« Memory & Reality | トップページ | JFLという宝物 »

2007年6月23日 (土)

弱虫じゃ戦えない

で、湘南戦は何がしたかったのだろう。
攻撃時にセカンドボールが全く拾えていない。今日に限ったことではなく、ずっーとそうだ。ずーーーーーーーーっっとだ。
それは足が止まっているからではなく眺めているからで、ボールが落ちるところを確認してからボールを拾いにいくのでは、拾えるはずもないし、攻撃がつながるわけもない。
ましてや相手守備ラインの裏などとれるはずもなく、てゆうことは得点できるはずがない。
 
なんでだ。なんでずっとこーなんだ。こーーーーーーーーーなんだ。
 
私が思うにね、選手間で戦い方の共通理解ができていないか、失点するの怖がって選手の腰が引けているかじゃないかと。
おそらく両方だが、後者が比率的に大きいだろう。でも今さら気付くことじゃない。以前からみんな気付いていることさ。そうでしょ。
てゆうかわかっているのにいつまで経っても改善しないとこが最大の問題だね。
つまり、負け癖にとりつかれてるのさ。
 
練習でやり、ミーティングで確認する。そしてみんな何をすべきか(ある程度)理解できてるんだと思う。
気持ちも高めてるんだと思う。今日なら河野のために戦おうとか気持ちを煽ってるんだと思う。
でも試合になると、途端に腰が引けてしまう。動かない、動けないんじゃなくてビビってしまう。
バイタルエリア付近まで押し上げてるのに、横にボールを回しているうちに気付くとバックラインまで下げてしまっている。なんですかそれ。
何べんも何べんも羽地に長いボール入れては殆どカットされている。
時々、羽地が頭で落としても誰もそこに走っていない。まるで、いいところに落とせたらそのときは走りますみたいな約束事をしているみたいに。
攻めるときもリスク回避第一。勇気なんてこれっぽっちもない。
あなたたち、自分達のどこを観てもらい、お客さんからお金を貰おうと思ってるんですか?
 
”開幕の時の気持ちで戦え”とか前回鳴門に貼ってあったね。開幕勝てたのは相手が愛媛だったからだと思うよ。
今期の愛媛のレベルがどうだってのは順位表を見ればわかる。
そういうレベルの愛媛には、ある程度自分達主導で戦えて勝てた。開幕ホームということもあった。だからみんなビビらず戦った。
でも、他のチームは愛媛より強かった。押し込まれる展開になる。失点を怖がる。ビビる。そして負ける。
開幕の気持ちは相手が愛媛の時じゃないと出せないんじゃないかな。

ザスパまでの下4つと、そこから上の9チームではレベル以前に、まず戦うための準備の仕方・プロセスに決定的に違いがあるんだよ。
それが順位(獲得した勝ち点)に表れてると思う。
 
まず選手の弱虫癖をなんとかしないと勝つ以前に試合にならないよ。
試合じゃないんだから、お客さんが入るわけない。
戦わないチームにお金なんて払わないよね。
共に戦おうなんて言っても、戦ってないチームと共にファンが戦うわけがない。
河野のために戦うっていっても、現状では(ゴール裏はいないだろうけど、それ以外では)河野を知らない人もいそうだしね。
 
ゴール裏、どう考えるね?
選手も苦しいはずだから共に戦うっていっても、まずなにより戦えてないよ、現状の選手たちは。
バスを囲めとは言わないが、何か危機感を煽らないと手遅れになるよ。
わかっている人もいるはず。
現状は”共に戦う”という次元ではないよ。まず選手達を自分達と一緒に戦わせるようにケツを叩かなきゃダメかもよ。
一刻も早く弱虫を選手達の気持ちの中から駆逐しないとマズイよ。
中途半端なメッセージじゃ効果ないと思う。
とはいえ、ストレートに感情を吐き出しても選手はさらに引くだろうね。何せ弱虫に支配されてるから。
 
解説の安永聡太郎には試合前のアップを見ただけで試合が見えていたようだ。
安永に見えてるってことは相手チームの現役選手たちにも見えてるってことだと思う。
そしてその通りの結果になる。今日みたいにね。
 
どうしようかね。私だったらまずアップ前の挨拶時に選手に自分の声で自信を持って戦えとか声かけしようと思う。
当然選手を引き止めて自分の言ってることをキチンと聞かせる。アップさせながらとかじゃなくね。
横断幕には書かない。もう横断幕で効果がでる病状ではない。
そして試合の結果に関係なくビビったサッカーしたら、試合後に危機感を煽る説教をしようと思う。
もちろん選手は話の最後まで帰さない。但し、手短かに済ますけどね、体冷えるから。
 
まあ、とにかく重症だね。

|

« Memory & Reality | トップページ | JFLという宝物 »

コメント

怒り爆発!ですね
おっしゃるとおりと思います
つまりは個々のレベルが低いんだと思いますが
(へたくそってことでしょう)
どうしたら下手なりに上をねらえるでしょうか?
頑張れ!頑張れ!の根性勝負でもだめでしょうし
見る側からはとにかく熱いプレーが欲しいのですが...
ド田舎のチームですしもっともっと選手とサポーターが
近い存在になってもいいんじゃないかとも思います
もちろんなあなあではいけませんが

投稿: go!vortis!go! | 2007年6月24日 (日) 00時26分

戦術的に見れば、前線と中盤のつなぎが欠けているの明らかですから、中盤で「守備に戻らなくていいよ。」という選手を1人作るのも作戦でしょう。かなりハイリスクですが。
今はビビって中盤も全員下がってしまうわけです。
昨日も失点はセットプレーからで、流れからはしてないわけですから、流れからの失点が増えるリスクを背負ってでも、1回でも多くシュートで終われる回数を増やすというのも手でしょう。要は羽地に前を向かせ、シュート打たせるように周囲がリスクを背負うことも必要ではということです。
但し、それだけでは少ししか改善はされないですが。
 
選手とサポーターが近い存在になるためには本音が交わせるようにならないとダメです。
嫌われるの怖がって本音言わなかったら、中途半端な距離のままで、選手と近い存在にはなれないと思います。それではサポーターとはいえないと思います。
それに選手だけでなく、監督、スタッフとも本音を交わせるようでないと。
関東隊時代、私はそれを心がけ努力していたつもりです。田中監督の前のジュニーニョは試合に負けた後、私を招き入れて愚痴を聞いてくれました。愚痴も聞かされましたが。
田中監督もどこまで本音かはわかりませんが話はしてくれました。
ユースコーチの行友くんとの関係は努力の賜物だと思っています。
 
優しすぎると思います。今の徳島サポーター。
田舎かどうかは関係ないです。
プロなんですから。

投稿: AWAN渦帝 | 2007年6月24日 (日) 07時00分

この記事を読んで非常に共感を覚えました!
今の徳島の選手には覇気も勇気も根性もない
ましてやそんなやつらのためにお金をはらいたくもない。
徳島のサポーターはあますぎると思います。
私も機会があれば選手に対して厳しい意見をいうつもりです。選手に嫌われてもいい。
あんなビビリのやつらにきらわれてもなんとも思わない。
ただ私は徳島というチームを愛しています。
これからもそれは変わらない!
選手にいいたい。チームのために、サポーターのためだけに戦ってほしい。手を抜くなと。

投稿: おうちゃんず | 2007年6月24日 (日) 16時22分

みんな本心は同じ気持ちだと思います。
でも一歩踏み出せない。
一番大事なことなのにそこへ踏み出せない。
口にだせない。
でも今しかないと思います。
でも強引すぎても相手に響かないときもあります。
難しいですよ。
でも私も嫌われること恐れず言いたいことを言おうと思います。
それが関東隊ポリシーですから。
それで大塚FC時代、信頼を勝ち取ったと思ってますから。
俺たちは地元サポーターより信頼されていると確信して戦ってましたから。

投稿: AWAN渦帝 | 2007年6月24日 (日) 22時37分

 H君の退院、本当によかったですね。ほっとしました。

 ただ、この文章を見る限り、彼の快気祝いに徳島の試合を選ぶのは、きつそうですね。

 今はあまり関わっていないので、一言だけ。

 関東隊でやっていた時にあった「誤解を恐れず、何でも言い合っていた選手とサポーター」のよい関係が、今はないようですね。

 選手の顔色をうかがっているようなサポーター。そういうのって、存在する意味があるのでしょうか?

 JFLの記事を読み、よほどJFLチームの応援団の方が、立派だと感じてしまいます。

投稿: ike | 2007年6月25日 (月) 17時07分

ike殿、コメントありがとうございます。
ちょっと誤解があるかもしれないのでコメントします。
私は今の徳島サポーター(ゴール裏とか)が選手に媚を売っているとは思っていませんし、サポーターと選手の関係に問題があるとも思っていません。
 
確かに、JFL時代はサポーターと選手の距離が近かったですが、Jリーグは暴力団対策や八百長対策もあって、ファン、サポーターとの距離はある程度離れるので、JFLの時のように近くにはいけませんし、行かないようにするのが選手への気遣いだと思います。
 
私が言いたいのは、もう「次、頑張れ。」とか言っている段階ではないので何か思い切ったことしないと、マズイよ。君達なら単に不満を吐き出していると思われずに伝えられるはずだから頼むよという意味です。
これはマジで。

お気持ち大変理解できますが、ちょっと違うのでお願いします。

また、JFLの記事はこの件とはリンクさせているつもりはなかったのですが、そう見えてしまったのならお詫びします。

投稿: AWAN渦帝 | 2007年6月25日 (月) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Memory & Reality | トップページ | JFLという宝物 »