。国見高校は初の1回戦負け。総統は「コミネさんはVファーレンに夢中だから。」
とか言ってました。
 
そして総統お目当ての第2試合。宮崎県代表鵬翔高校と福島県代表尚志高校の対戦。
驚いたのは第1試合が終わっても半分近く観客が残っていたこと。柏の人っていつのまにかこんなにサッカー好きになったんだあ。総統とも「Jリーグが目指す風景の一つだね」と2人で感心。
徳島もこうなってほしいね。
 

Sn340377
試合は鵬翔のペースで進みます。そんな鵬翔のイレブンに私は逸材を発見。
1年生ながらスタメン、ストッパーを務める横山文也。身長185センチの大型の体躯はひと際目立ちます。
尚志の前線へのフィードにはほとんど競り勝って跳ね返します。体の入れ方や相手をブロックする技術も高校生レベルではありません。調べるとU-16代表に選ばれていることが判明。
私はいつのまにか「あの20番すごいよ。素晴らしい。」と総統に興奮気味に何度も話しかけていました。
試合は翔鵬が何度も絶好機を迎えながらゴールを決められず、またもやスコアレスのままPKへ。
そして鵬翔は惜しくも敗れました。

Sn340378 左写真中央の長身が横山選手です。
 
夕食に向かう車中で総統が宮崎関係のサッカー友人に横山選手の話をすると、既に地元では有名らしく、既にガンバが接触済みというウワサも。U-16にも選ばれてるものなあ、当然Jのチームチェックしてるよなあ。
アワン渦帝、久々にサインが欲しくなった選手を見つけました。みなさん、横山文也、覚えておきましょう。
 
さて、その後南柏で総統としゃぶしゃぶを食しながら、サッカーから野球、いろいろな話題で語らい今年を締めくくりました。
総統、来年は(てゆうか今年は)いい年になるといいね。
 
そんな総統が教えてくれたエイちゃん伝説~~~~!!ヨロシク。
 
エイチャンがロックフェスに出演。共演はあのレッド・ホット・チリペッパーズ。
初めてレッド・ホット・チリペッパーズを観たエイちゃんはスタッフにこう感想をいいました。
(この後はエイちゃんのものまねで読んでください。)
 
 
「あのホッチリいいね。ホッチリ。」
 
 
以後、エイちゃんの周囲ではホッチリで通っているとのこと。
誰か教えてやってくれ~!!
 
新春。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »