« 夢と光と魔法使いと赤い悪魔 | トップページ | 君たちはヴォルティスの選手なのか? »

2007年4月20日 (金)

伝統のインテル新喜劇

明日仕事きついだろーなー、なんて思いながらやっぱ見なきゃねということで昨日は夜中2時半まで試合見てたんだけどねえ。
負けちゃった。今シーズンリーグ戦初黒星が優勝リーチのホームゲームなんてねえ。
でもインテルらしいよね。こういう肝心なとき駄目なのが。
ケツを蹴られないと駄目なんだよね、そもそも。いいじゃないですか。
さすがに今日は眠かったけど。
 
Sn340610 神様と一緒に観てたはずのトガシさんの分身をお招きして観戦。自分はOka_235_fbimg150x2001175173664zamorano00 9番のサモラーノユニ着てその瞬間を待った。
01-02シーズンの5月5日、あのラツィオ戦の時は実家で母親や妹の家族と一緒に見ていた。
最後の最後で栄誉を逃したあの試合、テレビの画面で机に突っ伏して落胆するトガシさんを忘れてはいない。
そして今日はトガシさんと一緒いその瞬間を待った。
でもあの時と同じように栄誉はローマのチームに阻まれた。
但し、違いは有り余る貯金。まあ、果報は寝て待てってね。
永年インテル見てるからこれくらい驚きませんよ。
15年近く見てきたいつものドタバタですよ。
 
これぞインテル新喜劇!
 
Sn340084_2 でもこの試合、サッカーってのはドラマだなあって思った。
これまでの強さがどこかに忘れてきてしまったみたいに動きが悪くて、ローマにスペース与えまくり。
でもGKジュリオ・セーザルの好守で防ぎ続けながらしのいでたら、前半終了直前に失点。
ハーフタイムにケツを蹴られて後半へ向かうと、また一変して猛攻勢。
そして、気持ちで掴んだ、狡さ満点のPKの判定。
するとローマの選手達は興奮して我を忘れ始め、インテルはさらに攻勢に出て逆転は規定路線、ローマは自壊するかと思ったら...。
なんと、王子トッティのFKがフィーゴに当たってゴールへ。フィーゴ避けてなかったから仕方がない。
こういう展開ってあるんだねえ、やっぱドラマだよ、サッカーって。
 
さてこれでスクデットは来週か、再来週へ。
でも再来週の試合の日旅行なんだよね。
どうしよ。

|

« 夢と光と魔法使いと赤い悪魔 | トップページ | 君たちはヴォルティスの選手なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢と光と魔法使いと赤い悪魔 | トップページ | 君たちはヴォルティスの選手なのか? »