« 求む!コンダクター | トップページ | 春眠ヴォルティスを覚えず »

2007年4月 1日 (日)

そろそろ”ヴォルティスの尻”に火を灯けて

猛烈に忙しく気持ちが滅いっていた一週間が終わり、久びさにリラックスしているような、疲れを引きずっているような土曜日を迎えている。
今日は日立台で(今もそう呼ばれているかは知らないが)金町ダービーを観た。
FC東京サポーターのゴール裏主力は試合直前にスタンド裏手に集合して応援歌で気勢を上げて、そのまま旗を振り、歌を歌いながらアウェイゴール裏に再入場。
ちょっとしたらしさのある演出をしていた。女よりも~♪仕事よりも~♪東京が好き~♪ってな歌を歌っていた。こういう歌もFC東京らしく感じる。
ある意味この試合はサポーター同士の対決という比重が他の試合より大きいのではないだろうか。
 
さて、今年のJ1は何か変だ、というのがここまでのシンプルな感想だ。浦和はやはり強いが、当初期待されていたであろう内容は示せていないし、横浜Fマリノスはベテランの放出、ケガ、監督人事などでつまずき、未だもたついたまま。ジェフとアントラーズは未だリーグ戦未勝利のままだ。FC東京もそうだろう。
期待に答えているのはガンバと名古屋くらいか?そうすると柏は期待以上の好結果といえなくもない。
この日の金町ダービーもその通りの内容と結果だった。
 
試合は柏が2-0で勝利。個人技の高い選手はFC東京の方が多いと思うが、現時点でのチームの完成度の差がありすぎた。
柏はやろうとしていることが普通にできた。FC東京はやりたいことがやれていないというように見えた。
守備時に相手の球際にすっと2~3人が寄って、ボールを奪う柏、それと反対の東京。
縦に早くカウンターができた柏。プレスがかかることもあるが、ボランチから早い段階で縦にボールが出ず、縦に遅い東京。
積極的な選択肢の結果として時折ミスが出る柏。無理や強引を通したりした時や、安易な場面でミスがでる東京。
柏ファンから観ると楽な試合だったのではないか。東京ファンからすると「こりゃ勝てないだろ。」って感じだったのではないか。
実際東京サポーターは後半途中で、”シュート打て”コールや”ワンチョペ”コールをした後(実際出てきたワンチョペが何もできずだったこともあり)沈黙。
試合後は大ブーイングだった。
 
この試合、どっちが気になったかというと後者、FC東京の方。
攻撃に個々の判断、全体の連動、縦への展開等いろんな面でスピードが見られず、最後はペナルティエリア近辺からの強引な中央突破の繰り返しに終始し、リーグの中でも必ずしも屈指の堅さとは言えない柏の守備ラインに阻止され続けて終わった。
マッチデーのOPTAのデータを見てもクロスとシュートが断然多いチームなのに、最後の頼みの綱が強引な中央突破で、結局シュートにも至れずに終わるという展開の繰り返しでは無得点で負けるのもうなづける。
これじゃ鳥栖戦の徳島だよ。
 
但し、共に攻撃にスピード、型等が乏しいことでは似通っていても個人のレベルが東京の方が断然レベルが高いことで、最後はその選択肢がある分、その選択肢が弱い徳島の方がより問題の解決には困難が伴う気がする。
先週コンダクターの話をしたが、コンダクターのできる選手が不要とされてきている現代サッカーの中では、やはり全体の連動と統一性の高さで補う、というよりそれこそ主流であると思う。
水戸戦はその点が鳥栖戦よりどう変わってきているかを注視したい。
ポイントは選手同士のコミュニケーションだと思う。
練習で約束ごととして示すことは監督の役目かもしれないが、試合中の様々な局面でそれをどう活用するかは選手同士の問題だと思うので、水戸戦は声や中断時の確認についても気をつけて見ようと思う。
 
結果も欲しい。水戸戦はこのままズルズル行かないためにもとても重要な一戦と考えていい。
 
もし結果も内容も散々だったら、ゴール裏はひとこと選手に言った方がいい。
コールリーダが代表して、「このままだとやばいぞ」とか「去年と何処が違うのか」とかきちんとした言葉で選手達に問いかけた方がいい。
言うべきタイミングとしては今はいい時だと思う。

尻に火を灯けないとやばいでしょ。そろそろ。

但し、大勢で「ブー」って言うのは駄目。これは何も伝わらない。百害あって一利無し。
そういうところでサポーターの差ってでると思うんだけどいかが?

|

« 求む!コンダクター | トップページ | 春眠ヴォルティスを覚えず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 求む!コンダクター | トップページ | 春眠ヴォルティスを覚えず »