« 再出発のヴォルティス | トップページ | 神様と私~山形戦を語る~ »

2007年7月21日 (土)

再出発の一撃

まさに再出発となった鳥栖戦。
先発に長谷川、熊林を起用してきた。相棒は小林だ。控えにFWを入れてこなかったが片岡が復帰した。
ディフェンスはバックに西河と丹羽。残念ながら石川は外れた。
 
一方、鳥栖もセレッソから金信泳が加入。お互い新しい攻撃の札を獲得しての試合となった。
もっとも、相手は攻撃の大黒柱に逃げられてはいないが。
 
立ち上がり、長谷川が積極的なドリブル突破とミドルシュートで沸かせる。
早速”らしい”プレーが見られた。表情も”飢えた”いい表情をしている。
2トップのバランス的には長谷川のようなタイプとポストのできる大きいタイプと合わせた方がいい。
 
前半最初はよかった。但し、次第に前線に繋がらなくなる。
押し込まれているのではなく、中盤以降でのパスミスが多すぎて繋がらないのだ。
押し上げてる時間帯もあるのだが、肝心の前線へのフィニッシュへのパスに工夫が足りなくて跳ね返されたり、相手に読まれたりで新戦力を活かせない。
前線はまだコンビネーションに難がある。だから、できる限りボールに触らせた方がいい。
でも、そこへ繋ぐことができなくては...。
パスをきちんと繋ぐこと、それと意味のないパスは減らすこと(出しどころがなくてボールを人任せにしているような意味のないパスは減らすべき!)。
これは、今後長谷川や熊林を活かすために克服しなきゃいけないね。
 
失点の内容も良くなかった。
PKを与えた西河のファウルもやらなくていいファウル(例え失点してもね)だったし、2点目も足が止まり始めて人が動かずに軽いパス交換をし始めたなと感じた直後の失点だった。
新戦力を加えた試合は皮肉にも既存の戦力の力不足を実感してしまう皮肉な試合となった。
 
だ・か・ら、片岡のゴールは意味があるのだ。
あのまま終わっていたら、本当に試合後がキツイ試合になるところだった。
しかし、一番ヴォルティスと縁の古い片岡が決めたことが大きい。
あれがなかったら、直後の同点のビッグチャンスも無かっただろう。
 
これで今期残りやれるかはわからない。
やれるにはわかっていることだが一層努力が必要だ。
だが、再出発の日として刻むことはできたと思う。
片岡がその一撃を放ってくれたことが嬉しい。

|

« 再出発のヴォルティス | トップページ | 神様と私~山形戦を語る~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再出発のヴォルティス | トップページ | 神様と私~山形戦を語る~ »