« 高校サッカーの意味 | トップページ | 企業サッカー部の意義 ~ホンダロックサッカー部を一例に~ »

2007年1月14日 (日)

ヴォルティス今期に向けて...まず

これは昨日行った豊洲で撮った夕日です。070113_163102

各Jチームがいよいよ始動し始めようという時期になった。
毎年、この時期はあの選手の残留はとか、あの選手は来るのかとか気になるものだ。
とはいえ、残念ながら徳島はまだ大物選手が来てくれるような状況にはない。徳島の出身や、縁の深いの選手としては
現大宮の藤本や、浦和の黒部等の名前が挙がる。徳島サポーターには来て欲しい、せめて最後は徳島でという思いも
あると思う。でも残念ながらその兆候はまだない。J2最下位ではそれもやむを得ない。
しばらくは彼らに来たいと思わせるチームになれるよう努力するしかない。勝つことも重要だが、フロントの体制と仕事、
サポーターを含めた地元の盛り上がりといろいろな面での成長が求められる。
 
というわけで、まずは戦力補強。トライアウト2回目の顔ぶれに掘り出し物はないでしょうか?
柏の宇野沢いますね。もう売れたのかと思ってた。彼は使えますよ。
あと、福岡の有光もどうでしょうか。
中盤はあまり知らない選手多いなあ。
ディフェンスは湘南の城定や、神戸の有村とかはどうだろう。
キーパーは磐田の山本がいるね。
原田や大坪ら元大塚もいる。彼らの能力も判っているが、彼ら自身が戻る気はないんじゃないかなと思う。
でも、現状までの顔ぶれでもFW以外はある程度補えてるように思えるので、あとは外人FWともう一人、今居るFWと
タイプの異なるFWが欲しいなと。宇野沢はうってつけなんだがなあ。
 
サポーターについては歌と、メインのお客さんにも使ってもらえたらというグッズを考えている。
歌は地元サポーターが基本的に考えて実行する優先権があると思う。
イーストのK君が誘ってくれているので、アイディアは考えて提案したいと思う。
グッズは近いうちにサンプルを作って写真を載せたいと思う。
 
今年はJFLで準会員チームも増えそうである。来期のことも考えれば、今期は非常に重要な年になるでしょう。
フロントは確かなビジョンと、確固たる信念と実行を持ってチームを引っ張って欲しいと思う。
関東圏の某名門チームのように無謀な計画で結局赤字を作ったり、それを誰かに責を取らせるようなことにならないようにね。

|

« 高校サッカーの意味 | トップページ | 企業サッカー部の意義 ~ホンダロックサッカー部を一例に~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/13493744

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォルティス今期に向けて...まず:

« 高校サッカーの意味 | トップページ | 企業サッカー部の意義 ~ホンダロックサッカー部を一例に~ »