« 神様と私 ~神様、高校サッカーでやらかす~ | トップページ | ヴォルティス今期に向けて...まず »

2007年1月10日 (水)

高校サッカーの意味

今年の高校サッカーが終わった。優勝は盛岡商業高校である。
東北の高校サッカー界のドンと呼ばれているらしい斎藤監督の定年を間近にして、盛岡に勝ってほしいと望んでいた関係者ですら、この快挙を大会前に予想できた人はいないのではないでしょうか。
先回の記事で高校サッカーにフィジカルサッカーは向いてないのではと書いたが、盛岡商は相手より走るサッカーをテーマの一つにしており、それを貫いた姿勢により栄冠を掴めた。
勿論、個人技のレベルも高かったがそれを試合終盤でも披露できるベースは高いフィジカルにあるわけで、そういう意味では私の見方に誤りがあった。反省です。
私はJのように整備された環境で、フィジカルを鍛え、それをベースにサッカーを高めた方がより効果的で、高校・ユース年代は基礎も含めた技術向上を主体にしてはと思ったわけで、両立させた斎藤監督には、私ごときがおこがましいが、すごいですねと言わせてください。
おめでとうございます。盛岡商業イレブン。
 
さて、昨日朝の新聞では某有名サッカー評論家が、゛強いチームがいなくなって~低いレベルでの平均化~質的には確実に毎年落ちている~世界に通用する選手に育つ素材はいたのか?~2010以降の日本サッカーが心配゛とか(普段から辛口なのだが)かなり辛口なことを書いていた。言っていることに理解できる部分もあるが、学校教育の側面もある高校サッカーに、サッカーに関する将来のみ取り上げて不安をあからさまに言うのは私は抵抗を感じる。
もちろん彼にとってはサッカーの評論が仕事なのと、サッカーの勝負の価値が文化として日本と大きく異なる国での生まれ育ちがあることがバックボーンにあると思うので、そのことは理解している。
 
クラブチームのユースと違って、勉学も共にし、3年間という限られた時間の中、仲間と練習や試合などを過ごすという経験はたとえ全国大会で優勝するチームであっても、県予選1回戦で敗退するチームであっても、そこから得られることは等しく、甲子園の高校野球と同じで、勝ち負けだけではない部分(テレビで美化され過ぎる傾向はあるが)に観ている側が感動を覚えるというある種の魔法のような魅力がある特別なものに思える。私は高校サッカーは立派な文化なのだと思う。
このことは大事に考えないといけない。高校でサッカーをする人口の方がクラブユースより圧倒的に多く、また高校サッカーを最後に辞める人口も圧倒的に多い。彼らの人生において極めて重要な時間なのだから、勝ち負けだけとか、レベルとかそんなことだけで括っていいはずがない。
優勝した盛岡商業の選手にだって、これでサッカー人生に一区切りをつける選手だっているだろう。
 
Jの歴史が15年ではまだ浅いのかもしれないが、全日本ユースの決勝が8200人で、高校サッカーの決勝が36000人という観衆の差にも表れているように、同じ学校が何校か出ていてもここまで注目度が違うのは何故かということは大事なことだと思う。
今回の大会、私は鵬翔の横山選手のような人材を発見できただけでも日本のサッカーに悲観などしていないし、日本のサッカーの将来を左右するのは高校生たちだけではないし、むしろサッカーを好きな日本人全てが等しく責を負って対処することだと思う。
だから、高校サッカーの意味をよく理解し大事に見守る目を失わないようにしたい。

|

« 神様と私 ~神様、高校サッカーでやらかす~ | トップページ | ヴォルティス今期に向けて...まず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/13413781

この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカーの意味:

« 神様と私 ~神様、高校サッカーでやらかす~ | トップページ | ヴォルティス今期に向けて...まず »