« ヴォルティスの立ち位置 | トップページ | 求む!コンダクター »

2007年3月21日 (水)

ランディ・ローズがアイドルだった頃

3月19日というと皆さんは何か特別な日でしょうか。
私にはかつて特別な日でした。
 
ランディ・ローズという名前を聞いたことありますか?
今から26、7年前に活躍したロックギタリストの名前です。
 
ランディはクワイエット・ライオットというバンドでロックシーンにデビューしましたが、このバンドは成功せず、その後、オジー・オズボーンというロック史に名を残すヴォーカリストに見い出され、彼のバンドに加入します。
そして1980年、オジー・オズボーンバンドの1stアルバム「ブリザード・オブ・オズ」で彼は鳥肌がたつような流麗で美しいギターサウンドを披露して、一躍注目の的となりました。
その後、2ndアルバム「ダイアリー・オブ・ア・マッドマン」でも見事なテクニックに攻撃的なサウンドセンスを加味した素晴らしいギタープレイを披露、さらに人気を高めていきます。
しかし、1982年3月19日、つまり25年前の3月19日に彼は急死しました。
演奏ツアー中に乗った遊覧飛行のセスナ機が墜落したのです。
バンドのメンバーの目の前で起きた悲劇でした。彼はまだ25歳でした。
 
私は当時中学生でした。小学生の頃からハードロックにはまっていた私は、ランディのことは雑誌で名前を知っていましたが、当時そんなに小遣いのない身分で買えるレコード(まだCDは世に出ていない)数は限られていたので、彼のレコード(前述の「ダイアリー~」を買ったのは亡くなってから数ヶ月後でした。
当時の私は本当にハードロック/ヘヴィ・メタル一直線の少年で、サッカーは学校の体育でやる以外接点がありませんでした。
 
当時受けた衝撃は言葉にするのが困難です。でも同世代の人で彼のギターにハマった人でしたら判ってもらえると思います。
その証明というか、皮肉にも彼の死後、日本のハードロックファンの間ではランディブームが巻き起こり、オジーのバンドの未発表音源(ランディがプレイしているもの)、彼が使用していたギターのレプリカや、彼のギターのメーカー、写真集等いろいろなものが世に出て、私もそれらを集めました。

レコードはそれこそ毎日聞いていました。部屋にポスターも貼りました。偶像に少しでも近づこうとするように。ランディは私にとってアイドルだったんです。そういう人が私以外にもかなりいました。その人達にとってもランディはアイドルでした。

殆どの日本人ロックファンがランディに会ったことがないという神秘性も相まって、一人のギタリストという存在を超越した神々しいものへと昇華していきました。雑誌のランキングでは10年近くギタリスト部門の上位に名前があり続けました。
 
ですから、毎年3月19日が近づくと「ああ、また3月19日が来た。」といって、ランディのレコードを掛けていたものでした。
ここ10年ほどは忙しいこともり、またサッカーにハマっていたこともあり、ランディの命日は次第に気がつくと過ぎていたものになっていました。
時々CDで彼のプレイは聞いていましたが...。
 
そんな日常の中、先日、ある雑誌を手に取りました。

Burrn!というハードロック専門誌があります。以前は毎月買っていたのですが、最近は1年に1冊買えばいいほうでした。
でも、今月発売号にランディの記事が載っているのに書店で気付きました。
なんかすごく懐かしい感覚を覚えました。ああ、ここにも古い付き合いがまだあったなと。
80年代という自分が青春を過ごした時代の象徴の一つだったランディ。
もう25年も経ったのか、生きていれば50歳か、ランディの50歳は想像できないなあと。
 
今日は帰る道すがら、ランディ時代のオジーの曲を鼻歌で歌いながら帰ってきました。結構覚えているものです。
ギターソロの音一つ一つも思い出せて、あの頃は楽しかったなあと感慨にふけったのでした。

少しご無沙汰してたけど、ランディが久しぶりに帰ってきて「やあ」と声を掛けてくれたような気になった3月19日でした。

|

« ヴォルティスの立ち位置 | トップページ | 求む!コンダクター »

コメント

はじめまして。

ブログみて僕もギターにはまっていたあの頃を思い出しました。
学生時代は毎日弾いていたギターも今では年に数回触る程度。弦もえっと張り替えてないな。けど手にした時、必ず弾くのは「I don't know」「Crazy Train」懐かしいな。またギターを手にとってみようかと思いました。

投稿: khky-kou | 2007年3月21日 (水) 08時06分

コメントありがとうございます。
何年経ってもランディの顔を見ると、あの頃の自分に戻れて、会ったこともないランディが隣にいるような気分になれるのは何故でしょうね。
私は「Over The Mountain」「S.A.T.O」が最初好きでした。
「GoodBye To Romance」も素敵ですよね。

投稿: AWAN渦帝 | 2007年3月21日 (水) 09時22分

はじめまして。ランディローズは、ルックス+メロディの良さで日本人のハートをワシ掴みにしましたね。昔、伊藤政則のラジオで1周忌の特別番組してました。スタジアムで、「S.A.T.O」とか流したら選手もサポもテンション上がると思いますが・・・。

投稿: フリーバード | 2007年3月21日 (水) 12時46分

「S.A.T.O」掛けるのは悪くないかもしれませんね。
選手紹介でメタルを掛けるケースはかなりありますね。

投稿: AWAN渦帝 | 2007年3月23日 (金) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティスの立ち位置 | トップページ | 求む!コンダクター »