« インテル、ミラノダービーに連勝でスクデットへ一直線 | トップページ | ランディ・ローズがアイドルだった頃 »

2007年3月18日 (日)

ヴォルティスの立ち位置

J2第3節 徳島 0-3 札幌

昨日は一日休日出勤で試合を生で観ることができなかった。
今朝になってビデオで観ているのだが、試合の結果も、レポートも読んだ後では3失点もした負け試合をどう観るかは難しい。
大島はなぜハーフで交代なのか。片岡が言っていた「勝ちたい気持ちで...」とはどういうことなのか。
当然、生で観るときと視点が変わる。
 
開幕戦の記事で書いた中に、今のままでは昇格を争うチームに勝つのは難しいと書いた。
札幌も決して好調ではないようだったが、徳島と違い、個の力に長けた選手(外人も含む)の存在や、チームとしてのしたたかさが徳島よりあった。というより徳島にはそれがない。唯一、羽地の強さくらいが徳島の武器か。
攻撃が、特に中盤が組み立てられず、バックからのロングボールだけではどうしようもない。
後半は全くノーチャンスだった。
観ていて感じたのは、センターの中盤が上がっていくのが遅いということ。組み立て役がいないように見えた。
本来はダシルバがその役目なのだろうが、彼は球離れが早いというか、タメを作れない(作れていない)。
もう少し押し上げをしてくれないと前線は苦しいだろう。
サイド攻撃主体のチームのはずだが正直両サイドは力不足だ。
  
守備面でも軽率なミスが目立った。バックが持ちすぎたり注意不測でボールを奪われたり、島津が危うくダヴィに奪われそうになったりと、開幕からの2試合でそこそこいい結果が出たために、おそらく無意識のうちに気が緩んだのだろう。
これは何も徳島クラスのチームの特徴ではなく、どんなチームにもあることだ。
自分達の立ち位置を札幌に教えてもらったつもりで、次の試合への授業料として活かしてもらいたい。
次は京都だ。今の時点で札幌とどっちが強いかはまだ言えないが、したたかさは同様に備えているので、同じミスをしたら同じ大敗をするだろう。
 
クレベルソンを初めて見たが、この試合を見る限りでは大島の方がいい。
積極性、守備への貢献、スピード、いづれもまだレベル的に武器にはならない。もう少し時間と見極めは必要だろうが。
 
まあ、ツラツラ厳しいことを書いたが、まだ序盤である。
キャンプでやってきたことを結果度外視でやっていい時期なので、切り替えて京都には思い切ってぶつかっていけばいい。
 
解説が田淵龍二だったね。ちょっとぎこちない解説だったけど。

|

« インテル、ミラノダービーに連勝でスクデットへ一直線 | トップページ | ランディ・ローズがアイドルだった頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インテル、ミラノダービーに連勝でスクデットへ一直線 | トップページ | ランディ・ローズがアイドルだった頃 »