« 伝統のインテル新喜劇 | トップページ | 15の春と15年の日々。インテル、スクデット獲得! »

2007年4月22日 (日)

君たちはヴォルティスの選手なのか?

一回休みを入れての仕切り直しとなった今節は山形が相手。
前節の仙台戦では岡本と河野のセットプレーからの得点でドローに持ち込んだが攻撃の形が未構築なままだ。
今節はクレベルソンを右サイドに配してなんとかしようという今井監督の苦心が窺える。
 
さて、そのクレベルソンだがシーズン前の練習試合ではサッパリだったこともあって、早々レギュラー争いから脱落した。
ブラジル人選手はアタリハズレが激しいのだが、彼の場合はハズレであるかどうかの前に、Jリーグにマッチしないタイプに見える。
しかし、今井監督も一向に打開の方向が見えない現状に、一度は見切ったクレベルソンの活用をせざるを得なくなったのだろう。
 
さて試合は前半9分山形にカウンターから失点を許してしまう。こういう形の攻めがしたいんだがという悔しさ積もる失点だった。
この後、この日のテーマに挑むヴォルティス。
しかし、組織としての連動性が悲しいかな未成熟で、今回も肝心なところでスピードが上がらず、スローダウンしてしまう。
クレベルソンも幾度となくボールを受けて、チャンスを作ろうとするも、周囲との連動が悪く個人突破に頼りがちな上、テクニックもスピードも特筆すべきものを披露できず、後半見切りをつけられたかのような麦田への交代でピッチを去った。
結局、この日もチームとしての攻撃の形は最後まで作れなかった。
解説の田渕龍二がハーフタイムに徳島についてコメントを求められ、しばらく無言の後、差し障りないコメントで逃げたのがこの試合を表していたと思う。
 
メディアにも言われていたが工夫が無さ過ぎる。もう何試合目なのだ?
今井監督は前半は意図的にロングボールを使ったと言っていた。
だが、ハッキリ言っておくが、これは監督の戦術の問題ではない。局面で勝負できるところで勝負にいっていない選手の問題である。
技術があるのにメンタルの問題で勝負できないのか?技術がないと自覚しているから勝負を選択しないのか?
そんな選手が徳島の名前を背負っているなんてことがあっていいのか。
今書いたことが正しいとは自分でも思っていない、いや思いたくない。
そうであることを私への怒りをもって皆証明してほしい。
 
同じことの繰り返しにさすがに書くことが減ってきている。危機感は募るばかりだが、河野が言うようにこんなことはやめにしなくてはいけない。

|

« 伝統のインテル新喜劇 | トップページ | 15の春と15年の日々。インテル、スクデット獲得! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝統のインテル新喜劇 | トップページ | 15の春と15年の日々。インテル、スクデット獲得! »