« 07鳴門開幕記(2) Re.ヴォルティスの朝、鳴門では | トップページ | サッカー三昧週末記 (07鳴門開幕記のおまけ) »

2007年3月 4日 (日)

07鳴門開幕記(3) 決戦四国ダービー

14時キックオフ。
試合は支配権を握ろうとお互いに積極的に仕掛ける中、徳島ヴォルティスが前線からのプレスを発揮して主導権を握る。
変わった。徳島の選手達の出足が早い。FWから相手DFへのチェックも積極的に行われている。
何より、徳島の選手達がほとんど倒されない。フィジカルの効果が早くも今日出ているのか。
ボールへの出足も早い。身体だけでなく気持ちも高まっているようだ。
 
Goalura 愛媛の選手達は余裕を失って、思うように攻撃を展開できないでいる。
パスミスが目立ち、守備的中盤ですら簡単に前を向かせてもらえない。こんな感じだからボールもつながらない。よって、持ち味の”走る”が活かせない。
愛媛のベンチの動きに目にいく。愛媛の望月監督がコーチングエリアの端でほとんど出ずっぱりで指示を出し続けているのだ
このことは、愛媛の戦い方が混乱していることをハッキリ示している。
愛媛サイドへ押し込んだまま試合をする時間が続いていく。
時折愛媛がボールを奪っても前線へロングボール中心であり、CB河野が跳ね返し、相手の看板FW田中俊也に仕事をさせない。

 
だが、点が決まらない。羽地が決定機に幾度か絡んだが、ゴールネットが揺らせない。
それに中盤の軽率なパスミスが散見され、それが時々攻撃を寸断してしまう。こういうところはまだあまり改善されていないか。
こういう展開が続くとよくない。なんとか点を取りたい。
そんななか初めてのコーナーキックから羽地が先制点を奪う。待望のホームでのダービー初得点だ。
盛り上がるゴール裏。だがまだ1点である。喜ぶのは早い。
もう1点欲しい。運動量が落ちる前に。
 
愛媛の望月監督は思うにならない展開に早くも選手交代を行う。中村という小柄な選手が入った。どういう選手か知らないが小柄なので運動量やスピード系か?
こういう選手に仕事をさせたくない。(嫌な予感は後半的中する。)
 
結局前半はこのまま終わった。もう1点欲しかったが、まだここまでが実力か。
試合時の水分補給用に用意していたペットボトル2本のうち、1本が空になって2本目も開けてしまっている。
昔(全盛期)は2本飲みきっていたが、最近は1本で済むことも多かった。今日は既に1本以上水分を摂っている。
これでこの試合の特別さを再認識させられる。
仕方なく売店に水を買いに行く。
 
後半も最初は主導権の取り合いになったが、今度は愛媛が握る。徳島の運動量が早くも落ちたのか。
そして後半10分ごろ、愛媛はショートコーナーからバイタルエリアにボールをまわしミドルシュート。ボールはポスト内側に当たって跳ね返り逆側のサイドネットに刺さった。同点。
シュートを決めたのは、交代で入った中村という小柄な選手だ。
よりによってこいつに決められるとは。一番マズイ。
 
試合はその後も愛媛ペース。前半できていたチェックや出足が遅れだしている。
守備が受身になっているのだ。そのため、ズルズルとまでいかないがディフェンスが下がり気味になり、愛媛の選手に余裕を与えてしまっている。
そのせいで、愛媛の選手達が持ち味の”走る”を発揮し始めている。
 
だが、徳島は気持ちまでは落としていない。これ以上はという地点ではディフェンスが身体を張って守り続ける。
これならイケる。必ずゴールをもう一度奪える。
そして30分少し前にコーナーからつないで、再度ゴール前に放り込んだボールの混戦からゴールが決まる。決めたのは大島だった。
再び盛り上がるゴール裏。
 
Victory その後は愛媛の猛攻に晒され、愛媛のドンピシャヘッドがゴール枠を捉えるが、ディフェンスが奇跡的に防いで同点にさせない。
そして、ついに勝利の瞬間がきた。
この勝利は徳島の今期を振り返るとき、1勝以上の価値で語られるものになるだろう。それぐらい大きな1勝を得た。嬉しい。
 
しかし、まだシーズンは始まったばかりだ。たかが1勝でしかないことも同じ。大事なのはもう既に次の試合だ。
フィジカルは間違いなく以前より上がっている。だがまだ1試合戦いきれるレベルではない。
それに攻撃面の課題も多い。左サイドは時折敵サイドを破ったが、右サイドはウィングとサイドバックの連携も含め、効果的な攻めができていなかった。
今のままでは昇格を争うレベルのチームから勝つのは難しい。
ダービーの相手とはいえ、愛媛はJ2の下位チームであることも事実なのだ。
 
私の誕生日プレゼント(忘れていたがそうなのだ)はハッピーエンドで終われそうだ。これで気持ちよく帰路に着いた。
ところが、最後にもう一つの再会が待っていた。
選手バス出口付近であの人のお姉さんに偶然再会。
実はもし会えたら渡そうと思っていたCDを持ってきていたのだが、それを最後の最後で渡せる幸運に恵まれた。
(私がサッカーの神様の存在を信じる理由はこういうことが起きるから。ありがと、神様。)
 
そして徳島を離れ、お土産を抱え10時に帰宅した。
次はいつ徳島に行くだろうか。

|

« 07鳴門開幕記(2) Re.ヴォルティスの朝、鳴門では | トップページ | サッカー三昧週末記 (07鳴門開幕記のおまけ) »

コメント

土曜日はお疲れ様でした。
結果は出せた事に素直に
喜んでいるのですが、
愛媛の中盤、新井と中村と大山の
若手選手は、今後闘っていく中で
強敵になるなと感じました。

試合前、あの人に会いに行ったのですが、
一人で行ったのもあり、いつになくゆっくりとした時間の中で、心から話が出来ました。

またスタジアムで。頑張りましょう。

投稿: かとやん | 2007年3月 7日 (水) 00時34分

かとやんへ。
土曜日おつかれさま。
俺たちは2人ともあの人の落とし子みたいなもんだから、あの人の意思は俺たちが繋いでいかないといけないと思う。
俺も頑張るんで、君も頑張って欲しい。
また会おう。
今度鳴門で会うときは7時に待ってるから。

投稿: AWAN渦帝 | 2007年3月 8日 (木) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 07鳴門開幕記(2) Re.ヴォルティスの朝、鳴門では | トップページ | サッカー三昧週末記 (07鳴門開幕記のおまけ) »