« サッカー人だって語れるように | トップページ | うすしお味のヴォルティスなんて... »

2007年4月 8日 (日)

ワクワクさせてよ、ヴォルティス

Hiratsuka01 久しぶりの現場、今日のテーマは試合中に寝ないこと、なわけはなく勝つことである。
平塚は、去年来場者プレゼントでフリーデン提供のハム、ウインナーなどの詰め合わせが当たった縁起のいいスタジアム、っていうわけはなくボコボコにやられた(勝った試合は行っていない)場所であり、リベンジといっていい。
 
さて、徳島は先週の試合で大島を負傷で欠くことになり、さらに石川、大森も負傷と、いつものことだがケガ人の多さに苦しんででいる。
一方で羽地、石田、アンドレが戦列に復帰。小林もサブに名を連ね、一応闘う陣容はキープできている。
 
平塚は天気もよく、風も弱くて、渦潮旗も振り易いコンディション。前回草津戦は強風で旗が思うように振れず、おまけに花粉症が悪化したりと散々だったが、今日は大丈夫なようだ。
 
スタメンは大島の代わりに羽地が入った以外は変更はない。
攻撃の組み立てをどうにかしないとそろそろマズイ。
 
Hiratsuka02 試合の入り方は良かった。まずまずなポゼッションで互角の戦いになっていたが、13分にロングボールから裏に抜けられそうになり、エリア手前でサンウがファウル。一発レッドで退場となった。
直後のセットプレーから失点。最悪な展開になってしまい、当初のゲームプランは崩れた。
その後もセットプレーから追加点を許し、試合は崩壊しかける。
が、ここからこらえ直して40分に小山のゴールで1点返して折り返すこととなった。
 
結果からいくと、このまま敗れたのだが、崩れてもおかしくない後半を徳島はよく意思統一された守備でこらえた。
中盤、バックを4枚、4枚の2重のフラットラインを敷いて、平塚を危険なエリアに入れさせなかった。開始直後にアッサリ裏を取られゴールと思われたが、オフサイドで救われたことがいい薬となり、その後は平塚がアジエルを中心に切り込んでくるのを防ぎ続けた。終盤、ベルマーレが右サイドの高い位置に崩しの起点を変えてきたこと、こっちが疲れたことで劣勢に拍車が掛ったがなんとか持ち堪えた。
このことは、シーズン当初前線からの激しい運動量とプレスを主体に試合を作っていたが、札幌戦以降、運動量と動き出しが落ちてきたことで後手にまわるようになり、ボールを奪う位置が下がったことで攻撃の起点も下がり、さらにそもそも不足しているスピードもあって攻撃もが停滞し出し、勝利に見放されるようになった(と思われる)最近のヴォルティスに違う守備形態でしのぎきる実績と自信を与えたという意味で大変大きな収穫だったと思う。
 
但し、攻撃は退場者が出たこともあるが、相変わHiratsuka03 らず形になっていない。
ハッキリ言って今の徳島ヴォルティスの攻撃は羽地頼みである。
とは言え、羽地は一人でなんとかできるほどスーパーな選手ではない。どちらかと言えばポストプレーは下手な方である。
だが、羽地がいつも孤立していたり無理なプレーを強いられているのも事実で、彼の近くに味方がいない場合が多いことで、羽地にパスを出した後、ほとんどボールを相手に取られ逆襲の起点にされている。
羽地はなかなか前を向けていない。これでは意味がない。
 
私が思うに現状の4―2―2(ワイドシフト)―2の形では限界だと思う。
4―3―1―2とかにしないと羽地がシュートを打てる体制になるケースが増えないのではないか?但し、これだと片岡か小山のどちらか、または両方を諦めざるをえなくなる。
私の2列目候補筆頭は岡本だからで、さらにボランチの適任者に現戦力では余裕がないという問題もある。
しかしながら、今日の後半を見る限り、トライした方がいいとゆうか、しなかったら先がないと思う。
監督がどう考えるかはわからないが私だったら変えることにするね。
 
とにかく何とかしなきゃ。
 
ケガ人以前に9~10位くらいの戦力しかそもそもない。ただ、試合を観に来るファンに何かしらの満足や希望や歓喜を持って帰ってもらうためにも必要だと思う。
誰のため、何のための徳島ヴォルティスなのかに掛かってくる。
前々回記事でも書いたが、プロサッカーだから、お客さんにスリリングな思いをしてもらい、サッカーの魅力を知ってもらいたい。
勝ち負けにこだわり過ぎるのもどうかと思うが、勝てないうえに相手の方が面白いサッカーやってるなんてホームのお客さんに思われたら悲しいじゃない。
これならJFL番長でいた方が良かったなんて言われたくないし、なにより一生懸命応援してるイーストやボーイズ達にもむくいてやってほしい。

そのためにも何とかしてよ。
すぐに大きな成長と成果は求めない。だけど次の試合は何かを示してほしい。

俺たちは応援しつづけるから。

|

« サッカー人だって語れるように | トップページ | うすしお味のヴォルティスなんて... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカー人だって語れるように | トップページ | うすしお味のヴォルティスなんて... »