« そろそろ”ヴォルティスの尻”に火を灯けて | トップページ | サッカー人だって語れるように »

2007年4月 2日 (月)

春眠ヴォルティスを覚えず

4月である。
少し早めの桜がピンク色の花を満開にさせている。
Jリーグでは桜といえばセレッソ。毎年定番のようにこの季節はメディアが桜とセレッソの勝利を掛けて記事にしていたものだ。
とはいえそのセレッソは今年はJ2。オフに看板選手にも出て行かれ、今年も開幕から1勝4敗と昇格どころか最下位寸前という状況で、満開どころか立ち枯れの様相。
ま、いいんだけどね。よそのことは。

でもセレッソの今の監督(T氏)って、巨人の監督だったころの王貞治さんと同じ匂いがするんだけど、それって俺だけ感じるのかな。
あ、わかりにくくてゴメンネ。
う~ん、そうだな。柏の監督の時のH野氏(現横浜)が同じ匂いさせてたね。あ、今もさせてるね。

さて、土曜日も一日外出していたので、さすがに日曜は何かする気が沸かない。従って、家事をこなしつつ昼間のヴォルティスの試合を待つことにする。
 
普段なら試合の直前はテンションが上がっていくのだが布団をベランダに干したりと家事をこなした後、娘の遊び相手をしたら疲れが増して、眠くなってきてしまった。
 
フッと気付くと1時5分前になっていて、既にスカパーは放送開始になっていた。
慌ててテレビをつける。
今節は結果にもこだわりたいところだが、いきなり羽地、片岡、ダシルバの欠場を知る。
代役は麦田、岡本、挽地である。控えにもクレベルソン、小林が入っておらず、FWが大島だけとなっている。
不安と期待が入り混じるなか試合は始まった。
 
いきなり麦田がチャンスにシュートを放ち、得点の予感が高まる。
今日はイケるかも...。
と思ったのはその時だけで、以降はここ数試合同様のテンポが悪く、パスが繋がらなくなる。しかも今日は相手の水戸も同じことになっている。
すると当然のごとく試合は何の見せ場もないつまらないミスの応酬合戦と化していった。
サッカーとは歓喜や怒り、悲しみといった感情の渦のようなものだと思っていた。多分その通りだと思う。
が、テレビで流れている試合からはいづれの感情も湧いてこない。
なんだ、この試合は?
 
私はソファーに横になり、半分うたた寝気分になって無表情なまま試合を見続けた。
そして前半はいつのまにか終わった。
 
何と表現したらいいのか分からないと妻に言うと、妻は「(私が)退屈そうに見てる。」と答える。
退屈か。そういやそうだ。
 
ソファーに深々と腰掛けているので次第に眠くなってきた。
やばい、このままではヴォルティスの試合で寝てしまう。
 
ハーフタイムにクラブのインフォメーションコーナーがあり、ヴォルティスアマチュアが紹介される。
監督は昨年の監督だった東さんだ。
興味深く見た。そういや(行友)亮二くんは出てくるだろうかとか考える。
そんなことを考えていたら........ 
 
 
 
 
気がつくとテレビでは選手がボールを蹴っていて、ゲームタイムは53分になっていた。
ああ、寝てしまった。なんてこった。
 
幸運にも試合はまだスコアレスだった。
(結局、不運だったと試合後に気付くのだが。)
そして試合は前半同様の展開が続く。
現場にいれば、感じ方も違うだろうし、場を変える努力もできただろう。
しかしながら、今私は徳島から遠く離れた場所で部屋着のまま、ソファーに腰掛けながら試合を見ている。
画面からは不幸にも選手達の実際にはあるはずの気迫が伝わってこない。
 
画面では、麦田か高橋がカウンターの好機を得てドリブルで走っている。しかし、しきりに後ろを振り返るので、水戸のDFに追い付かれ、アッサリとボールを奪い返されたシーンが流れる。
まだ相手ペナエリアのかなり手前でだ。
「なにやってんだよ。」とため息をつく私。
以前の私なら怒声と同時にテレビにモノをぶつけたこともあるのに。
 
しばらくして、娘がぬいぐるみのデールになんともアクロバチックな姿勢で無理矢理食事をさせる遊びをする。
あまりの無茶苦茶ぶりに妻と共に爆笑。
これが2時間の中で唯一我が家が沸いた瞬間だった。
 
そして何も起きないまま試合はスコアレスドローで終わった。
 
選手は必死にやっている。監督も限られた戦力をやりくりしつつ、指揮をしている。
それはわかっている。
 
が、ゴール裏はともかく、メインやバックのお客さんにはあの試合では伝わるものはないのではと思ってしまう。
やはりプロサッカーだからね、お客さんはお金を払っているのだから、結果はともかくもう少しスリリングな要素ないとなあ。
去年のように「弱いからつまらない」なんていうことはない。
でも「つまらない」とだけ言われるのはどうしたらいいかわからない分キツイように思える。
サッカー観戦は知識を持ったコアな人間が満足すればいい試合なわけではない。
ましてやこれからヴォルティスをもっと浸透させなくてはならない徳島ではなおさらだ。
何か打開策が早急に欲しいが、現状で無理は要求できない。
だが観客数がシビアにアラームを発している。
なんとかしたい。なんとかできるのか?
 
来週は久びさの現場だからね。
寝ないよ。たぶん...

|

« そろそろ”ヴォルティスの尻”に火を灯けて | トップページ | サッカー人だって語れるように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ”ヴォルティスの尻”に火を灯けて | トップページ | サッカー人だって語れるように »