« 夢と魔法とビリーとマリスタでクタクタの週末(後編) | トップページ | 熱い夏 »

2007年8月12日 (日)

内容は良かったではもう納得してはいけない。

内容は良かった。徳島の選手は勝つべき内容だったと思っているはず。
仙台から見たら良くなかったし、普通は負ける内容だったと思う。選手もそれはわかっていたと思う。
私が考える敗因は攻撃。
先制点は取れたがシュートは4本のみ、後半はなんとシュート0。打ったのもほとんど長谷川。
前線で攻撃に絡むのはいつも4人くらい(サイドの塩川含む)、中盤からフィニッシュに絡む人間が上がってこなくて結局クロスが跳ね返されるばかりだった。
挽地はロペスにベッタリだったので、シルバが上がる役目になるのだろうができていなかった。
そういう役割を命じられていないのか?限度はあるとはいえ、全くダメという指示はあるまい。
でも点を取るときに取るという意欲が見えなければ相手にそこを突かれるし、観客もワクワクできないであろう。
 
仙台はパスワークを駆使し、かつ人が動き、中盤からも押し上げて攻撃を厚くするなど、これこそ徳島がやるサッカーに近いのではと感じた。
攻撃は最大の防御という言葉は説明の要らない言葉だが、今日は攻撃ができないので守りきれなかったとしみじみ感じた敗戦だった。
 
守備もよかった。前半序盤は仙台の人の動きを追うのに精一杯で後ろから参加してくる選手をマークし切れない場面が多かったが、次第によくなっていった。
だからこそ、もっと攻撃で厚みが付けられれば相手の攻撃参加も抑制できたと思うし、つくづく残念な試合だった。
ここ数試合ずっとシュートが少ない。次は水戸が相手なのだからシュートを打てるチャンスも増えると思う。いや増やさないといけない。
 
内容は良かった。
でももうそれで納得してよい時期は既に過ぎている。だから今日の試合は認められない。
求められているのは結果だ。結果が簡単ではなければ攻めているシーンを、相手を脅かすシュートをもっと放つシーンを見せないと。
メインスタンドのお客さんはシビアだ。
ゴール裏ほど辛抱強くなんかない。
次こそは結果を。とにかく結果を、攻める姿を。

仙台は移籍したばかりの岡山が得意のセットプレーや、試合後の歓喜のダンスでらしさを爆発させていた。なんか嬉し悲し。

|

« 夢と魔法とビリーとマリスタでクタクタの週末(後編) | トップページ | 熱い夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢と魔法とビリーとマリスタでクタクタの週末(後編) | トップページ | 熱い夏 »