« ランディ・ローズがアイドルだった頃 | トップページ | そろそろ”ヴォルティスの尻”に火を灯けて »

2007年3月25日 (日)

求む!コンダクター

J2第5節 サガン鳥栖 1 - 0 徳島

今月は仕事がすごく忙しい。
先週も毎日10時頃や過ぎに仕事を終える日ばかり。水曜も休みだったが休んだような気分になれないままだった。
京都戦のビデオを観る時間もなく、とうとう今日になった。
しかたがないので、今朝観てそのまま今日の試合を観ようと決めた。
 
最初に京都戦の感想からいくと、愛媛や草津戦ほどプレスプレスではなかったなと。
これは相手にもよるんだどろうけど、少し疲れがでてきて落ち着き始めたかなと感じた。
ただ、攻撃での形がいまだ曖昧なのが気になるところで、得点こそサイドからのクロスに羽地が見事に合わせたが、売りにしたいはずのサイド攻撃は正直言ってチェンスメークできていない。
今一番いい形としては、やはり羽地に預けて基点にし、近い位置で大島、片岡、小山、ボランチにどちらかが絡む形が現実的なような気がする。
もっともこれでは羽地に依存度が高すぎてすぐに相手に研究されてしまうだろう。
とにもかくにも、そろそろ何とかきっかけを掴みたい。
 
さて鳥栖戦。コールをイーストのヒゲくんがやってるのにはちょっと驚いた。
彼の貢献度の高さは正直驚異的なものがある。もっとリスペクトされてもいい。
 
試合は京都戦と非常に似た展開になる。
プレスの程度もそうだが、相手のクロスへのマークとか自軍ゴール前の競り合いで時々決定機を許すところもとても似ている。
前線からの守備が改善されたことで、パフォーマンスが去年より安定しているのだが、まだまだ改善すべきところが多い。
センターの守備はかなり改善されているが、サイドの守備、特に右サイドの守備はかなりやばい。札幌戦でもそうだが、サンウを使うのであればそのリスクをやわらげる方策が必要だと思うし、サンウ自身が克服しなきゃならない課題である。
でなきゃ換えるなりの決断をしなきゃならなくなる。
 
今日の失点は相手が見事だったこともあるが、引き過ぎている時間が長すぎたことがそもそもの原因だと思う。
相手が前線からのプレスを予測してボール展開を早くしていることでプレスがあまりかからず、ディフェンスが下がってしまったのだが、問題はそれよりも、下がった位置でボールを奪っても、そこから前線はへのつなぎが雑でフィードを相手に奪われてしまうケースが多く、バックが押し上げる前にまた相手が攻めてくるの繰り返しになっていたことにある。これではきつい。
 
奪ってからの攻撃の形ができていない。もちろんそれが今期改善の第1テーマではないであろうことはわかっている。
しかしながら、サッカーは守備あるゆえの攻撃であり、攻撃あるゆえの守備である。
速攻のケースでも、前線にFW一人にマーカー2人いる場所へアーリークロスを放り込んでも打開できるケースは少ない。
やはり誰か攻撃のコンダクター役が必要だ。
悲しいが、相手にユンジョンファンがいるのが羨ましく感じてしまった。
ボールは奪えているがそこまで。それが今の徳島の現状だ。
 
きついコースにパス通そうとしたり、きつい守備を強引に突破しようとしたり、単純なパスミスしたりとかも目立ったが、これも前述のように形をなさない攻撃に原因の一部があるように思える。
 
もし、コンダクター役に適任が見つからなければ、もっと運動量を増やし、攻守両面で走りまくることだ。
スペースを狙い続けるとか、フリーになれる位置を確保してボールを受けることを徹底すれば、単純なミスの発生率はかなり下がるはずだ。
といってもそれが一番難しいんだよね。それが試合中できるチームって世界中探しても多くないでしょ。まして1年もの間なんて無理。
 
やはりコンダクター役は必要だ。現状で候補者の名前がパッと出てこないことが悲しい。
次節はホーム。そろそろ2勝目が欲しい。辛抱だけではキツイ。
シュート1本じゃ、辛抱にすらならない。

|

« ランディ・ローズがアイドルだった頃 | トップページ | そろそろ”ヴォルティスの尻”に火を灯けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランディ・ローズがアイドルだった頃 | トップページ | そろそろ”ヴォルティスの尻”に火を灯けて »