« 今期初マリン!初ロッテ! | トップページ | 水戸戦を前に »

2007年5月 4日 (金)

ヴォルティスの未来は見えるか?

セレッソ戦はチームの今よりも未来像の差が如実に表れた試合だった。
今期のセレッソをじっくりみたのは初めてだったが、柿谷、中山ら技術も度胸もある若手が非常に目立っていた。
失点のシーンも中山の個人技に振り回されて皆ボールウオッチャーになってしまった末の失点だった。
対して徳島にはそういう若手がいない。若い選手はいるが多くはまだ力不足でベンチにすら入っていないし、スタメンだったサンウは明らかに力不足だし、古橋に後ろからタックルにいくなど論外なプレーもあった。
これについては後で一言触れるけどね。
変な言い方だけど、未来への可能性に溢れた若手が多くて羨ましいなあと思った。
まあ、元々J1で優勝目前まで2度(天皇杯も含めるともっとある)も行ったチームだし、チームの歴史的にも差や体制はあるから集まられる若手も差があるのはしょうがない。
徳島も長い眼で見て、十年後くらいはいい若手が集めたり、育てたりできるチームにしたい。
セッキーやリョウジくんに頑張ってもらわないとね。
 
試合の話に戻ると、前半にも何度か同じ形で決定機を作られていたが、崩しの形としては目新しい形ではなく、そういう意味で対応した徳島の選手との個人の差が浮き彫りだった。
徳島では開始直後にクレベルソンが同じ形でサイドを突破してクロスを入れたが、徳島ももっとこういう形でチャンスを作りたい。
よく口にしている飛び道具というのはこういうスピードと度胸(とできれば個人技)で勝負してチャンスメイクしてくれる選手のことで、クレベルソンはその可能性を十分に持っている。
ただ悲しいかな、周囲がそれを活かせていない。足元へのパスが多く、チーム全体が腰が引けていた。
2年前からそうだけど徳島は遅いよね。守備も攻撃も。
これじゃ勝てないよ。
 
ただ、収穫もあった。クレベルソンは使い方によっては大きな武器になることがわかった。片岡は戻ってきたが左サイドはクレベルソンにやらせた方がいい。
ラッキーな形ではあったがゴールを決められたということは彼に運が向いているということで、しばらくこのままにした方がいい。
水戸戦はどうできるか楽しみ。彼も若いんだけど外国人なんで、上手くなったら他に行っちゃうだろうから、彼に未来を託せないのが残念。
片岡は右でしばらく小山と競わせるのがいいと思う。昔の片岡はクレのようなことできたんだけど今は厳しい。
小山ももっとやって欲しいんだけど、今は合格点はあげられない。
サンウは論外。
 
サンウのことだけど、古橋へのタックルは酷い。でも、その後サンウコールするゴール裏も考えもの。
下手したら古橋を病院送り、もっと酷いと選手生命左右しかねないプレーだったと思う。
どういう意味か知らないが、あれの後でコールするようだとサポーターのサッカーセンスがないと言われても仕方ないよね。
水戸でも言おうと思うけど、非常にガッカリさせられた。
 
まあ、いろいろ書いたんだけど昨日一番気になっていたのは国立競技場でした。
まあ、試合後でビデオ見るけど、見なくても想像つくね。
国立には神様がいると思うのでとラモス監督が言っていたので、神様に確認してみました。
 
「神様、国立に住んでるんでしたっけ?」
”いや、住んどらんよ。あの辺一帯の地神はおるけどな。でも彼はサッカーの神ではないので勝ち負けは決められないはずじゃ。それはワシの役目じゃからのオ。”
「昨日は国立に?」
”いや、ミラノに行っておっての?なんかあったのか?”
「いや、いいです。」
 
とのこと。かわいそうなラモちゃん。
でもさあ、水戸に5点もくれてやることないのにね。日曜負けたらラモスのせいってことで辞めてもらいましょう。
あ、もう決まってるんだっけ。

|

« 今期初マリン!初ロッテ! | トップページ | 水戸戦を前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今期初マリン!初ロッテ! | トップページ | 水戸戦を前に »