« バースデープレゼントはヴォルティス開幕戦 | トップページ | インテルっていったらアンブロ、ではヴォルティスは? »

2007年2月18日 (日)

Jリーグの開幕はすぐそこに

今日は日立台にサッカーを観にいった。レイソル対ジェフ、ちばぎんカップである。いよいよ球春ですか?ちょっと言葉の本来の使われ方と違うけど。
あいにくの雨。シーズンの最初から雨というのは記憶にない。降っても大概試合臨みたい時にはあがっていることが多かった。
 
Chibagincup1 プレシーズンの冠試合(ちばぎんカップみたいなスポンサー名の入った試合)は練習試合という見方もできるが、本番へ向けた総仕上げという意味で、サポーターにとっても気合いのスターターとなる。
徳島でも四国ダービーをそういう形でできると、シーズンに入るモチベーションを高められるのでいいのではないか。
どこかの企業が検討してくれないものか?
 
さて、今日はバックスタンドで観る立場なので、試合の観察感を取り戻すのが今日の私の目的。フォーメーション、戦術、個人の調子、それらを無意識に気付けるようにしていく。
 
Chibagincup2 スタジアムは悪天候なのに1万人以上入り、日立台は実質満員である。ファンの柏レイソルへの期待の高さが伺える。
ジェフサポーターも大勢きている。
試合は巻ら代表組を欠きながら運動量を主武器にジェフが優位に試合をスタートしたが、次第に柏がリズミカルなパスワークで試合を支配していく。雨でボールが思うように走らないことで苦しむが、柏はやりたいことがハッキリ見えてくる。フランサのマジカルなボール捌きはため息モノで、これが柏のサッカーのリズムの中心になっている。

Chibagincup3 逆にジェフは代表組不在であることを差し引いても完成度が低く、セットプレーから先制しても、あとは後ろから前線の黒部、新居に蹴り出すだけでサイドを使えない。
後半はジェフサイドで柏が攻め続ける展開となり、早々と同点にすると、その後、去年愛媛で成長した菅沼が逆転ゴールを決めて柏が勝ちした。
 
試合はなかなか楽しめた。観察感は60点くらいか。雨も後半にはあがったので良かった。
同日ヴォルティスは佐川急便に苦戦しながら勝ったようで、仕上がりには?がつくが、開幕が楽しみになってきた。

Jの開幕はもうすぐそこである。

|

« バースデープレゼントはヴォルティス開幕戦 | トップページ | インテルっていったらアンブロ、ではヴォルティスは? »