« 最近オークションで買ったもの | トップページ | インテリスタの5月5日 »

2007年5月13日 (日)

ヴォルティスのホームゲームじゃないの?

Thegateofred 昨日は前回記事の通り、関東隊の元仲間のお見舞いに行った。場所は言わないが、近くにこれがある場所です。
大きな病院で中にはレストラン、コンビニ、郵便局、コーヒーショップまである凄いとこだった。
彼は関東隊結成のきっかけとなった試合に私を誘ってくれた人物で、彼がいなければ今の私がないといってもいい。
そんな彼が困難に立ち向かっている。思っていた以上に元気であったが、早く良くなってほしいし、我々は関東隊なので仲間のためにできることをするつもりである。
 
さて鳥栖戦だが、誰にでも判るだろうが完全に負け試合だった。
選手が動いていない。
攻守に渡って何事も受け身で、見るべきところのないゲームを多分PKではないPKで引き分けにしてもらったゲームで、試合中に聞かれたメインスタンドからのレフェリーへの止む事のないヤジを考えれば、レフェリーは神のように寛大であったようだ。
 
まず攻撃では、相手のスペースに入る動きも少ない。たまにあってもパスの出し手が気付かないか、パス精度が低くそれを活かせない。
中盤で崩せないまま、後ろからのロングパスを出してばかり。ラインの揃った相手ディフェンスに掛かるばかりでチャンスメークどころではない。
ここ数試合好調のクレベルソンにはボールすら回らない。ボールが渡らなければ彼は何もできないのだから当然消えてしまう。
 
守備では解説者が指摘する相手の早いパス回しや、スピードある縦の動きに付いていけず全体が引いてしまっていた。
それがボールを奪う位置が下がる原因にもなって、結果として前線を孤立させ、動かない選手の無理なロングパス(クリア?)に頼ることになり、何もできないまま、また相手にボールが渡り、ピンチが来るの繰り返しだった。
セカンドボールも動いていないから相手に拾われまくる。
これじゃ勝てるわけない。
 
対して鳥栖は走っていたし、スペースに入ってボールを受ける体制をみんな取っていた。だから徳島では通らない距離のパスが鳥栖はバンバン通る。
動くからゴール前に人数が増えるし、だからチャンスが広がる。徳島は全く逆。
とてもホームゲームを戦っているようには見えないよね。これじゃお客さんが次の試合にも来てくれるとは思えない。

 
Kashiwa1 昨日は日立台で柏レイソルの試合を見たが、そこはまさにホームゲームという劇場だった。好調の柏レイソルの李忠成やフランサが日立台のファンが勝利の後押しになっているとか、日立台では負けたくない、日立台でやるのは楽しいとか昨日もコメントしていた。
徳島の選手からももっとそういうコメントが聞こえてもいいし、試合の戦う姿にもっとそれが表れるべき。Franca

 
今の徳島の選手にはホームゲームの責任感が感じられない。
このままじゃまずいよ、本当に。
結果もそうだけど、もっとファンに訴えるプレー見せようよ。
 
ゴール裏も応援を盛り上げるためにいろいろ意見を交換しているようだ。
私からはできれば開門前に全員集まってくれるようにすると、開門までの時間でみんながコミュニケーションできるので団結が高まると思うのだが。
 
ゴール裏はずっとホームゲームを意識している。選手ももっとそれをプレーで示して欲しい。
 
もう一つ興味深かったのはこの日の解説が元監督の田中真二さんであることだった。
去年の今頃は実況席眼下のベンチにいたわけで、まさか翌年解説者席に座って、去年とほぼ変わらないメンバーが違う監督の指揮下で、以前からの課題にいまだに苦闘しながら戦う姿を解説するとは思わなかっただろう。
実況を聞いている側もコメントの1つ1つに注目させられた。
多分今後も何回か解説者席に座ることになるだろう。個人的には楽しみが増えた。

Flower_1 今日は母の日です。というわけで産んでくれた母親に感謝を。

|

« 最近オークションで買ったもの | トップページ | インテリスタの5月5日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近オークションで買ったもの | トップページ | インテリスタの5月5日 »