« 総統とゆく年末高校サッカー | トップページ | 神様と私 ~神様、高校サッカーでやらかす~ »

2007年1月 6日 (土)

高校サッカーがゆく先は

年末年始の休みがあけ、4日からまた仕事です。早速小さなトラブルが起きて、少し落ち込み気味です。
 
正月は元旦は家族とディズニーランドへ行き、2日は私の実家、3日は千葉のデパートに行って奥さんの買い物にお付き合いと慌ただしく過ごしました。
 
サッカーはというと、年末は天皇杯、高校サッカーと生観戦でしたが、正月はもっぱらテレビ。でも毎日放送があるので退屈しませんでした。
目玉はやはり八千代高校です。実は奥さんが八千代市内で学校の先生をしているので、八千代高校はいわゆる地元なのです。そんなわけで奥さんも八千代高校を応援しており、家族で八千代高校の試合を見て過ごしました。
奥さんは当初、国見や野洲といった強豪校のブロックなので勝てないと思っていました。が、国見に勝ち、野洲にも勝ったので八千代高校を見る目も変わり、今朝も昼間の試合をビデオに録らないのかとか私に訊いて来ました。
 
八千代高-野洲高の試合はビデオに撮って、夜ゆっくり見ました。
テレビでは実況のアナウンサーが野洲高の山本監督の紹介コメントとして「高校生がロナウジーニョを目指したっていいじゃないですか」と言ったとか、「野洲のサッカーは高校生らしくない」とか誰かが言ったとかをしきりにコメントに使っていました。カンペに頼りきりなのがバレバレで、もう少し自分で考えてコメントしろよと思いましたが、そんな野洲高のサッカーの対戦相手の八千代高も負けずスキルフルなサッカーをしていて、パッと見、野洲と八千代のサッカーに”ベースの部分での”大きな違いは感じられませんでした。 

試合は八千代が先制します。その後は八千代も多少守備が引きましたが、引き過ぎたりせず追加点を狙いますし、野洲も引かれている状況でも早いパス交換を駆使してもう少しで八千代の守備を崩しかけるなど、スリリングな展開が続きます。なにより選手達の正確なロングパスやサイドチェンジ、トラップ、突破等、見どころは次々やってくる非常に面白い試合となりました。

そんな試合中、アナウンサーが前述の「高校生がロナウジーニョを・・・」とまた発言したとき、ふと思いました。
「高校生だもんな。みんな本当は野洲みたいなサッカーやりたいんだろうな。」と。
奥さんに意見をぶつけると、近い年代の子供たちを毎日見ている立場として同じ意見でした。
今の高校生にフィジカルサッカー(という表現が正しいかは別として)なんて、本当は向いてないのかもね。時代が変わりつつあるのかなと思いました。
 
高校生らしいサッカー(前述)ってなんだろう。それこそ、大人が考える高校生サッカーの押し付けでしかないんじゃないのかなと。バルセロナが人気があるのと、野洲高のサッカーが結果を出したことと、八千代高みたいに同じようにスキルフルなサッカー高が台頭してくるのとは無関係ではないんじゃないかなと。
 
別にフィジカルサッカーを否定するわけじゃないし、高校生みたいに身体が出来上がっていない年代で本当のフィジカルサッカーなんてできないし、いわゆるそういう高校のサッカーだって、実は結構スキルフルなのに、他より良く走ることができるという利点を持っているからそう言われるだけという場合もある。
ただ、この2校の試合が、この両校が対戦したらどうなるだろうという事前の期待に負けない好試合となっているのを見ると、今後の高校サッカーはこういうサッカーが潮流になっていくのが自然なのじゃないかなと思うのです。

|

« 総統とゆく年末高校サッカー | トップページ | 神様と私 ~神様、高校サッカーでやらかす~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/13349827

この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカーがゆく先は:

» 八千代、快進撃!! [釣れづれなるままに]
3回戦 結果&戦評 2007年1月3日 野洲が八千代に敗れる 静学、神村学園など8強 今年の高校サッカー 私の出身の千葉代表が快進撃です。 全国の注目を集める野洲高校を下して優勝が見えてきました。 野洲と言えば個人技をドリブル・ショートパスを主体とする“セクシーサッカー” 率いる山本監督の考えには共感でき、それをここまで実践・大成してきた事には大変感銘を受けます。 また、この日の敗戦後... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 12時52分

« 総統とゆく年末高校サッカー | トップページ | 神様と私 ~神様、高校サッカーでやらかす~ »