« またアンブロ/インテル | トップページ | 試合延期の思い出 »

2007年7月14日 (土)

Saxon!!! Saxon!!!

Saxon!!! Saxon!!! Saxon!!!
聞こえてくる。
Saxon!!! Saxon!!! Saxon!!!
聞こえてくる。聞こえてくる。
 
26年ぶりに日本にやってくる。
誰がって?
 
Saxon4 Saxonですよ。サ・ク・ソ・ン。
70年代末にデビューしたイギリスのヘヴィメタルバンドで、その時代に一代ムーブメントとなったNWOBHM(ニュー・ウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)の旗頭の一つだったバンドだ。
28年のキャリアの中でメンバーは何人か入れ替わったが、スゴイと思うのは今、ベースやギターを担当しているメンバーにはSaxonでヘヴィメタルを知り、そしてSaxonのライブでファンとしてバンドと唄い、成長していった元Saxonキッズがいるということだ。
 
デビューからその精神とスタイルを貫き、ファンと自分達の音楽に忠誠を貫き通してきたSaxonは日本でもバンドに忠実なファンをかなり多く抱えている。
残念ながら永らく日本公演がなかったのだが、そのSaxonが10月20,21日に行われるLOUD PARK07に出演するのだ。
私もその1人だ。
Saxon3 昨日来日の情報を知ったとき、思わず「ウオーッ!」と叫びそうになったのである。
そして次の瞬間から頭の中でSaxonの「20000Feet」が鳴り始めた。
ついに来る。ついに...。
彼らの本領はライブにある。それをついに体感できるのである。
 
私はSaxonの音楽も大好きだが、それ以上にその貫き通しているスタイルと忠誠心が好きだ。
その精神性は自分のサポーターとしてのポリシーに大きな影響を与えている。
大一番の試合の時は、Saxonの「デニム・アンド・レザー」をヘッドフォンステレオで聴きながらスタジアムへ行ったこともある。
 
彼らが出演するLOUD PARK07はロニー・ジェイムス・ディオ時代のブラックサバスのメンバーで構成するHEAVEN AND HELL(てゆうかBLACK SABBATHだが)が出演するので行こうかなと思っていたのだが、はっきり決めてはいなかった。
だが、Saxonが出演するのであれば、もはや”行かない理由”を見つけるのは不可能である。
万難を排して行かねばならない。
てゆうわけで、奥さんと交渉開始。
ナント、OK!しかも2日間とも!これなら、20日のHEAVEN AND HELLも、21日のSaxonも観られるではないか。
やったー。
 
Saxon!!! Saxon!!! Saxon!!!
聞こえてくる。
Saxon!!! Saxon!!! Saxon!!!
聞こえてくる。聞こえてくる。
Saxon!!! Saxon!!! Saxon!!!

Saxon is Back!!!
 
バンドと一緒に「デニム・アンド・レザー」が唄えたら....泣くかもね。
 
LOUD PARK07は大阪でも行われる。Saxonは大阪では22日(月)のZepp Osakaに出演とのこと。
よろしければヴォルティスサポーターにも一度Saxonを体感してほしい。
オススメの作品は初期の「サクソン」や「デニム・アンド・レザー」のアルバム。輸入盤を扱う店(HMV等)ではカップリングで売っているかもしれない。
だが、できればライブ盤をオススメ。
私はCDやDVDでライブ盤を4~5枚持っている。
Saxon2 Saxon1 写真は「サクソン・クロニクルズ」というハードカバー仕様のDVD。

 
LOUD PARK07の公式サイトはこちら。

|

« またアンブロ/インテル | トップページ | 試合延期の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またアンブロ/インテル | トップページ | 試合延期の思い出 »