« イタリアサッカーを思う虚しさ | トップページ | ヴォルティス開幕スタメンを考えました。 »

2007年2月 7日 (水)

私がヴォルティスのために戦う原動力

今日2度目の投稿である。理由は子供が熱を出してしまい看病で家にいて暇だからである。

久びさのヴォルティスの記事を書いてみる。 
今日のエルゴラに徳島の宮崎キャンプの記事があった。内容は一昨日の鹿屋体育大との練習試合について。
エルゴラにこんなに大きく載るとは。ちょっぴり感動してしまった。もう少しチームに自信を持つべきだな。
 
記事から読む限りは、まだまだ調整段階のようだ。
今井監督はどのようにチームを変えてくれるか?
ディフェンスも河野、青葉、丹羽ら新加入組により、まさに刷新といった感じ。去年、谷池、井手口、辻本らは期待に答えられなかったが、今年はどうか?玉乃の抜けた中盤で試合を創るのは誰か?
新外国人のクレベルソンはどんな選手なのか?
こんなにも未知の部分が多いと開幕が楽しみであり、不安でもある。
 
Soul「よくやっている。」、「もう少しやれると思った。」
これは去年のイーストの忘年会で元大塚のマネージャーだったH君が去年の徳島のクラブや選手を評した時に出てきた言葉。口癖っぽい部分もあるが、私は正直に言って的を得た評価だったと思う。
だが今年は良い意味で「予想外だった」とか「これくらいは当たり前」とか言われるようになって欲しい。
そうなるには現時点のチーム力だと少し時間が必要だが、そうなれると信じているからサポートできるのだ。
去年はサポーター仲間もチームの予想外の不振のために、内外色々なことで悩み苦しんだと思う。正直言って今年も苦しい序盤戦になるだろう。もしかしたら一年何も変わらないまま終わるリスクもある。
だが今年は失うものはない。時間は掛かっても陽は必ず昇ってくる。それが徳島のために戦う原動力。今年も頑張ろう。
 
開幕参戦のため、現在調整中です。翌週の敷島との連戦参戦も視野に入れています。
自分の中で徐々にですが関東隊魂が戻ってきつつあるように感じます。
ヴォルティス関東隊ってグループは今はないけど、やっぱり自分って関東隊だなって最近思います。それが自分自身でもあるし、これもまた徳島のために戦う原動力になっている気がします。
 
ヤフートラベルで検索したら1泊2日で2万5千円(徳島プリンスかクレメント)のツアーあります。去年のダービーもそれで行ったっけ。

 

 

Sn340421 P.S 我が家に探偵さん来訪。御用は何?

|

« イタリアサッカーを思う虚しさ | トップページ | ヴォルティス開幕スタメンを考えました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/13823100

この記事へのトラックバック一覧です: 私がヴォルティスのために戦う原動力:

« イタリアサッカーを思う虚しさ | トップページ | ヴォルティス開幕スタメンを考えました。 »