« 「揺れる想い」の切ない思い出 | トップページ | 今井監督のコメントより »

2007年6月 2日 (土)

とにもかくにも、シュートでしょ

サッカーというスポーツはあまり得点の入らない競技である。
したがって1点を取ることは大きな意味がある。
 
GKと1対1の決定機を逃した小林には(シュートまで行けなかったこともあり)かなり失望させられたが、羽地の先制点はとてもいい形で取れたこともあり、チームがレベルアップしていることがわかった。
4連敗中の福岡があまり積極的なサッカーをしてこない低調な内容だったこともあるが、前半は良かった。
初スタメンのGK鈴木が古賀に狙われて、不本意な失点をして同点となったが、後半は期待していた。
だがね。

シュート打たないと勝てないって。サッカーは。
3本でしょ(^-^;)。
 
後半はノーチャンスで、ずっと守ってばかりだった。それでも福岡のシュートを試合通じて6本に抑えたわけで守備はできてた。
でも、やっぱり攻めないと。
シュート打たないと。 
結局、前半の小林のプレーが響いてきちゃう。
クレベルソンが前半で負傷したことも不運だったが、今日はそれ以前の問題だったと思う。
攻めと守りは表裏一体。特に近代サッカーの場合、その傾向が強い。
守備だけレベルアップさせても勝てないけど、近代サッカーなら守備がレベルアップすれば、ポゼッションが増してできて、ある程度攻撃もレベルアップするはずなんだけどねぇ。

拍手できないね。今日の試合じゃ。
力が抜けちゃったよ。

|

« 「揺れる想い」の切ない思い出 | トップページ | 今井監督のコメントより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「揺れる想い」の切ない思い出 | トップページ | 今井監督のコメントより »