« 緊急指令!国立で第1回ヴォルティス男祭り開催! | トップページ | いろいろあったようで »

2007年8月19日 (日)

かっこいいサポーター

ちょっと時期がずれてはいるが今夏休みである。
実は明日から旅行なので明日の水戸戦は水曜までビデオを観ることができない。
結果を知ることしかできなさそうなのでチームの必勝を祈るだけです。
明日は那須に行くのでハイランドパークのガンダムワールドに行こうかなと。
ガンダム芸人ならぬ、ガンダムサポーター(アメトークって徳島やってるのかな)はちょっとだけ期待して旅行記を待ってください。
 
さて、総統が呼びかけた男祭りは予想通り反応は鈍い。
そりゃそうだわね。必然性がないもの。
でもそもそもサポーターという存在の必然性を問うたら、科学的にはサポーターがいなくても強いチームは勝つわけで(例、ユベントス)必然性を疑問視していたらそもそもサポーターはやってられない。
そうはいっても、カッコよくはないんだからみんな参加すべきとも私は思っていない。
その代わり、やる自由もあっていいとおもう。
もちろん、変な迷惑が掛からないように気を遣う責任は大いにある。
やる人間の自己満足のためだけになってはいけない。チームの勝利への心意気を欠いてはならない。
応援にはいつも以上に心込めるのは当然である。

たしかに男祭りでやろうとしていることはかっこ悪いかもしれない。
でも、ここまで絶不調のチームを勝たせるために個人としてどうすりゃいいだろう。
正直わからない。応援し続けるということも選択肢だが、正直今の徳島の選手達の心にそれだけで響くように思えない。
なんかしなきゃ。
でもわかんない。だから今回の話に乗った。
まあ、自分らは徳島人じゃないから縛られずに自由に発想して行動できるのかもしれんしね。
徳島人ではないってことは、過去何度か失望させられる原因にもなっているのだが、今回は逆かもね。
勝てばいいのよ、とにかく。
でも迷惑はかけないようにする。繰り返すけどね。
 
ところで、かっこいいサポーターってのは何でしょう。
応援の道具とか、歌とかがかっこいいサポーターってのはあるだろうね。
でも私が永年やって感じた本当にかっこいいサポーターは後輩サポーターから尊敬されている先輩サポーターの多いサポーター集団だと思う。
もちろん、このかっこよさは服装のセンスとかではない。
下の人間に対し、周囲から尊敬されていて、厳しさもやさしさも含め接することができて、付いていきたいと思わせる先輩と付いていく後輩が一つとなっているサポーター(グループ)だと思う。
これは簡単にはできあがらない。
自分達より下の年代を仲間に加え、大勢育てていって始めてできる関係であるから。
かくゆう自分はどうか?
関東隊はチームがJFLで、関東で活動していたこともあり、試合が不定期だったので後輩を集めるとかはできなかったが、別の場所で後輩を大勢持ったことがあった。
そこでどこまで先輩としてサポーターを示せたかは自分ではわからないが、そこを去るとき(突然去ったのだが)、後日後輩の一人から電話があり、最後にお世話になりましたと言ってもらえたことが誇りになっている。
関東隊としては、JFL時代、関東隊だけで、時にはたった一人で応援して勝たせたとか、選手達に地元サポーター以上に本音を話せてもらえたとか、相手チームのスカウティングに自費で浜松とか鴨川とか行って撮ったビデオ送ったりとかしたことが誇りかな。
かっこよかったかなんて自分では判断つかないけど、だれもやっていなかったことをやって貢献したという自負はある。
だから関東隊が一番大塚FCに貢献したと本気で思っている。だから関東隊が一番かっこよかった。
 
総統はもっとすごい。
J創世時期の強豪チームのサポーターグループの立ち上げにも関わったし、宮崎という土地で企業サッカー部とサポーターという立場を超えて支え、一度離れるもその会社の社長からサッカー部建て直しのため呼び戻しの声が掛かるほどの人物なのだ。
人並み外れた行動力と情熱を持っている。
でもその分周囲の空気に自分をなじませることができなくて失敗も起こす。
でも、私はそんな総統の人間的魅力が大好きだし、彼以上のサポーターを見たことがない。
だからJFL時代、彼を超えることをテーマに大塚のサポートをしていたのだからね。
彼は単なるハダカ親父ではないよ。
 
他にも元関東隊Tさんの旦那さんで、浦和の試合でのビジュアル(ボードや大旗)を中心になって仕切っていた人がいるんだけど、その人も私はものすごく尊敬している。
その人の行動力、リーダーシップ、周囲から尊敬されている姿が最高にカッコイイと思っている。
 
今の徳島のゴール裏の将来はクーカイとボーイズに掛かっている。
クーカイはどうにかチームを変えようと行動している。ボーイズもなんとかゴール裏を強くしようとしている。
彼らは彼らのカラーの中でやることをやっている。
私は私の考える中でやることをやっていくつもり。
中断しているものを再開させるしね。
チームがこんな状態なのでツライ状況だが、やること、考えることは違っても目的は同じでいたいと思う。
アワソウルも頑張っていると思うけど、今の状況の中で彼らのカラーでしかできないことがあって、それはもっとできるはずだし、やってほしいと思う。
それがアワソウルの将来を決めると思う。老舗だからこそ、あの人のDNAを一番濃く受け継いでいるからこそもっと頑張ってほしい。
徳島の真にカッコイイゴール裏ってのは、みんなが今進んでいる方向を信じ、その仲間を増やし、伝統を作り上げていく先にあると思う。
決して形ではないと思うので、私は男祭りを肯定している。

|

« 緊急指令!国立で第1回ヴォルティス男祭り開催! | トップページ | いろいろあったようで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緊急指令!国立で第1回ヴォルティス男祭り開催! | トップページ | いろいろあったようで »